足の臭いを軽減させる6つの方法

足の臭いを軽減させる6つの方法

暑い夏は過ぎましたが、例え涼しくなってきても、これからの季節革靴など分厚い靴を履く機会が増えたり宴会の座敷などで靴を脱がなくてはならなかったりして、足の臭いが気になる人は多くいらっしゃると思います。

今回はなかなか解消できない嫌な足の臭いを軽減させる方法をお教えしたいと思います。


スポンサーリンク


 

足の臭いを軽減させる6つの方法

 

その1.小まめに靴を乾かす

毎日同じ靴を履いていませんか?靴下を連日履くのには抵抗があっても平日同じ靴を履くのは当たり前という人も多いと思いますが、よく考えたら気持ち悪い話ですよね。そもそも人間の足裏の汗腺は他の箇所の3~10倍の量の汗をかくと言われています。

汗自体にはほとんど臭いはないのですが、汗を放置しておくと細菌(バクテリア)に分解され、また皮脂・垢・角質などもエサとなり、それが強い臭いを発するようになるのです。特に細菌はジメジメしたところが大好きですから靴や靴下の中がムレるのは絶対に避けたいところです。

ですので靴はできるだけ乾かすようにしてください。(臭いを拡散させたくないから脱がないというのは逆効果です!)1日履いた靴は、数日通気性の良い所で休ませて陰干しすることで、臭い物質や細菌を減らすことができるので理想的です。

 

その2.足の臭いを軽減させる靴下選び

足の臭いが気になる人は靴下選びに気を付けてみましょう。足が汗をかいて一番に触れるところは靴下ですから一番臭いやすいのは靴下なのです。選び方の基準としては、まず通気性のよい生地のものは脚に水分が留まりにくいので比較的臭いが発生しにくいと言えます。

また5本指靴下は足が蒸れやすいと思われがちですが、実は足指の間に汗をかいても即効で吸収してくれるため臭いの軽減に繋がります。またいわゆる防臭・消臭靴下と言われる急速にニオイ物質を分解してくれる繊維を使用した靴下も販売されているので利用してみるのも良いでしょう。

 

その3.重曹を使った足湯

お菓子作りや掃除などにも使われる重曹ですが、実は足の臭い消しにも有効です(水虫の人以外)。方法は洗面器の中にお湯を入れ重曹を小さじ一杯程度入れて溶かした中に足を入れて洗うだけです。毎日続けると効果的です。

食べ物にも使われる重曹ですから肌への負担はありません。ただし掃除用の重曹は不純物が入っている場合があるのでできるだけ食品用か医療用を使用するようにしましょう。また重曹を溶かして作った重曹スプレーを前日に靴や靴下、ストッキングに振りかけておくのも効果があるので試してみてください。

スポンサーリンク

その4.かかとや爪、足指の間を清潔にする

汗と皮脂・垢・角質などが最近のエサになるとお伝えしましたが、足裏が角質だらけでガサガサだったり足の裏が不衛生だったりすると臭いの素となってしまいます。特に冷え性の人は血行不良のため皮膚のターンオーバーが悪くなり汗はかいても皮膚は分厚く乾燥しがちです。

角質ケアを行うのが良いのですがやすりや軽石で強くごしごし擦り過ぎると逆に肌荒れの原因になってしまいますのでマッサージなどで角質除去できるものなど肌に負担がかかりにくいもので除去するようにしましょう。また爪の中や足指の間に汚れがたまったままだとそれも最近のエサになってしまうのでよく洗い落とすように心がけましょう。

 

その5.洗った後はクリームを塗る

せっかく清潔にした足も、保湿をきちんと行わなければ乾燥して角質がはがれやすくなってしまいます。足を洗った後は通常のハンドクリームでもよいので皮膚が硬いかかとや母指球はもちろん爪周りや足指の間まで保湿を行いましょう。

抗菌や消臭の効果もあるクリームもありますのでチェックしてみるのも良いかもしれません。汗かきな足に保湿をするのは矛盾に思うかもしれませんが意外と大事なことなので気を付けてください。

 

その6.脂の多い食事を控える

細菌がエサとしている汗は脂質が多い食事によって活発になると言われています。肉好きの人は体臭が強いと言われるのもこれと同じです。動物性のタンパク質や脂の摂りすぎには注意しましょう。

反対に穀物や海藻類、野菜など食物繊維を多く含む食品は有害物質を体外に排出してくれる役割があるので臭いを軽減してくれるのを助けてくれます。また一見関係のなさそうですが、タバコやアルコールも口臭だけでなく足の臭いにも影響するので控えることが改善のためには大切です。

 

いかがでしたか?

足の臭いの原因になる細菌は皮膚の中にまで入っていることもあり、洗ったり靴や靴下を変えたり消臭スプレーで臭いを消すだけで簡単に無くなるものではありません。

継続してケアし臭いの元から断たなければ効果は出ませんが、上記で現状に心当たりがある人は実践してみていただきたいと思います。ただし水虫の人はまずは治療が必要になりますので病院で治療するようにしてください。

 

まとめ

足の臭いを軽減させる6つの方法

その1.小まめに靴を乾かす
その2.足の臭いを軽減させる靴下選び
その3.重曹を使った足湯
その4.かかとや爪、足指の間を清潔にする
その5.洗った後はクリームを塗る
その6.脂の多い食事を控える


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!