ありのままの自分を受け入れるための5つのコツ

ありのままの自分を受け入れるための5つのコツありのままの自分を受け入れる、それは簡単そうに見えて難しいですよね。ありのままの自分を受け入れることが出来る人は、自分に自信を持っていたり、魅力を持っている人だったり。何かと輝きを持っているような人ばかりですよね。

ありのままの自分を受け入れる、それさえ出来れば自分にも自信がつくのに…魅力的になれるのに…と思う人にとっては、どうすればありのままの自分を受け入れられるのか気になるもの。

そこで今回は、ありのままの自分を受け入れるためのコツを5つ紹介。ありのままの自分を受け入れるのは、簡単なことではありません。しかしありのままの自分を受け入れられれば、自分に自信が持てたり、周りからの印象も変わってきます。

ありのままの自分を受け入れる…そのコツが知りたい、もっと違う自分になりたい、そんな人はこれから紹介していくありのままの自分を受け入れるコツを意識していきましょう。


スポンサーリンク


 

ありのままの自分を受け入れるための5つのコツ

 

自分の苦手、不得意な分野を自覚する

ありのままの自分を受け入れるのは難しい、そう思われている理由には自分の苦手な部分や不得意な部分をなかなか受け入れられない、というものがあります。人には少なからずプライドがあるもの。、自分の能力を過信していることも少なくありません。

つまり、苦手や不得意というのは、自分では認めにくい、なかなか認められない頑固さやプライドが邪魔をしていると言えるのです。

しかしありのままの自分を受け入れるためには、苦手や不得意な分野を認める勇気も必要になってきます。ありのままの自分というのは、自分の良いところも悪いところも踏まえた自分のこと。

人は自分の良いところは認めやすいものなので、まずは自分の苦手、不得意な部分を認め、向き合っていきましょう。そうすればありのままの自分を受け入れることも出来るようになってくるはずです。

 

自分のなりやすい気持ちを把握しておく

自分のなりやすい気持ちを把握しておくのも、ありのままの自分を受け入れるためには必要なことです。人によって、なりやすい気持ちがありますよね。落ち込みやすい人もいれば、すぐに調子に乗ってしまう人も。

なりやすい気持ちというのは、その人の性格を表すものでもあるため、自分がどんな気持ちになりやすいのか把握をしておきましょう。

例えば落ち込みやすい人というのは、自分に自信がないことが多いですよね。調子に乗ってしまう人はミスをしやすかったり、視野が狭まってしまう場合が多いの特徴に。

なりやすい気持ちから、どんな性格になるか、普段どんな立ち振舞になっているか、そういったヒントを見つけてみてください。

 

得意な分野は自分で褒めて伸ばしてい

ありのままの自分を受け入れるためには、得意な分野も自分で知っておきましょう。自分には何が得意なのか、何に興味があり、何が向いているのか…それについて改めて考えてみると良いですね。

自分の得意な分野を把握していれば、それが自分の自信に繋がり、ありのままの自分を受け入れることが出来るようになってきます。

また、得意な分野を自分で受け入れたら、その得意な分野を自分で褒めてあげましょう。自分はこんなことが出来る、自分はこれが得意である…そうやって自分を褒めてあげれば、その分野や実力、才能はどんどん伸びていくのです。

さらにその伸びた分野は自分の自信に繋がっていきますので、ありのままの自分を受け入れることは、ありのままの自分の良いところを伸ばしていくと信じて、良いところや得意な分野を認めて褒めていく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

友達や家族から自分の特徴を聞いてみる

友達や家族から自分の特徴や性格を聞いてみるのも、ありのままの自分を受け入れるためのコツになります。いくら自分のこととは言え、自分では気づかない自分の一面というものは存在します。

ありのままの自分を受け入れるためには、自分を隅々まで知ることが重要なポイントになってくるので、自分では知らない一面を知るために、また改めて自分自身を知るために、友達や家族から自分の特徴を聞いてみるようにしましょう。

この時、ありのままの自分を受け入れるためにも良いところばかりではなく、悪いところも聞く覚悟を持つのが大切です。もちろん良いところだけを聞くのも、ありのままの自分を知るためには必要ですが、悪いところを知ってこそ、自分の知られざる一面が分かるため、必ず両方を聞くようにしてください。

もしそういったことを聞くのが怖いと感じたり、マイナスな方向にしか捉えられない場合には、オブラートに包んでほしいんだけど…と前置きして友達や家族に頼んでみると、精神的にもダメージを受けずに聞くことが出来るでしょう。

 

自分の出来ることをやろう、という意識を常に持つ

ありのままの自分を受け入れるためには、常に自分の出来ることをやろうという意識を持つように心掛けてみてください。人が自信をなくしたり、自分を否定したくなる瞬間というのは、自分が思っていたよりも何かが出来なかった時、自分で定めた期待に自分が応えれなかった時です。

人は自分が思っているよりも、自分は出来ると思い込んでいるもの。それが出来ないと自信を喪失して、自分を見失ってしまう可能性が高くなるのでしょう。

そこで、自分の出来ることをやろう…という意識を常に持つようにするのが大切。自分の出来ることをやろうという意識があると、それほど自分に対しての負担をかけないですむため、何かが成し遂げられなかった時も必要以上に自信喪失することがありません。

ありのままの自分を受け入れるためには、自分の力量を知っていることが大切です。その力量を良くも悪くも見誤ってしまってはNGに。過剰に期待をして背伸びをしないためにも、自信喪失して力を見失わないためにも、自分の出来ることをやろうという余裕を持った気持ちでいましょう。そうすれば、日頃からありのままの自分を見失わずに済むのです。

 

いかがでしたか?

ありのままの自分を受け入れるためには、どんな自分でも受け入れる覚悟が必要です。日頃から目をそらしている部分、否定をしている部分、なかなか照れくさくて認められない部分…そんな自分を受け入れてこそ、ありのままの自分を受け入れることが出来るようになってくるのです。

ありのままの自分を受け入れることが出来れば、様々なことに余裕が持てるようになるでしょう。何をするにも焦らず落ち着いて出来るようになるのです。自然と視野も広がって、コミュニケーションも上手く取れるようになってくるもの。

すぐにはありのままの自分を受け入れることは出来ないかもしれませんが、日頃から意識をしてみたり、出来るだけどんな自分でも受け入れる、見つめて向かい合うようにしておくようにしましょう。

そうすれば、絶対にありのままの自分を受け入れられるようになります。今からでも意識をするように心掛けてみましょう。

 

まとめ

ありのままの自分を受け入れるための5つのコツ

・自分の苦手、不得意な分野を自覚する
・自分のなりやすい気持ちを把握しておく
・得意な分野は自分で褒めて伸ばしていく
・友達や家族から自分の特徴を聞いてみる
・自分の出来ることをやろう、という意識を常に持つ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!