コーヒーを飲むとき口臭を抑えるために私がやっている5つの対策

コーヒーを飲むときに口臭を抑えるために私がやっている5つの対策コーヒーを飲む時に口臭が発生しやすいという事を御存知でしたか?実は、コーヒーを飲むとその成分や砂糖やミルクが時間がたつにつれて舌の上で分解し、臭気を発するのです。

そして、コーヒーの酸味は口の中のpHを著しく低下させますが、pHが低下すると口臭が発生しやすくなるのです。さらにコーヒーの渋みは、口の中の唾液を抑えてしまいますが、これも口臭を起こす原因となります。

では、コーヒーを飲む時に、どうすれば口臭を抑えるには、どういう事をすればよいのでしょうか。私のやっている5つの対策をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク


 

コーヒーを飲むとき口臭を抑えるために
私がやっている5つの対策

 

対策その1 コーヒーを飲んだら水を飲もう

コーヒーを飲む時には、一緒に水を用意して、飲み終わった後にすぐに水を飲むようにしましょう。コーヒーを飲んだ時に口臭が発生するのは、下の上に残ったコーヒーの成分や砂糖そしてミルクなどが、口臭の原因となるのですから、これを洗い流してしまえば口臭が発生しません。

コーヒーの下の上に残った成分を。水を飲みながらちょっとしたで触りつつ、洗い流すようにしてみましょう。そのほか口の中に残った酸味や渋みも、水を飲みながら、口の中から流してしまう事ができます。そうする事で、pHが下がっていたのが元通りになり、渋みもなくなるので唾液の分泌も不通に戻ります。口臭の原因となるもろもろの事が口の中から消え去り、そのため口臭が発生する事を抑えられるようになるのです。

水を飲む時には、下の上や口の上の部分についている成分を洗い流そうとするように、水を飲むのが大切です。また水を飲み終わった後、コーヒーの味や香りが口の中に残っていないか、チェックするのを忘れないようにしましょう。

 

対策その2 歯磨きをしよう

口の中を水で流すと同じような効果があるのでおすすめなのは、歯磨きをするという事です。歯磨きをして、口の中を清潔に保つ事で、口臭の原因となる酸味や渋み、そして舌の上の成分を掃除する事ができます。

しかし、口臭の成分は葉についているというよりは、舌の上や口の中の上の部分についているので、舌の上の成分を落とす必要がありますが、ハブラシでごしごしする事は、かえって悪化させてしまう事があります。ハブラシで口の中の酸味や渋みを掃除し、舌の上はハブラシでごしごしではなく、そっと水で流すようにしましょう。

また、歯磨き粉が残っていたり、きちんとコーヒーの成分が舌の上から流れ去っていなかったりすると、これらが舌の上でまじりあって、さらに口臭を発する原因となりますので、歯磨きの仕上げのうがいは徹底的に行うようにしましょう。そうする事で、口の中の口臭の原因を取り去る事ができるのです。

 

対策その3 キシリトールガムを噛もう

コーヒーを飲んだ時の口臭対策として、もう一つのおすすめがキシリトールガムを噛むという事です。コーヒーの渋みが唾液の分泌を抑え、その結果口臭を発生させる原因となりますが、それは、口の中の自浄作用を下げてしまうという事が原因です。

ガムを噛む事によって唾液の分泌を促す事ができるのです。ガムを噛むという事ですが、ガムはガムでも虫歯予防に良いと言われる、キシリトールガムをチョイスして、噛んでみるとよいでしょう。普通のガムは、嗜好性を高めるために、砂糖などが多く含まれており、なんとその80%が砂糖でできていると言われています。普通のガムをしょっちゅう食べるという事は、虫歯を引き起こす原因となり、虫歯もやはり口臭の原因となるのです。

また、そうでなくても糖分の取りすぎは、体にもよくありません。キシリトールガムはその点虫歯予防の効果があるガムですから、普通のガムを食べるよりもはるかにはに良いので、キシリトールガムをチョイスする事で、虫歯にならずに口臭予防をするようにしましょう。

スポンサーリンク

対策その4 舌磨きのグッズを使ってみよう

口の中の口臭を手っ取り早くなくしてしまうには、ハブラシならぬ舌磨きのグッズを使用して、舌の上などに残っているコーヒーの成分の微粒子などをきれいに取り去ってしまいましょう。

舌磨きのグッズは、今は簡単に薬局やドラッグストアなどで購入する事ができますから、ハブラシと一緒に普段持ち歩くカバンに舌磨きのグッズを入れておいて、コーヒーを飲み終わった後に磨くようにしてみましょう。

コーヒーの口臭は、コーヒーを飲んでから一時間以内に臭くなって匂ってきますから、その前に舌を磨いておくと、口臭が発生するのを避ける事ができます。

職場でコーヒーを飲むたびに席を立って舌を磨きに行くのは正直難しいかもしれませんが、コーヒーを飲んだ後に重要なお客様をお迎えしたりするような場合は、普段はそこまでしなくても、舌磨きというケアを取り入れても良いといえるでしょう。

舌を磨くという事は、コーヒー以外の口臭対策にも効果がありますので、舌磨きのグッズを一つ買っておく事をおすすめします。

 

対策その5 消臭スプレーを使ってみよう

コーヒーを飲んだ後の口臭対策として、消臭スプレーを使うという対策があります。消臭スプレーは、舌を磨くといった根本的な対策と比べて、一時的に口臭を抑える効果がある方法ですが、急に口臭を抑えるためには有効な方法です。

ドラッグストアなどでいろいろな口臭をケアする消臭スプレーが販売していますので、良かったらひとついざという時のために買っておくのもよいでしょう。

沢山の種類の消臭スプレーがありますが、その中でも効果が高いと言われているものとそうでないものがあります。買う時に、ドラッグストアの店員に効果が高いと言われる消臭スプレーを紹介してもらったり、あまり値段の安い品物ではなく、それなりの金額のものを選んだりしてみましょう。インターネットなどでも口コミでいろいろ紹介されていますから、そういう情報を参考にしてもいいかもしれません。

一時的に口臭を抑える対策として、消臭スプレーを用意しておくと安心です。

 

いかがでしたか?

いろいろな口臭対策がありますが、コーヒーを飲む事で起きる口臭の原因をよく理解して、根本的な原因をクリアするのが口臭対策として効果があるといえます。

しかし、忙しい時やその場の状況で、とっさに取り入れられる口臭対策もうまく活用して、口臭が発生するのを上手に抑えましょう。いろいろな口臭対策がありますが、コーヒーを飲む事で起きる口臭の原因をよく理解して、根本的な原因をクリアするのが口臭対策として効果があるといえます。

しかし、忙しい時やその場の状況で、とっさに取り入れられる口臭対策もうまく活用して、口臭が発生するのを上手に抑えましょう。

 

まとめ

コーヒーを飲むとき口臭を抑えるために
私がやっている5つの対策

対策その1 コーヒーを飲んだら水を飲もう
対策その2 歯磨きをしよう
対策その3 キシリトールガムを噛もう
対策その4 舌磨きのグッズを取り入れてみよう
対策その5 消臭スプレーを使ってみよう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!