バリウムで便秘にならないようにする5つの方法

バリウムで便秘にならないようにする5つの方法バリウムと便秘に意外な関係があることをご存知でしかた?便秘は特に女性に多く見られますが、食事の改善や生活習慣など色々な事が要因となっています。バリウムは、日常生活ではあまり馴染みのないものですが、健康診断でバリウムを飲んだことがある人はたくさんいると思います。このバリウムを飲むことで便秘になってしまう人がたくさんいます。

便秘の改善をする為には、市販の便秘薬を飲むことがとても即効性がありますが、体に負担となる為に、なるべく食生活などの改善で自然に回復したいですよね。ではバリウムを飲んで便秘にならないようにするには、どのような方法があるのか、早速ご紹介しましょう。


スポンサーリンク


 

バリウムで便秘にならないようにする5つの方法

 

水分をたくさんとること

バリウムは健康診断の胃の検査をするときに飲むことがあります。そのバリウムが原因で便秘になってしまう方がたくさんいます。もともと便秘をしている人だけでなく、バリウムが原因で急に便秘になってしまう人もいるのです。その為、バリウム検査の後は下剤を病院からもらいますが、検査終了後すぐに飲まないとバリウムがお腹の中で固まってしまい、とても辛い便秘となってしまいます。

この下剤を飲むときのポイントですが、水を一緒にたくさん飲むことが大切です。バリウムは体内に吸収されずに、固まってしまうという特徴があります。そのため便秘になるだけでなく、腸のトラブルにもなる為に、24時間以内に便として排出することが必要です。

 

お腹のマッサージをすること

バリウムが腸の中に残ってしまうと、後からとても大変な思いをしてしまいます。バリウムの便秘は通常の便秘と異なり、とても辛い傷みがある場合もありますから、早めに改善しないといけません。便秘しないようにする為には、バリウムを飲んだ後にお腹のマッサージをしましょう。腸の中でバリウムが固まらないように胃腸の活動を活発にしておきます。

おへそを注意に時計まわりにマッサージをします。傷みがない程度に圧をかけながら腸をマッサージします。このマッサージは便秘の時に効果がありますので、子供にも安心してできるマッサージです。バリウムは、すぐに出さないとカチカチに固くなってしまうこともあります。便秘にならないように早めに対処をする事が大切です。

 

運動をすること

運動をすることで血液の流れを活発にして、腸の働きを活性化する効果があります。バリウムを飲んで便秘をしてしまうのは、長時間腸の中でバリウムが残ってしまい、固まってしまう事が原因です。運動をして胃腸の活動を活発にし、老廃物を出しやすくすることが必要です。ジョギングやウォーキング、そして腹筋運動をすることで胃腸が刺激をされますので、バリウムが排出されやすくなる効果があるのです。

バリウムを飲むことは頻繁にはないのですが、それが原因で便秘になりやすくなってしまう場合もあります。バリウムで便秘になるケースはとても多い為に、飲む前から注意をしておく事が必要です。病院でもらった下剤は必ず決められた通りに飲んでくださいね。

スポンサーリンク

刺激物を食べること

健康診断でバリウムを飲んだ日は、なるべく胃腸の刺激になるものを多く食べましょう。特に香辛料を多く使った辛い食べ物や、冷たい飲み物など、下痢になってもバリウムを出すことの方が優先です。胃腸に刺激を与えて早めに排便しましょう。バリウムは体内に吸収されない為に、時間が経つごとに固くなってしまいます。そのため胃腸活動を活発にして、24時間以内には排便する事が好ましいのです。

そして食べ物で注意をしたいのは、バリウムを飲んだ後のアルコールです。お酒類には便が固くなる可能性がありますので、飲酒はなるべく控える事が安心です。健康診断の前後は特に消化の良いものを食べて、日頃から便秘をしている人は改善しておくことが必要です。

 

治らないときは医療機関へ

バリウムで便秘になったときは、とにかく早く対処することが必要です。健康診断でもらった下剤を飲んでも効果がない時は、市販の薬を使うよりも、病院で相談をすることの方が確実です。さらに強い薬をもらうか、もしくは浣腸をするなど的確な対処をすることが大切になります。

便秘はとても辛い事ですが、バリウムが原因の場合はお腹が痛くなる場合もあります。いつまでもそのままにして放置してしまうと、胃腸のトラブルの原因にもなります。バリウム検査の後は特に便秘にしないように注意をする事が大切ですが、下剤を飲み忘れてしまったり、どうしても排便できない時などは、自分の判断で対処するより医療機関で診察してもらうほうが安心です。

 

いかがでしたか?

健康診断で飲むバリウムには、体に害になる成分はありませんが、便秘をするリスクが高くなるデメリットがあります。そのため、バリウムを飲む前後には自分の体調を整えて、便秘をしなように予防対策をする事も必要です。

検査後は体調の異変に注意をして、なるべく早く排便する事が大切です。そのためには、ご紹介した方法で便秘改善をしてください。体に負担にならないようにする為にも、早めの対処をする事が必要です。もともと便秘をしやすい人は特に注意をしてください。便意がある時は我慢せずにすぐにトイレに行ってくださいね。

 

まとめ

バリウムで便秘にならないようにする5つの方法

・水分をたくさんとること
・お腹のマッサージをすること
・運動をすること
・刺激物を食べること
・治らないときは医療機関へ


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!