言いがかりへの対処法ならこの5つがお勧め!

言いがかりへの対処法ならこの5つがお勧め!言いがかりを付けられることってありますよね。言いがかりは理不尽なもので、ただただ人を不愉快にさせる存在です。しかし日々過ごしていく中で接していく人が言いがかりをよくしてくる人だと、言いがかりに悩まされる毎日になりますよね。

そんな時対処法を知っていると、そんな理不尽な言いがかりと上手く付き合っていくことが出来ますよね。対処法さえわかれば言いがかりに悩まされる日々も少しは楽になってくるので、言いがかりに悩んでいる人は対処法を知っておいたほうが◎。

そこで今回は言いがかりへの対処法について、お勧めの5つの方法を紹介していこうと思います!言いがかりへの対処法に悩んでいる人、何か対処法がないか探している人は是非チェックしていきましょう。


 

スポンサーリンク


  

言いがかりへの対処法ならこの5つがお勧め!

   

無反応で対応する

 言いがかりを言ってくる人への対処法ならば、無反応がある意味最も効果的だと言えるでしょう。言いがかりを言ってくる人は、単純に相手から来る反応が面白いから、手応えを感じるからなのです。言いがかりを付けることによって相手より優位に立てた感じがするというのも、言いがかりをよく付ける人の特徴とも言えますね。

そんな人には無反応で対応してみましょう!そういった人は反応がかえってこないことが何よりも辛いのです。確かに相手の反応を期待している人に向けて、何も反応せずにいたならば相手にとっては大きなダメージになりますし、それが積み重なっていけば行くほどに勝手に追い詰められていきますよね。

理不尽で無意味な言いがかりばかりをつけてくる人には無反応に接していきましょう。反応すればするだけ餌を与えている、とイメージをしてみると無反応で接するのもやりやすくなると思いますよ。

  

正論をぶつけてみる

 言いがかりのほとんどは理不尽であり、筋が通っていないことがほとんどですよね。だからこそ腹が立つものですし、悩みになるのです。しかし、言いがかりはそう考えてみると隙だらけの言葉であるため、隙を突くというのが言いがかりへの対処法となるのです。

よく言われる言いがかりをじっくりと考えてみましょう。どこか隙はないか、筋が通っていないのではないか、感情論や主観的、価値観の押し付けになっていないか…言いがかりを分析し、隙がないかをひたすら探してみましょう。見つけ出したら反撃のチャンスです。正論をぶつけてしまえば言いがかりを言ってきた人は何も言い返せませんよね。何も言わせない、それが効果的な対処法になるので、言いがかりを分析し、対処法を試していきましょう。

   

周りの人に相談をする

 言いがかりをつけている人を追い詰めてしまうのも対処法になります。例えば言いがかりよく言ってくる人のことを周りに相談をしてしまえば、周りに対してこの人は言いがかりばかりを付ける人である、という事実を植え付けることが出来ますよね!人に伝わればそれは噂となり、大きな盾となるのです。それって心強い対処法だと思いませんか?

周りの人に相談をすれば、言いがかりを付けられた時に助けてくれる人が必ず現れるはずです。言いがかりを付けられた人はだんだん居心地も悪くなってくると思うので、だんだん言いがかりの数も減ってくるでしょう。

また、言いがかりを言われたことに引っかかるものがあった場合、周りの人に「自分の何が間違っていたのか」を相談してみるのも◎。言いがかりは突然思わぬ人から言われる場合もあるので、引っかかるものや納得いかないものがある場合には、言いがかりの意味を周りの人に尋ねてみると心がスッキリするはずですよ。

  

スポンサーリンク

言いがかりをプラスに考えてみる

 言いがかりをプラスに考えるように思考を変換してみるのも対処法の一つです。言いがかりは言われて気持ちが良いものではありませんが、時には自分を成長させる場合もあるので、単なる言いがかりだと処理をしてしまうのはとても勿体無いことなのです。

言いがかり、それは悪い言い方ですが、言い方を変えればアドバイスになります。人によっては言い方が悪く、アドバイスが言いがかりになってしまう時もあるので、言いがかりを受けた時には「この人は何を伝えたいのだろう?」と考えてみましょう。前向きに捉えることが出来れば、言いがかりの対処法になりますし、自分のためにもなりますよね!

言いがかりと聞くとマイナスにしか思えなくなりますが、前向きに考えることも対処法になるので、言いがかりをどのように捉えるか、言われた瞬間に考えを巡らせてみましょう。

   

言いがかりを付けられないくらいの完璧を目指す

 言いがかりを付けられないくらいの完璧を目指すというのも、言いがかりへの効果的な対処法になりますし、今後言いがかりを一切言われなくなる可能性も高い予防法ともなります。

言いがかりを付けられるということは、少なからず自分に落ち度があるとも言えますよね。それは自分の欠点、未熟な部分であり、他人の目にそれが映るからこそ言いがかりを付けられてしまうのです。人は出来る人間には何も言えなくなりますし、言うのも怖いと感じてしまうものなので、出来る限りそういった部分が他人の目に映らないように努力をするのも対処法になるのです。

 

 いかがでしたか?

言いがかりへの対処法について5つのものを紹介してきました。言いがかりのほとんどは特定の人物から何度も繰り返し言われる言葉でもありますよね。その場合には言いがかり一つ一つの対処法を探すよりかは、言いがかりをよく付けてくる人への対処法を探したほうが◎。

よく言いがかりを言われてしまうという人は、言いがかりを言ってくる人がどんな目的で言ってきているのかを考えてみたり、思わぬ言いがかりを言われてしまった人は、その言いがかりの意味は悪い意味なのか、それとも自分を成長に導くアドバイスなのかを見極めていきましょう。

  

まとめ

 言いがかりへの対処法ならこの5つがお勧め!

・無反応で対応する
・正論をぶつけてみる
・周りの人に相談をする
・言いがかりをプラスに考えてみる
・言いがかりを付けられないくらいの完璧を目指す


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!