摂り過ぎると逆効果!?コーヒーが便秘の原因になる5つの理由

摂り過ぎると逆効果!?コーヒーが便秘の原因になる5つの理由嗜好品として人気のコーヒー、私も食後などに、かかせず、1日数回、毎日のように飲んでいます。

コーヒーを大量に飲むと便秘の原因になるといわれているので、5つの理由から、詳しく便秘との関係性をまとめてみました。


スポンサーリンク


 

  摂り過ぎると逆効果!?
コーヒーが便秘の原因になる5つの理由

 

理由その1.カフェインによる腸の運動をおさえることによるもの

コーヒーに含まれるカフェイン、カフェインの働きには、大腸の働きを促す効果がありますが、大量にとることで、大腸の動きを悪くしてしまうようです。

 

理由その2.カフェインの過剰摂取によるもの

先ほどの大腸の働きにも関係しますが、よくあるケースとして、大腸の働きを促すことを期待して、便秘の解消にコーヒーを大量に摂取して、逆に便秘をひどくするということがあるそうです。

カフェインは過剰摂取し続けることで中毒性もあるため、健康のためにも摂りすぎに注意することが必要です。適量というものは大変個人差があるもので、1日1杯から2杯程度が良いと言われているようです。

私も、ついつい飲みすぎる日もありますが、朝のコーヒーとランチの後のコーヒーの1日2杯程度にとどめるよう心がけています。コーヒー以外にもカフェインは、緑茶や紅茶などのお茶にも含まれているため、コーヒー以外にもお茶や紅茶をたくさん飲む習慣のあるかたは注意が必要です。

大腸の動きが悪く便秘がちな方は、お腹のマッサージなどをして、便秘を解消したり、コーヒーをしばらくやめてみることも試してみるのが、おすすめです。

 

理由その3.タンニンという物質によるもの

コーヒーには、タンニンという物質が含まれています。タンニンには、大量に摂取すると、腸粘膜を刺激し、便秘の原因になることが知られています。コーヒーを大量に飲むことで、タンニンの効果で便秘を引き起こす可能性があります。

便秘に気を付けている方は、コーヒーを大量飲むのを控えることや、オリゴ糖入りの糖分などの腸の善玉菌によいものを、混ぜて飲むこともおすすめです。また便秘とは少し違いますが、関連して胃の調子も悪くなりやすいかたは、ミルクなども入れて、胃を荒らさないようにして、お腹の調子を整えていくこともおすすめです。

スポンサーリンク

 

理由その4.カフェインによる交感神経の刺激によるもの

コーヒーに含まれるカフェインには、交感神経を刺激する、「交感神経興奮様作用」があり、人間の生命活動に大きくかかわる自律神経には、交感神経と副交感神経があり、電気のスイッチにたとえると、交感神経が優位の場合は、オン。副交感神経が優位の場合はオフなイメージです。

交感神経は、動いたり、興奮した状態など、体が活発に活動するときに働きます。心臓はどくどくと早く脈打ち、呼吸が盛んになり、酸素が全身に送られていきます。かわりに、消化管の活動は抑えられてしまうことにより、便秘になる可能性があります。

また、副交感神経が優位になる寝る前などのリラックスタイムには、刺激となるコーヒーを飲むことはあまりおすすめしません。交感神経と副交感神経の入れ替わりスイッチがうまくいかなくなることで、自律神経のバランスが崩れ、便秘以外にも体調などにも影響を及ぼすことがあるからです。

 

理由その5.カフェインの利尿作用での水分不足によるもの

コーヒーを飲むとトイレが近くなることはありませんか?コーヒーには利尿作用があるので、大量に飲むことで、体の水分が尿として排出されるため、体の水分不足、脱水などを起こしやすくなります。

水分不足がおこることにより、便は水分が少ないと固く、便秘につながります。利尿作用による便秘を防ぐためには、水分の補給をしっかりすること。コーヒーを飲むことは水分補給にはならないことを、覚えておくことも大切です。

またコーヒー以外にもカフェインに関して、前述しました紅茶や緑茶などにもカフェインが含まれていますので、水を使うから水分補給になると勘違いしているかたも多いので注意が必要です。

水分補給としては、水や、麦茶(カフェインがふくまれないので)などがおすすめです。コーヒーにもノンカフェインのものもありますので、どうしても飲みたい方はノンカフェインのコーヒーを取り入れることもおすすめです。

 

いかがでしたか?

コーヒーを飲むと便秘が解消する方もいれば、便秘になるかたもいる、その時々の環境や体調などにも、影響を受けることがあるので、飲みすぎず、楽しくコーヒーを飲んでいただきたいものです。

便秘の改善には、水分をしっかりとることや、規則正しい生活で食事も決まった時間にとることなどにも気を付けることが大切です。

 

まとめ

摂り過ぎると逆効果!?
コーヒーが便秘の原因になる5つの理由

理由その1.カフェインによる腸の運動をおさえることによるもの
理由その2.カフェインの過剰摂取によるもの
理由その3.タンニンという物質によるもの
理由その4.カフェインによる交感神経の刺激によるもの
理由その5.カフェインの利尿作用での水分不足によるもの


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!