安眠の方法でお勧めしたい5つのもの

安眠の方法でお勧めしたい5つのもの睡眠不足で悩んでいる人がとても増えています。毎日の体の疲労を回復する為には、質の良い睡眠を取ることが一番効果的な方法です。安眠をすることで、心身ともにリラックスして次の日に備えることができるのです。健康の為にも大切になる睡眠ですが、安眠できる方法をいくつか試してみましょう。

なかなか眠れない日に、ぜひ試してほしい5つの安眠方法をご紹介したいと思います。睡眠は決して長く寝ればよいというものではありません。質がよく安眠することが大切なポイントになります。朝すっきり目が覚めない方、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


 

 安眠の方法でお勧めしたい5つのもの

 

ハーブティを飲む

 安眠をする方法には、効果的なハーブティを寝る前に飲むことがとても効果的です。特に寒い時期は体温が低いと、なかなか眠りにつくことが出来ません。温かいお茶を飲むことで、血行を改善して体温を上昇させることが出来ますので、安眠する為にはとても効果があります。

ハーブティの中でも睡眠不足に効果のあるものがカモミールティです。香りもとてもリラックスできる為に、睡眠不足の人にはとてもオススメのハーブです。ハーブティは成分と同時に香りに癒しの作用がある為に、冷たいお茶よりも温かくして飲んだほうがとても効果的です。冷え性の予防になるハーブなども、安眠にはとても効果がありますので、色々なフレーバーは毎晩試してみましょう。

 

有酸素運動をする

 安眠をする為には、運動をして適度な疲労感を与えることがとてもよい方法になります。運動をするときは、寝る直前に行うとかえって脳が刺激されてしまいますので、日中や夕方、もしくは寝る3時間前ぐらいには行いましょう。特に有酸素運動は、代謝を高めて血行を改善する働きがあります。ホルモンのバランスなども安定しますので、自立神経が不安定な方にもオススメです。

有酸素運動にはジョギングやウォーキングがあります。汗をかくことで体内の老廃物が排出されますので、体のめぐりも改善されます。そして運動をすることにより、体が疲労する為に眠りやすくなるメリットがあります。夜中に何度も目が覚めてしまうような場合にもオススメです。適度な運動は気分転換にもなりますよね。

 

寝室の準備

 安眠の方法は、自分の寝室の準備をする事がとても大切なポイントになります。寝室の明かりは寝る直前まで明るくしておくと、脳の刺激となり電気を消してもすぐに寝付くことが出来ません。なるべく早めに照明を暗くしておくことが必要です。そして安眠に必要になるものが室温です。寝室の温度は快眠できるように25度前後にしておくことがオススメです。

特に夏は湿気が高いととても不快で、夜中に何度も目が覚めてしまいますよね。除湿機能を使って快適に眠れるように工夫をしましょう。そして安眠をする為には、寝室に聴こえてくる音にも注意をする必要があります。他の部屋からの騒音なども気になりますので、音が気にならないように寝室の位置を変えるなど工夫をしましょう。

スポンサーリンク

注意をしたいこと

 睡眠不足を解消する為には、生活の中でも注意をしたいことがいくつかあります。今では誰でも使っている携帯電話ですが、特にスマホは画面がとても明るく、寝る直前まで使っていると脳に刺激となり、なかなか安眠をする事が出来ません。眠くなってもすぐに目が覚めてしまう為に、寝る直前まで携帯を使うのは辞めましょう。

同様に、テレビも画面も明るさが刺激となってしまいますので、寝る直前のテレビは控えるほうが安心ですね。寝る前には読書をすることがオススメです。音がうるさいテレビでは、興奮状態が落ち着くまで時間がかかってしまいます。安眠する為には、リラックスした状態でいることが必要なため、自分が快適に感じることが必要なのです。

 

入浴をするコツ

 入浴をすることは、疲労回復をする為にはとても効果的な方法です。しかし間違ったタイミングで入浴をしてしまうと、なかなか眠れないこともありますので、安眠する為の入浴を心がけてください。お風呂は寝る2時間前には済ませておきましょう。そしてお湯の温度ですが、熱すぎると脳に刺激となってしまいますので、少しぬるめぐらいのお湯の温度で長く浸かることが必要です。

最近は湯船ではなく、シャワーで簡単に済ませてしまう人が沢山いますが、疲れを取る為には湯船に浸かることが必要です。入浴のコツですが、半身浴をすると体温が一定に上昇して、体温が下がる時に眠気を感じやすくなります。リラックス効果がありますので、安眠したい時にぜひ試してみましょう。

 

いかがでしたか?

安眠をする為には、色々なグッズも販売されています。自分にあった寝具を使い、枕などこだわりを持っている人も沢山います。質のよい睡眠をとることは一番の健康方法です。朝おきても体のだるさが抜けない人など、安眠できない人がとても増えています。

毎日の睡眠は心身ともに大切な意味がありますので、安眠をすることは、今とても注目されているのです。効率よくリラックスできるように、ご紹介した安眠方法をぜひ参考にしてください。睡眠時間はそれぞれ異なりますが、7時間程度が一番健康的であるといわれています。

 

まとめ

 安眠の方法でお勧めしたい5つのもの

・ハーブティを飲む
・有酸素運動をする
・寝室の準備
・注意をしたいこと
・入浴をするコツ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!