頭が良くなるためにしておきたい5つの経験

頭が良くなるためにしておきたい5つの経験頭が良くなるためには、勉強すれば良というものではありません。

成績が良ければ、頭が良いということがわかり易くはありますが、成績を書いた紙を背中に貼り付けて生活するわけではありませんし、知り合ってすぐに学歴や成績を教え合うという事はほとんどないでしょう。

特に、年齢を重ねるごとにその人の持つ雰囲気は大切になりますし、頭の良さはその要素にもなります。

頭が良くなると言っても、学歴だけではない知性や聡明さはどのようにすれば手に入るのでしょうか。もちろん、勉強することも教養を深めるためには大切ですが、それ以外にもあるはずです。


スポンサードリンク


 

頭が良くなるためにしておきたい5つの経験

 

頭が良くなるには人との会話が大切

人は言葉によるコミュニケーションを必要とする動物です。人との会話の中で、どれくらい分かりやすく伝えることができるかは非常に大切でしょう。伝えたいことを順序立てて頭の中で整理し言葉にすることは、誰もがいつでも簡単にできることではありません。また、脳の中でどれだけ情報をスムーズかつスピーディーに行えるかが、頭の良さでとも言えるでしょう。

コミュニケーションを上手く取るには、それなりの経験が必要であり、訓練をすることで上達するものでもあります。人の話を聞き理解すること、自分で表現することは、表現力と想像力を鍛えることにもなります。 どうしたら伝えられるかを試行錯誤することが、脳を活性化させるとも言えるでしょう。特に、頭の良い人と感じる人との会話はオススメです。

 

活字を読んで深く理解し、時には書くこと

頭の良い人というのは、大抵、本が好きと言われています。様々な情報は、テレビなどでも得ることができます。しかし、活字として読み、理解し、考えるということは、脳へ良い影響を与えるといわれています。できれば、普段では手に取らないような、少し難しい学術書のような書物をチョイスするのがおすすめです。

勝手に流れる情報をただ眺めるのではなく、自発的に情報を得ようとすることで、脳の機能が強化されます。また、得ようとしなければ得られない情報もたくさんあるはずです。

時間がかかったとしてもしっかりと理解することが大切ですから、内容を把握しながら読みましょう。また、感銘したこと、気になったことはメモしながら読書を進めていくことによって、より理解度が増します。書くことは、頭を使い考えることになり、脳を活性化します。

 

頭を良くするには空腹感と運動で脳に働きかける

空腹を感じる時、集中力アップや脳を活性化させるといわれています。空腹感は食べ物をはじめ、何かを得ようとするエネルギーが生まれ、満腹感は休息する方向へと働きます。満腹感を感じる時間が多ければ多いほど、血液は内臓を働かせるために使われ、脳の働きは鈍くなるのです。

また、満腹にしすぎない事とともに言えることは、身体を動かすということです。身体と頭を切り離して考えてはいけません。身体の機能を整えるためには動き、鍛えることは大切です。身体を動かすことは、脳細胞を活性化します。さらに、肥満気味になることは、多量のレプチンと言う物質が分泌され、成功することへの快感が感じにくくなるともいわれています。

食事と運動のバランスは、健康的な身体だけでなく脳細胞にとっても大切なことなのです。

スポンサードリンク

記憶することを繰り返す

頭の良い人は、たくさんの知識を持っているでしょう。頭が良くなるためには、必要と思われるものを確実に自分のものにする必要があります。人は記憶することを比較的簡単に、日々行っていますが、記憶を司る海馬は、一度は覚えても徐々に忘れようとする傾向があります。大切と感じたことは繰り返し記憶することで「生きるために重要なこと」と感じ、忘れないように働くといわれています。

また、失敗したことについても、記憶しておくことは大切です。頭の良い人は同じ失敗を繰り返さないはずです。記憶し、その対処法を把握しておくことは、次の失敗を起こさないために必ず必要です。

必要と感じたことは、繰り返し記憶する習慣を付けると良いでしょう。繰り返し続けることで、記憶できる許容量が大きくなるともいわれています。

 

好奇心を持ち、新しいことにチャレンジ

頭が良くなるには、新しいことに興味を持つ好奇心が必要です。はじめての経験はこれまで使うことのなかった部分を使う可能性が高く、刺激にもなります。興味を持ったものにはまずチャレンジしてみるのが、様々な知識を得るためには必要です。せっかく興味を持っても、動かなければ何も得ることはできません。

好奇心や探究することは、合理的に物事を捉えられるようになり、必然的に必要なものとそうでない物の区別がより簡単にできるようになりるため、無駄を無くします。

何でも知りたい、理解したいと思い行動すれば、新しい知識となり神経回路を構築します。たくさんの知識を持っていることで、そのネットワークが結びつき、さらなる知識となる可能性もあるのです。 神経回路は使い続けることで活性化され、使わなければ後退していきます。使いこなすことで、より簡単に多くのことがこなせるようになるでしょう。

 

いかがでしたか?

頭が良くなるというのは、知識は豊富なだけでなくその時々の対処の仕方や頭の回転の速さなど、様々な要素が含まれるでしょう。どのような意味でも「頭の良い人」という印象を与えられるのは嬉しいことです。自分でできる事だけでも少しずつ続けていくことで、知的な魅力を自分の要素に加えることができるのではないでしょうか。

また、普段は特別頭の良い人という印象がない人の、ちょっとした時に見せる知的な雰囲気は、より魅力的に見えるとも考えられます。知識をひけらかす事なく謙虚に行動することで、周囲の人からの信頼をえられ、尊敬される人にもなり得るでしょう。

 

まとめ

頭が良くなるためにしておきたい5つの経験

・頭が良くなるには人との会話が大切
・活字を読んで深く理解し、時には書くこと
・頭を良くするには空腹感と運動で脳に働きかける
・記憶することを繰り返す
・好奇心を持ち、新しいことにチャレンジ

2017年…あなたに訪れる衝撃の運命とは!?

『マナ・タロット』で占う運勢はいかに…

恋愛、仕事、金運などのどんな悩みからでも幸せに導く奇跡の占い。

今注目の的中率が凄すぎる占いをあなたはもう体験しましたか?

期間限定で≪初回無料≫で鑑定できるので、幸せになりたい方は今がチャンスです。

btn01


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!