あだ名で呼ぶ心理に隠れた5つの思い

あだ名で呼ぶ心理に隠れた5つの思いあだ名で呼ぶ心理、子供の頃ならごく普通の関係かもしれませんが、大人になるとあらゆる人の関係があり、あだ名で呼ぶ人は限られてきます。

今まで苗字で読んでいた人が、ある日突然あだ名で呼ぶ心理、それには特別な思いがあるのか、それとも全く意味がない偶然だけのことなのか。相手が気になる存在でなければ、さほど頭には残りません。

しかし自分をあだ名で呼ぶ人の中には、ちょっと考えてしまう存在がいませんか。名前の呼び方には、実は色々な気持ちが込められています。

そこで気になるのが、あだ名で呼ぶ心理について。そこにはどんなことが隠されているか、知っておきたい5つのポイントをご紹介しましょう。


スポンサーリンク


 

あだ名で呼ぶ心理に隠れた5つの思い

 

好意を持っているから

あだ名で呼ぶ心理は、色々なシチュエーションがありますが気になるのは異性の場合です。ある日突然あだ名で呼び始める異性がいたとしたら、その人は親しくなり、興味を持っているなど好意的な意味を持ってあだ名で呼んでいます。

好きな人とはできるだけ特別な関係を築きたいもの。あだ名で呼び合う関係は、親しい人に限られていますから、今までよりももっと仲良くなりたいという願望を込めてあだ名で呼ぶ心理につながっています。

でも好きな人を初めてあだ名で呼ぶ瞬間は、とても勇気がいりますよね。呼ばれたときに慌てた表情をしたら、きっとお互いにバツが悪いことになるでしょう。

そんな緊張する場面も一度だけ。あだ名で呼ばれ始めたら、一気に二人の関係は近くなる可能性があります。

 

距離感を縮めたいため

かしこまって苗字で呼ぶと、どうしても人間関係も完全には打ち解けられず、壁が出来てしまいそうです。

あだ名で呼ぶ心理は相手と距離感を縮める意図があり、たとえば引っ越ししてきた新しい友達を迎え入れるために、あだ名で呼んであげることがありますよね。

友だちとして差別せずに付き合いたい、敵ではなく味方であることを知ってほしいなど、お互いの距離感を感じない付き合い方をするときに、あだ名はとても効果をもたらします。

あだ名は難しい名前の人や、子供の頃からの延長で呼ばれる人がよくいますよね。みんなからあだ名で呼ばれ、本当の名前を知らないなんてこともあるでしょう。

自分らしさを表現できるあだ名、場合によっては相手に一歩踏み込んだ付き合いをするために、欠かせないものですね。

 

人懐っこい人だから

誰とでも仲良くできる人は、いつも積極的にアプローチをしています。人懐っこい性格だとすぐに友達ができる魅力がありますが、そんなときに使われるのがあだ名です。

あだ名で呼ぶ心理は、相手の緊張感をほぐしてあげたい意味があり、歓迎するときに使いますよね。

人懐っこい性格の人は、そんなスキルが自然と身についているため、大人しい人や恥ずかしがりの人には、あだ名を使って上手に接近しています。

でもなかにはあだ名で呼ぶ人を、ごくわずかにしている人も存在していて、友達として仲が良い人以外からあだ名で呼ばれるのが、嫌な人もいますよね。

もし歓迎の意味であだ名を使い相手に、不快な顔をされた場合は、あまりにも馴れ馴れしい態度だと思われたのかもしれません。

スポンサーリンク

次のステージに進みたい

今までかしこまって名前を呼んでいた人が、呼び方を変えてきたとき。「さん」づけがいきなりあだ名になると、ドキッとしませんか。

このタイミングがいきなりだと感じる場合は、相手が次のステージへ進みたいという気持ちの表れ。異性の場合は仲良くなって、恋人関係になりたいという心理が隠されていることも。

あだ名は親しみを込めて呼ぶもので、どのような意味や目的があっても最初はちょっと照れ臭いですよね。

異性が相手だとあだ名で呼ばれることがきっかけになり、お互いが特別な存在に見えるようになるかもしれません。

あだ名で呼ばれたい、呼びたいという関係は心のつながりが近くなったということなのでしょう。

次のステージに進むときは、うまくタイミングをつかみ恋の進展を意識してみましょう。

 

信頼関係を築きたい

仕事のパートナー、異性の友達等、あだ名で呼ぶ関係はあちこちにあります。たとえば職場でお互いにあだ名で呼び合う環境がある場合は、なんとなく心理的にみんなが一心同体になった気持ちになりますよね。

年齢や生まれ育った環境が違う色々な人たちとうまく付き合うためには、相性を良くするために、あえてあだ名を使うこともあるようです。

信頼関係を強化したい場合、あだ名で呼ぶ心理につながり自然と相手に近づきたくなります。男女の場合「さん」付けで付き合っていると、心を完全に開けない不安を感じるでしょう。

そんなとき、あだ名で呼ぶ心理に隠されたものが、信頼関係を強めてもっとよいモチベーションを持ちたいという気持ちなのです。

チームワークや大切な人との関係は、呼び方を変えるだけで大きく変わる場合もあります。

 

いかがでしたか。

あだ名で呼ぶ心理は、心の変化を示していますので、相手が自分にどのような思いを持っているか、客観的に判断したくなりますよね。

相手が誰であれあだ名は親しくなりたい気持ちのアピールで、グンと距離感がなくなるメリットがあります。

そんな効果を意識して、近づきたい人には積極的にあだ名で呼んでみませんか。好きですと、ストレートに告白できない相手、もっと仲良くしてくださいとお願いしにくい人など。

こんな場合もあだ名で呼ぶ心理を上手に使って、自然なアプローチをしてください。呼び方が変わり、付き合い方がどう変化するかとても興味がわいてきますよね。

 

まとめ

あだ名で呼ぶ心理に隠れた5つの思い

・好意を持っているから
・距離感を縮めたいため
・人懐っこい人だから
・次のステージに進みたい
・信頼関係を築きたい

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>顔が近い…心理はこの5つの可能性がある!

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!