大卒でニートになる人の5つの心理

大卒でニートになる人の5つの心理今や大卒を卒業してもニート生活を送っている人もいるのではないでしょうか。親として子供を育てた人としてはちゃんとした会社に就職して欲しいという風に思う人もいるでしょう。学生時代と社会人になってからの生活というものは大きく異なってきますし、不安を抱えている人もいるのかもしれません。

どうにか就職して欲しいと思っている親にとっては「なんで働かないの」と責めてしまうようになっては余計に就職してくれないために放置という形をとっている人もいるかもしれません。そこで、大卒でニートになってしまう人の心理について5つご紹介します。色々なタイプの方がいらっしゃると思うので一度本人と話し合ってみるといいでしょう。


スポンサーリンク


 

大卒でニートになる人の5つの心理

 

やりたいことが見つからない

 大卒でニートになってしまう人の1つの心理は「やりたいことがなんなのかが見つからない」という心理があるのではないでしょうか。日本では様々な職種があり、良くも悪くも自分で「選択」するという余地があります。そのため何がしたいのか、自分はどういった風に生きていくのがいいのかという事を真剣に考えている人もいるのかもしれません。

 特に男性は一度就職してしまうとそこで一生食べていくために事に仕えていくという風に考えている人もいることでしょう。そういった考えを持っている人にとっては大学を卒業したとしてもその能力を生かして自分が何をしたいのかどう生きたいのかという事を今は探している途中なのかもしれません。それが分からない事で悩んでいる人もいるかと思うので「働かないことをダメなこと」としてみてしまう人がいたらまずは本人と一緒に悩んであげるのがいいのかもしれません。

 

働くのが嫌

大卒でニートになる人の心理のひとつに「働くのが嫌だ」という心理に陥っている人もいるかもしれません。それは、大学時代の先輩から就職してからの辛い日々の話を聞いてしまったり、就職試験が大変だったりと心がめげてしまっている人もいるでしょう。誰かに相談出来ればいいのですが、就職先の枠も決まっており周りは敵で友達に相談するといった事が出来ない人もいるかもしれません。

 そういったネガティブな考え方を心にずっと写したままで毎日を過ごしてしまうと本当にそういった現実になって行ってしまいます。ましてや大卒でニートという言葉も自分自身が嫌になってしまうという人もいる事でしょう。そういった過酷な場所で頑張っていたのかもしれないと想像していつも味方になって話を聞いてくれる家族がいるとまた頑張ろうと思えるきっかけのひとつになるかもしれませんので、大卒ニートで情けないと思っているご両親がいたら一度話をきいてあげてみるのもいいのかもしれません。

 

就職試験に挫折

 大卒でニートになる人の心理のひとつとして「心が折れてしまった」という人もいるのではないでしょうか。それは就職試験で何回も落ちてしまったりして、自分に自信を無くしてしまってもうやる気が残らなくなってしまうケースもあります。落ち込んでしまうと「明るいイメージ」というものができなくなってしまいますので、そもそも働く意欲というものがなくなってしまうという現象もおきます。

 それか就職してからの学生時代とのギャップに耐えられないという人もいるでしょう。けれどそこで大事なのは「どう考えるか」が大事です。将来なんでもいいので自分のなりたい姿に向かって今があるのだと考えれば後から笑い話に出来る今の自分も受け入れて行けるのではないでしょうか。辛いことや苦しいこともどうやって乗り越えて行くのかという事を学ぶいいチャンスとも捉えられます。

スポンサーリンク

プライドが高く良い会社に入る機会を狙っている

 大卒でニートになる人の心理のひとつとして「いい会社に入るために機会を狙ってる」という人もいるでしょう。それは就職先がなくなって路頭に迷う人がいる中で自分は有名な所が似合うからそれ以外はいかないとプライドを持っている人もいることでしょう。このご時世ですから自分が本当に望む場所へ計画を立てながら歩むという事は一つの手段でもあります。

 

目指す場所のために敢えて働かない事を選択

 大卒ニートになる人の心理として「目指す場所が決めている」という人もいるでしょう。これは例えば画家になりたくて絵をずっと書いているけれど大学を卒業しても芽が咲かないという人も大卒ニートになり得る人でしょう。しかしこういった人は「いい会社」「安定した就職先」「世間の流れ」というものに背いてでも自分の道を歩むと腹を据えた人とも言えます。

 一概に大卒ニートといっても100人いれば100人の人生がありますので大卒ニートだから悪いとか良いとかはないのかもしれません。それも今の世の中なんでも選択できる時代になったからこその「一つの選択」なのかもしれません。

 

いかがでしたか?

「大卒でニートしているの!?」と話だけを聞けば悪いことのように思ってしまう人もこの記事を読んで「確かに今の時代だからこその悩みもあるのかな」と思うことがあったのではないでしょうか。

 

まとめ

 大卒でニートになる人の5つの心理

・やりたいことが見つからない
・働くのが嫌
・就職試験に挫折
・プライドが高く良い会社に入る機会を狙っている
・目指す場所のために敢えて働かない事を選択


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!