ニキビと化粧水の5つの関係を知ろう!

ニキビと化粧水の5つの関係を知ろう!ニキビと化粧水にはとても大切な関係がありますので、ニキビケアを上手に続けるためにも正しい化粧水の知識を知っておくと安心です。スキンケアでは欠かせないアイテムの一つ「化粧水」。ただなんとなく肌につけるだけでは効果が充分に発揮されていないかもしれませんよ。

特にニキビ肌は化粧水の効果によって改善のスピードも変わってきます。一度できるとなかなか消えないニキビ。日頃のお肌のお手入れがとても大切なのです。そこで本日は、ニキビと化粧水の関係についてご紹介したいと思います。すべすべ肌を目指す方必見ですよ。


 

スポンサーリンク


 

ニキビと化粧水の5つの関係を知ろう!

 

皮脂のバランスをととのえる 

 ニキビに化粧水が必要な最大の理由は皮脂のバランスを整えること。ニキビは思春期だけでなく大人になってからもとても迷惑な肌トラブルの一つです。ニキビの原因は様々ですが、皮脂の分泌が多くなると毛穴の詰まりになりそこからアクネ菌が繁殖してしまいます。皮脂が多くでやすいTゾーンはニキビができやすい部位としてもお馴染みですよね。

目立つニキビを予防するためにも化粧水は欠かせないのです。化粧水で肌に水分を補うことで皮脂の分泌を抑制し、肌に必要な潤いだけを与えること。ニキビ用の化粧水も種類が多くありますが、肌に刺激の少ないタイプを選ぶとよいでしょう。

 

ニキビ跡のケア 

 ニキビの化粧水は色々な効果がありますので、ニキビケアの目的によって使いわけるとさらに上手なお肌のお手入れができます。ニキビができるとどうしても手で触りたくなりますよね。無理につぶしてしまうと角質層の奥まで傷がつくため、ニキビ跡に残ってしまいます。肌の表面が凸凹になったり、色素沈着するニキビ跡はお手入れも大変。なかなか消えないニキビ跡を改善するのが化粧水の働きです。

この場合には美白有効成分が配合された化粧水がオススメ。ニキビ跡はメラニン色素の働きに影響されますので、日頃から美白ケアをすればシミのように残るニキビ跡を改善することができますよ。

 

乾燥予防 

 ニキビ肌には化粧水の保湿効果が大切。一見ニキビができやすい肌はオイリータイプで乾燥とはまったく関係がないように思われますよね。しかし皮脂は肌を乾燥から守るために自然と分泌されるものなので、オイリータイプも逆をいえば乾燥肌と言えるのです。皮脂が過剰に分泌されるとニキビができやすい肌環境になりますよね。そこで化粧水で保湿することが必要。乾燥肌を改善する為にニキビケアには化粧水の働きは欠かせません。

大人ニキビは皮脂の分泌が崩れる原因が生活のなかにあちこちひそんでいます。食生活、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど、根本的な原因を改善してニキビ肌のお手入れをしましょう。

 

スポンサーリンク

殺菌効果 

 ニキビの化粧水には殺菌効果が高いタイプがあります。そもそもニキビができるのはアクネ菌が繁殖するためですが、他にも指の雑菌が肌に付着することや常在菌のバランスが悪くなるなどニキビと菌のバランスはとても大切です。ニキビ肌の化粧水には薬用タイプも多く、殺菌効果や抗炎症の働きがある種類も多いですよね。赤いニキビや痛み、かゆみがある場合にはこのタイプの化粧水がオススメ。

洗顔後に肌になにもつけずにいると、肌から水分が蒸発してカサカサになります。菌は乾燥して皮脂が多く分泌される環境を好むため、予防するためには殺菌できる化粧水が必要です。ニキビ用のコスメは刺激が強いタイプもありますので必ず試してから購入しましょう。

 

丈夫な肌にする 

 肌の表面にはバリア機能と呼ばれる膜があり、ニキビができやすい肌は外部の刺激を受けやす状態になっています。紫外線や雑菌などのダメージを受けると肌の働きも弱くなりますので、アクネ菌が繁殖するチャンス。そこでニキビには化粧水の働きが大切。肌を丈夫にする為にバリア機能を活発にしてニキビを作らない肌に改善できます。

化粧水の成分としてはビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの浸透性のよい保湿成分がオススメ。化粧水はたっぷりとつけ、足りない時は乳液やクリームでさらに保湿をしましょう。肌のターンオーバーを活性化するためにも化粧水は欠かせません。早くニキビ肌から解放されるためのスキンケアを意識してくださいね。

 

いかがでしたか。

ニキビと化粧水には大切なつながりがあります。ニキビができやすい時期は肌がとても敏感になっているため、使う化粧水も慎重に選びたいですね。保湿効果が高いものがまずオススメ。そして毎日の洗顔で肌を清潔にすることも忘れずに。

ニキビのケアは化粧水を使ったお肌のお手入れだけでなく、栄養バランスや睡眠不足の改善など色々な点を見直すとさらに効果的です。ニキビができやすい環境は自分が作り出している場合が多いので、根本から改善してニキビができない肌に変えることも大切ですね。ニキビのない透明な肌を目指して早速今日からお肌のお手入れ頑張りましょう。

 

まとめ

 ニキビと化粧水の5つの関係を知ろう!

・皮脂のバランスをととのえる
・ニキビ跡のケア
・乾燥予防
・殺菌効果
・丈夫な肌にする


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!