冬場の乾燥が原因でフケが溜まりやすい人の7つの特徴

冬場の乾燥が原因でフケが溜まりやすい人の7つの特徴肩などにのっていると不潔な感じがする「フケ」カサカサとした乾燥によるフケが多くの方の悩みですよね。フケには大まかに分けて、湿性のフケと乾性のフケに分かれます。湿性のフケはすみやかに病院へ行くことをおすすめします。

乾性のフケは、冬場の乾燥が原因となりフケが溜まるなど、7つの特徴で改善点なども踏まえてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

冬場の乾燥が原因で
フケが溜まりやすい人の7つの特徴

 

特徴その1.偏った食生活などの栄養バランスの乱れ

偏った食生活などの栄養バランスの乱れというのは、体に影響を及ぼします。食事などで、体に取り入れた栄養素は、生命維持活動に必要な部位から分配されていきます。

内臓や体の主要部分に主に振り分けられるため、皮膚や、頭皮、髪などは、生命維持のための優先順位が低いため、しっかりと栄養バランスよく、取っている方でも、栄養素が不足しがちです。

さらに、食生活の乱れなどで必要な栄養素が少ない場合は、ほとんど、振り当てがありません。栄養素がいきわたらないことで、肌荒れや、頭皮のトラブル、髪の毛も

栄養不足で抜け毛や毛の痛みなどにもつながります。

特に冬などは外気温の影響で、頭皮のバリア機能が低下して頭皮を守る力が低下してしまうと、ひどく乾燥し、フケの原因になると考えられます。食材をまんべんなくとること、とくにビタミン群などもしっかりと摂ることが大切です。

外食やコンビニなどが多い方は、ミネラルも不足しやすいので、忙しい方は、不足しがちな栄養素をサプリメントなどで補うことも大切です。

 

特徴その2.精神的なストレスによる栄養不足

精神的ストレスを抱えている方は、血流が悪くなりやすく、血管の栄養がいきわたらず、これもまた、頭皮のバリア機能が低下し、冬場の空気が乾燥する時期にひどく乾燥し、かゆみなどをおこし、フケの原因になると考えられます。

 

特徴その3.不規則な生活により、頭皮のバリア機能の低下によるもの

頭皮のバリア機能低下の原因に、不規則な生活もあげられます。健康な体に健やかな頭皮は宿ります。夜更かしや飲酒など不健康な生活を続けることも、乾燥に弱くなり、フケの原因となると考えられます。

 

特徴その4.シャンプーによる必要なうるおいを洗いすぎたこと

皮脂があまり出ていない方は、皮脂を取りすぎるシャンプーを使用することで、必要なうるおいまで洗い流してしまうことがあります。

本来、健康な頭皮は適度な皮脂によって水分の蒸発を防ぎ、外的な刺激、冬場の空気の乾燥や紫外線などから頭皮を守ってくれています。シャンプーにより必要な皮脂を取りすぎて、頭皮の皮脂が不足すると頭皮は水分を保つことが出来なくなるため、乾燥してしまいフケの原因となるのです。

汚れ落ちを気にして、洗浄力の強いタイプのシャンプーを選んでいたり、シャンプーの回数が多い方も、注意が必要です。洗髪の仕方として、軽くブラッシングしてホコリなどを落とした後、ぬるま湯でまず洗髪をします。次にシャンプーをよく泡立て、頭皮をしっかりと洗うようにします。シャンプーを使った洗髪は1日1回がおすすめです。

スポンサーリンク

 

特徴その5.パーマやカラーなどの頭皮トラブルによるもの

季節を問いませんが、パーマやカラーなどの頭皮トラブルによる、フケも考えられます。冬などの乾燥している時期、頭皮が弱いときに反応してしまい、かゆみを引き起こしたり、フケの原因になっている可能性もあるかと思います。

 

特徴その6.夜洗髪しないなどの不潔にしていることによる皮膚トラブル

忙しい方などで、夜に洗髪せず、朝洗うというかたは、頭皮トラブルが多いといわれています。夜疲れてしまっても、すぐに横にならず、1日の汚れは夜にしっかり落とすことが大切です。

 

特徴その7.頭皮環境の悪化による皮膚トラブル(カビなど)によるもの

頭皮を不潔にしていることで頭皮環境が悪化して、皮膚トラブルを起こす可能性があります。カビなどがついて、フケが大量にでることもあるので、かゆみがある、量が多い場合など気になる場合は、病院の受診もおすすめです。

ヘルメットや帽子を長時間かぶる方も、蒸れたり汚れがたまりやすくなったり、頭皮環境が悪化することがあるので、ケアをしっかりすることが大切です。冬の乾燥に強い頭皮を育てるためにも、健康的な生活を送り、清潔を保つことが大切なようです。

頭皮の血流をよくするために、ヘッドマッサージや、育毛剤やトニックなどで、ケアをすることもおすすめです。シャンプーなどもたくさんの種類が最近は出ており、頭皮の状態にあわせて選ぶこともおすすめです。

 

 まとめ

冬場の乾燥が原因でフケが溜まりやすい人の7つの特徴

その1.偏った食生活などの栄養バランスの乱れ
その2.精神的なストレスによる栄養不足
その3.不規則な生活により、頭皮のバリア機能の低下によるもの
その4.シャンプーによる必要なうるおいを洗いすぎたこと
その5.パーマやカラーなどの頭皮トラブルによるもの
その6.夜洗髪しないなどの不潔にしていることによる皮膚トラブル
その7.頭皮環境の悪化による皮膚トラブル(カビなど)によるもの


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!