アトピーが遺伝すると信じられている6つの理由

アトピーが遺伝すると信じられている6つの理由

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う慢性的な湿疹のことです。症状が重くなったり軽くなったりを繰り返します。主に子供の頃に発症し、大人になると軽くなることがありますが、大人になってから重い症状が発症することもあります。

アトピーは、アレルゲンによりつくられた抗体によって皮膚に炎症が起こるのですが、家族からの遺伝が多いと信じている人も多いのではないでしょうか。では、なぜアトピーは遺伝すると信じられているのでしょうか。


スポンサーリンク


 

 アトピーが遺伝すると信じられている6つの理由

 

その1 アトピー素因と勘違い

 アトピーと聞くと、皮膚の湿疹を一番に思い浮かべますが、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じる免疫的な傾向を持つ状態をアトピーと言います。人は細菌などから体を守るために免疫という防衛システムがありますが、アトピーの人はそれが過剰に働くのです。花粉や牛乳などのアレルギー物質に過剰に反応してしまい、鼻や目、気管、皮膚に炎症を起こす体質を持っていて、これをアトピー素因といいます。

このアトピー素因はある程度は遺伝しますが、原因となる遺伝子が一つではないため、必ず遺伝するとは言えません。しかし、家族に喘息の人がいれば、子どもにアトピー性皮膚炎となって表れることもあります。

 

 その2 医者の質問

 アトピーになって病院を受診すると医者にこんな質問をされることがあります。

「ご家族の中にアレルギーをお持ちの方はいますか?」

こんなこと聞かれたら、アトピーは遺伝するものだと思ってもおかしくありません。しかし、医者は上記のアトピー素因のことを確認しているのです。家族のアレルギーを聞いて、本人の体質を把握し、それに合った治療をするためです。

 

その3 食習慣

 アトピーが増えてきたのはここ何十年のことで、昭和初期の頃にはアトピー患者はほとんどいなかったようです。戦後の高度成長期、経済が急速に発展するとともに、多くの化学物質に囲まれるようになりました。また、食生活も欧米化し、タンパク質や動物性の脂を多くとるようになりました。

子どものころは食事はほとんど家でとります。親がアトピー素因を持っていて、それが子どもに遺伝していた場合、食生活が原因で親がアトピー性皮膚炎を起こしていたなら、同じ食事をしている子どももアトピー性皮膚炎になる可能性は高いのです。

胃腸には免疫が集まっており、腸内環境を整えることで自然治癒力を高めることができます。消化の良い食事や乳酸菌を積極的にとりましょう。

スポンサーリンク

その4 生活環境

 アトピーの原因の一つに、ダニやほこりなどのハウスダストがあります。同じようにアトピー素因を持っている親子が、同じようなハウスダストのある家で暮らしていれば、同じようなアトピーの症状が出てもおかしくありません。

それを遺伝だと勘違いしてしまうことも。しかし、こまめに掃除をして家をきれいにしたり、化学物質の少ない壁紙を選ぶなどすれば、アトピーの発症を防ぐことも可能といえます。

 

 その5 双子の研究

 子どもがアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、片方の親がアレルギーだと約30%、両親ともにアレルギーがないと約10%と言われています。また、双子の場合、ともにアレルギーになる確率は、一卵性で約77%、二卵性で約15%と言われています。

確かに確率を見ると高いように見えますが、必ずなるとは言えません。やはり、その後の生活習慣、生活環境によるところが大きいと言えます。

 

その6 治りにくい疾患

 アトピーは症状が軽くなったり重くなったりを繰り返しますが、なかなか治りにくいとされています。だから、遺伝子レベルで問題があると言われると、思わず納得してしまうのです。実は環境によるところが大きいので、アレルゲンをなるべく除去し、乾燥した皮膚に潤いを与え、アレルギー物質の入っていないものを食べる、といったことで改善の方向にもっていくことができます。

 

 いかがでしたか?

家族にアトピーの人がいるから、自分も治らないとあきらめるのはまだ早いかもしれません。確かに、アトピー素因の遺伝はある程度あると言えます。しかし、発症するかどうかはその後の生活環境によるところが大きいのです。

野菜中心の生活に変える、ハウスダストを少なくする、塩素を皮膚に当てないといった、日々の生活の中で気をつけることも必要ですし、精神的ストレスによって悪化することもあるので、ストレスをためない、たまったときはこまめに発散するといったことも発症を抑えるのに効果があります。

また、すでにアトピーになっている人も、生活環境を変えてみると、症状の改善が見られるようになるかもしれません。

 

 まとめ

 アトピーが遺伝すると信じられている6つの理由

その1 アトピー素因と勘違い
その2 医者の質問
その3 食習慣
その4 生活環境
その5 双子の研究
その6 治りにくい疾患


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!