コーヒー好きは要注意!コーヒーを飲むと口臭がきつくなる7つの理由

コーヒー好きは要注意!コーヒーを飲むと口臭がきつくなる7つの理由仕事の合間にコーヒーを飲んでちょっと一休み……と言いたいところですが、飲んだ後、ちょっと口臭が気になるなってことはありませんか。

コーヒーを飲んだ直後は、口の中もコーヒーの良い香りで満たされるのに、しばらくするとなんともいえない臭いに。自分も気持ち悪いし、他の人にも嫌な思いをさせてしまいます。特に仕事で人と会うならそのような状況は避けたいもの。

コーヒーが好きな人は、朝、起きてすぐの一杯や、眠気覚ましに飲む人も多いですし、緊張しているときは、コーヒーでのどを潤して落ち着こうとする人もいると思います。しかし、口臭を気にするあまり、飲むのを控えていると、なんだか落ち着かなくなってしまいますね。

そもそも、この口臭はいったいなぜ発生するのでしょうか。そこには7つの理由があったのです。


スポンサーリンク


 

コーヒー好きは要注意!コーヒーを飲むと
口臭がきつくなる7つの理由

 

理由その1 コーヒーが残る

コーヒーに含まれるコーヒー豆の微粒子は舌に付着しやすく、これが残ることによって口臭の原因物質となりやすいのです。これを解消するには、コーヒーを飲んだ後、水を口に含み、舌を口の中でこすると付着した微粒子を落とすことができます。

もし、歯ブラシを持っているなら、歯磨き粉をつけずに、歯の表面や舌の表面を軽くブラッシングすると良いでしょう。ただし、ゴシゴシ磨くと余計に口の中が乾燥するので、軽くでいいです。

 

理由その2 ミルクや砂糖が残る

コーヒーに入れるミルクや砂糖も舌に付着しやすく、口の中に残り、口臭の原因物質となります。これを解消するには、そもそもミルクや砂糖を入れなければ良いのですが、おいしく飲むために入れたい方もいますよね。その場合はコーヒー豆の微粒子を取り除くのと同じ方法で、水を口に含んだり、舌をブラッシングすると解消できます。

 

理由その3 口の中が酸性化する

コーヒーに含まれる酸味が、著しく口内のペーハー(pH)値を低下させることにより、口の中が酸性になり、バクテリアが繁殖し、口臭を引き起こしやすい環境になります。さらに、コーヒー豆が劣化していると余計に酸味を感じます。酸性化した口内を中和するには、キシリトールガムを噛むと良いでしょう。

ガムを噛むことで唾液の分泌を促すとともに、キシリトールが酸を中和してくれます。また、豆を挽いてから数時間で劣化が始まるので、できれば豆の状態で購入し、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておくと劣化せずに長持ちします。

スポンサーリンク

 

理由その4 利尿作用

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。体内の水分が減少することにより、唾液の分泌も低下します。こうなると、口の中ではバクテリアが繁殖しやすい状態になりますので、これを解消するためには水分をとるのが良いでしょう。ただし、緑茶やコーラなどにはカフェインが含まれていますので、飲むなら水が良いです。

 

理由その5 唾液の分泌の低下

コーヒーの渋みには唾液の分泌を低下させる働きがあります。これによる口臭の改善には、唾液の分泌を促すことが必要ですので、ガムを噛んだり、カフェインを含まない水分をとることが必要です。手元に何もなければ、梅干しなどの酸っぱいものを思い浮かべて、唾液の分泌を促します。

 

理由その6 胃液分泌の促進

カフェインには胃液の分泌を活発にする働きがあり、胃酸過多や胃潰瘍の人がコーヒーを多く飲むと、胃液が多く出すぎて胃壁が荒れてしまうことがあります。そのため、ゲップが多く出たり、胃腸障害になったりすることで、口臭の原因となります。こういう人はコーヒーを飲む頻度を少なくした方が良いのですが、どうしても飲みたい場合は薄めにしたものを飲むと良いでしょう。

 

理由その7 空腹時や緊張

空腹時には胃液の分泌が促されますし、緊張しているときは唾液の分泌が低下するので、どうしても口の中が渇きます。こういうときにコーヒーを飲むと、バクテリアが口の中で増殖したり、胃液が多く出て胃壁が荒れたりなどして口臭の原因になってしまいます。コーヒーを飲むときは、満腹時やリラックスしたときにすると良いでしょう。緊張してのどが渇くときはカフェインを含まないものを飲むと良いです。

 

いかがでしたか?

ここまで読んだ方はコーヒーは口臭を引き起こす悪い飲み物だと思ったかもしれません。しかし、コーヒーに含まれるカフェインには胃液の分泌を促す働きがあるので、食後に飲むと消化が促進されるという良い効果もあります。

コーヒーが口臭を引き起こす原因と、その対処法さえ知っていれば、飲むタイミングや飲んだ後の行動で、口臭を抑えることができるのです。ただし、飲みすぎは薬も毒になります。ほどほどにして、自分なりのコーヒータイムを楽しんでください。

 

まとめ

コーヒー好きは要注意!
コーヒーを飲むと口臭がきつくなる7つの理由

理由その1 コーヒーが残る
理由その2 ミルクや砂糖が残る
理由その3 口の中が酸性化する
理由その4 利尿作用
理由その5 唾液の分泌の低下
理由その6 胃液分泌の促進
理由その7 空腹時や緊張


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!