生後3ヶ月睡眠時間について知っておきたい5つのこと

生後3ヶ月睡眠時間について知っておきたい5つのこと赤ちゃんの成長を見守る母親は、些細な事でも気になってしまいますよね。特に初めての出産の場合は、比べる対象がいないので戸惑う事ばかりでしょう。

そんなお母さんたちが気になる事の1つに、赤ちゃんの睡眠時間があります。今回は生後3カ月の睡眠時間についてまとめてみました。


スポンサードリンク


 

生後3ヶ月睡眠時間について知っておきたい5つのこと

 

生後3カ月の平均

生後3カ月の赤ちゃんの平均身長は約60㎝~70㎝で、平均体重は5.5㎏~7.5㎏前後になります。もちろん個人差があるので、授乳と睡眠がしっかりできていれば問題はないでしょう。体重は2ヶ月までと違って増加が少しずつになってくるのが特徴でもあります。

授乳の間隔が3~4時間に定まるようになり、一度に飲む量もしっかりしてくるので母乳を飲んだだけで疲れて眠ってしまう事も減ってくるでしょう。3カ月を過ぎても授乳量が増えない赤ちゃんでも、体重が減らなければ心配要りません。逆に沢山飲み始めたからと言って粉ミルクを薄めるのは胃に負担がかかってしまうので注意が必要です。

また生後3カ月前後には首がすわってくるという特徴も見られます。縦抱っこをすると左右に首が揺れて不安定だったのが、しっかりと安定するようになります。

 

動きの特徴

生後3カ月ともなると手足の動きが活発になります。ねんねした状態で手足をバタバタさせたり、指しゃぶりやげんこつを口に入れたり、自分の手に興味を持ち始めてジーッと見る仕草も見られます。また表情も豊かになり、話しかけると声を出すようになったり、大きな声を出して楽しそうに笑ったりもします。

産まれたばかりの時とは比べ物にならない程力強い動きが見られるようになり、ママを見つけると手足を激しくバタバタしたり、急に泣き出して何かをアピールする事もあるでしょう。

ママが話しかけると「アーアー」「ウウー」というような声で一生懸命会話を楽しみます。

この頃になると赤ちゃんに見られる原始反射もだんだんと無くなり、大きな音にビクッとする「モロー反射」も少なくなるでしょう。

 

睡眠時間

生後3か月の睡眠時間の特徴として、夜中の授乳が安定してくるので、長い時は5,6時間ほど連続で寝る日も出てきます。お腹がいっぱいになれば夜中に起きる回数は1~2回になり、時には朝まで寝てくれる日もあるでしょう。

しかしまだまだ安定をしたわけではなく、日中に興奮したり寝過ぎたりすると眠りが浅くなって目が覚めてしまう事もあるので、ぐっすり眠っているからと言って目を離すのは危険です。

確実に1度の睡眠時間は長くなるので、ママの睡眠不足も解消されますが、油断は禁物なので赤ちゃんがお昼寝をしている時は一緒に休む事を心がけて下さい。

スポンサードリンク

赤ちゃんの睡眠にはタイプがある

寝起きや寝つきが悪い、良く寝る、全く寝ない…など、睡眠のタイプは赤ちゃんによってそれぞれ事なります。快眠力はお腹の中にいる時から育ち始めて、誕生してから本格的に成長し始めますが、明らかに個人差があります。

赤ちゃんは両親の遺伝子を受け継いでいるので、パパかママどちらかの眠りのタイプにそっくりな場合が多いです。周りがいくらうるさくてもグーグーと寝息を立てて寝続ける赤ちゃんもいれば、小さな物音でもすぐに起きて泣き出す赤ちゃんもいますよね。

ママにとっては夜泣きや寝かしつけは重要なテーマなので、それで悩んでしまう人もいるようですが、どんなタイプでもその子の個性としてとらえることが大切です。顔立ちも違えば体つきも十人十色であるように、睡眠にもタイプがあります。まずは睡眠のタイプを理解して、その上で扱い方を工夫する事で少しはラクになるはずですよ。

 

快眠のリズムを作る方法

夜になったら眠って朝になったら起きるという「快眠リズム」を作るのは体内時計の働きです。昼と夜の区別がない生まれたばかりの赤ちゃんとは違って、生後3カ月~4ヶ月頃になると、1日24時間の体内時計がだんだん出来上がってきます。

人間の脳で作られる「メラトニン」というホルモンは、眠りを誘うホルモンですが、赤ちゃんはまだ自分でこの「メラトニン」を作る事ができません。生まれたての赤ちゃんはほとんどの時間寝て過ごしますが、1カ月もたつと起きている時間が長くなってきますよね。これは母乳の中にメラトニンが含まれていて、ママからもらったメラトニンが睡眠のリズムを作る手助けをしているからです。

さらに3カ月を過ぎると自分でもメラトニンが作れるようになるので、体内時計も出来上がってきて夜沢山寝てくれるようになります。せっかく自分でメラトニンを作り出して夜眠ろうとしているのに、大人の生活リズムが不規則ではきちんとしたリズムが作れない場合があります。快眠のリズムを作るには、朝は光を浴びて起き、夜は暗くして眠るという習慣を守る事が大切ですよ。

 

いかがでしたか?

今回は生後3カ月睡眠時間についてご紹介してきましたが、これはあくまでも一般的な例なので、当てはまらなくても決して悪いという事ではありません。

赤ちゃんの睡眠に関する問題は、ママ達にとって深刻ですよね。しかし、色んな方法を試して質の良い眠りを与えてあげるのもママとしての大切な仕事です。じっくりと付き合う事できっとママの気持ちが伝わり、親子の絆も深まっていくに違いありませんよ。

 

まとめ

生後3ヶ月睡眠時間について知っておきたい5つのこと

・生後3カ月の平均
・動きの特徴
・睡眠時間
・赤ちゃんの睡眠にはタイプがある
・快眠のリズムを作る方法

2017年…あなたに訪れる衝撃の運命とは!?

『マナ・タロット』で占う運勢はいかに…

恋愛、仕事、金運などのどんな悩みからでも幸せに導く奇跡の占い。

今注目の的中率が凄すぎる占いをあなたはもう体験しましたか?

期間限定で≪初回無料≫で鑑定できるので、幸せになりたい方は今がチャンスです。

btn01


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!