夏本番、綺麗に見せるデトックス&ダイエット!の4つのポイント

夏本番、綺麗に見せるデトックス&ダイエット!の4つのポイント

夏も本格化しつつありますが、今度水着を着なきゃいけないのに最近食べ過ぎたせいでポッコリお腹が気になる、ダイエットはしたいけど健康的に痩せたい、デトックスしたいと思っている方はいませんか?

日頃の食べ過ぎや生活習慣の乱れで内臓や体中の細胞に余分なものが溜まりがちです。モデルや女優にも人気の酵素ジュースによるファスティング(プチ断食)でのダイエット&デトックス&ビューティー法ですが、今回は市販の酵素ジュースを使わないお財布にも優しい自家製ジュースによるファスティングを、初心者の方にも安心の1日コース(計3日)でご紹介します。


スポンサーリンク


 

夏本番、綺麗に見せる
デトックス&ダイエット!の4つのポイント

 

その1:「準備期間・ファスティング期間・回復期間」のスケジュールを立てる

ファスティングはやり方を間違えると体を壊す危険もあるため最低限守らなければいけない大切なルールがあります。

準備期間(1日目)・ファスティング期間(2日目)・回復期間(3日目)というように行いますので、これらの期間を確保できるスケジュールを確保しましょう。

外食の予定が入っていなくて家でゆっくりできる週末にかけての金・土・日などがお勧めです。多少引きこもりがちになりますが美の為なので我慢しましょう!

【1日目・準備期間】
・ 軽めの食事(腹7分程度)を心がける、
・ 動物性の食品(肉・卵)はできるだけ避ける。
・ 『まごわやさしい』の食品を中心にした和食の献立にする
ま(豆類)ご(胡麻)わ(わかめなど海藻類)や(野菜)さ(魚類)し(椎茸などきのこ類)い(イモ類)
【2日目・ファスティング期間】
・ 一日3回朝昼晩に酵素ジュースを飲む
・ 水をたくさん飲む
・ 空腹を我慢できなくなったら酵素ジュースかハーブティーを飲む
・ ハードな運動は避ける
【3日目・回復期間】
・ 朝食は五分粥のみ、昼夜は全粥+少しずつ固形の食べ物を加えていく
・ 動物性の食品(肉・卵)や消化の良くない食べ物は避ける
・ 『まごわやさしい』の食品を取り入れた和食の献立にする
・ 食事は腹7分に留める

※いずれもアルコールやカフェイン、タバコ、砂糖、乳製品の接種は厳禁です。口寂しくてガムや飴を食べたくなるかもしれませんが砂糖が入っているのでNGです。

※妊婦中・授乳中の方、病気の方、薬を飲んでいる方、高齢者の方はお医者さんに相談してください。

 

その2:ファスティング中の酵素ジュースの作り方

1.生の新鮮な野菜やフルーツを準備する(缶詰や冷凍はだめ)
<材料例>
ニンジン半分
リンゴ1/4
ほうれん草 2~3枚
パイナップル(缶詰でないもの) 4切れ
トマト1/4
豆乳 100ml
レモン汁少々

その他、キャベツやケール、小松菜、イチゴ、バナナ、キウイなどもお勧めです。色や味が変わって楽しいので試してみてください。

ちなみに市販の100%野菜・フルーツジュースは加熱処理をしているため酵素が破壊されています。ですから手間をかけてでも自分で作る必要があるんですね。

2.ジューサーを準備する

ジューサーとは材料を砕いてブレンドして液体と固体を分離させ、液体だけを取り出すことができる機械ですが、繊維質を摂取すると、せっかく取り入れた酵素が消化に回ってしまい、代謝やその他機能再生に必要な酵素が減ってしまうのでファスティングには不向きです。

ご自宅にジューサーが無い方はブレンダ―(ミキサー)で撹拌した後、茶こしや清潔なガーゼで濾して繊維質を取り除きましょう。

スポンサーリンク

 

その3:効果的な飲み方

腹ペコで一気にグビグビ~~と行きたい所ですがちょっと待ってください。せっかく絞り出した栄養を一気飲みすると大事な栄養素がしっかり体内に吸収されません。味わいながら舌の上で転がすようにしてゆっくりと飲みましょう。そうすることで唾液に含まれる酵素が栄養を分解し胃腸でよりよく消化吸収されるのです。ゆっくりと飲むことで満腹感を得られる効果もあります。

 

その4:ファスティングによる効果・現象

ジュースにより栄養分をしっかり採っているので大幅な減量は期待できないかもしれませんが、体が軽くなり、毎日駆使して動かしていた消化器官がすっきりするのを感じる事が出来るでしょう。また体が必要としているビタミン・ミネラル分を補給するのでお肌や細胞にも良いと言われていて定期的に続けることで老化防止にもなります。神経が研ぎ澄まされ、味覚・匂いに敏感になるので回復食のお粥の美味しさに感動すること間違いなしです。

また人によっては体のだるさ、眠さ、頭痛、吹き出物が出る場合がありますが、これは好転反応といって毒素や老廃物が血液中に押し出されることで起こります。つまり毒素がたまっている人ほど好転反応が出やすいということです。ですので余程の激しさでない限りは少し休んで様子を見てください。酵素ジュースを飲む量が少ない場合は増やすか、水を飲むのもいいです。(激しい症状の場合はお粥やそばなど消化の良い物を食べてファスティングを中断してください。)

 

いかがでしたか?

断食と聞いて食べないのは無理!と思う人も多いと思いますが、食べるのが何よりの趣味の私でも美味しいフレッシュジュースを飲みながらだったので楽しくできます。そして肌の調子が良くなり、食べ過ぎで胃もたれや便秘が多かった消化器官が改善されます。

今回はファスティング1日の計3日間コースのご紹介でしたが、これを月に1度行うだけでも体に大変良いですし、朝だけ酵素ジュース置き換えたり、慣れてきたらファスティング期間を3日間に伸ばしたりすることもできます。(それ以上は体への負担が大きいので医師に相談してください。)是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

夏本番、綺麗に見せる
デトックス&ダイエット!の4つのポイント

その1:「準備期間・ファスティング期間・回復期間」のスケジュールを立てる
その2:ファスティング中の酵素ジュースの作り方
その3:効果的な飲み方
その4:ファスティングによる効果・現象

スポンサーリンク

Better Tomorrow“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!