ガン見する時の心理はこの5つ!

ガン見する時の心理はこの5つ!なんとなく視線を感じて、ちらりと目があったら、相手の人からガン見されていたという経験はありませんか。「ガン見する心理がよくわからない」という人は意外と多く、なぜそんなことをするのか、意味が知りたくなりますよね。

人の視線には色々なタイプがありますので、目つきや眼力でなく、その瞳に隠された本音が一番気になる部分。

ガン見する心理は、男性が女性に向けてすることがよくあり、ロマンスの始まりを意識する人もいるでしょう。

でもじっと見られると、なんとなく不安になる場面もありますよね。「どこを見ているのか」「なんで見ているのか」と、直接本人に聞きだしたいときもあるでしょう。

とても気になる、相手からの視線。男性が女性をガン見する心理について、早速ご説明したいと思います。


スポンサーリンク


 

ガン見する時の心理はこの5つ!

 

好みの人だからつい見てしまう

ガン見する心理は、目つきや視線の先によっては、相手に不快な思いをさせてしまう場合があります。好きな人や気になる人が、遠くでなにかしている時、じっとガン見することがありますよね。

相手に好感を持っていたら、自然と視線の先には、その相手が立っているということがあるでしょう。まったく知らない人でも、たまたま自分の好みの人が通りすぎたら、無意識にガン見する心理につながることも。

話をしたことない人でも、なんとなく素敵だと思う人は、アート作品を見るようにじっと見たくなります。

知らない男性とよく目が合ってしまう場合、もしかしたら自分が好みのタイプなので、ガン見のターゲットにされている可能性もあるでしょう。

積極的にアプローチできない場合は、遠くからじっと見つめるだけが、精一杯な人もなかにはいるのです。

 

自分の存在に気がついてほしいから

好きな人がいると「次はもっと仲良くなりたい」と思い、あれこれとアプローチ方法を考えるでしょう。いきなり近づくと、不審に思われそうで怖いときもあります。

こんな場合はガン見の心理につながり、自分の存在を知らせるために、じっと見つめてしまうのです。声をかけたいけどできない場合は、何とか眼力だけで、相手に信号を送っているのでしょう。

気になる人に送る視線なら、鋭いものではなく、笑顔を交えた優しい表情。ガン見を繰り返すことで、相手にも存在が伝わったなら、次はいよいよ積極的にアプローチをする段階になります。

何度もじっと自分を見ている人の存在は、理由がどうであれ、とてもインパクトに残りますよね。気になって話しかけたら、すぐに打ち解ける可能性があるでしょう。

単なる知り合いから仲良しの友達に進展するときも、お互いの視線のやりとりは、コミュニケーションの中で大切なものなのです。

 

話しかけるチャンスを伺っているため

男性が女性に近づくのは、勇気がいること。特に下心がある人に対しては、最初が肝心になりますよね。失敗して、相手から距離を置かれてしまったら、二度と近づくチャンスは訪れない可能性も。

そんな時に男性がやっているガン見の心理は、女性の隙を狙うためで「いつ話しかけようか」とチャンスを待っているサインです。

ふと視線を感じて振り向いたら、じっとこちらを見ている男性がいたということがありませんか。その人はきっと、コミュニケーションをとる準備は万端なのです。あとは最初の一言をいつ言えばよいのか、ベストタイミングを待っているのでしょう。

女性慣れした男性なら、そんなことは一切考えず、気持ちのまま行動を起こすでしょう。話しかけるチャンスをずっと待っていても、期待した場面が訪れないこともあります。勇気を出して、最初の一歩を踏み出すことが大切です。

スポンサーリンク

自己満足の世界に入っている

お気に入りのアーティスト、かっこいい俳優など。自分の好きな人は、顔のパーツから体の動きまで、どんな細かいことでも逃さずに見ておきたいですよね。

男性が女性をガン見する心理は、こんな気持ちと共通する部分があります。人とは共有できない、自分だけでの世界に入っている場合もあるでしょう。

笑顔、怒った顔、うつむく姿勢など、見ていてドキッとする表情は、自分だけの宝物。そんな魅力を見るのは、まるでアクション映画から目が離せないように、刺激的な瞬間になるでしょう。

自己満足の世界にいると、誰かに声をかけられるまで、気が付かないもの。はっとして視線を元に戻す瞬間は、現実へと引き戻されるときです。でもしばらくするとまた、気になる方向へと視線がいってしまうのです。

 

見られる人になにかしら要因がある

ガン見する心理は「好きな人だから」「もっと仲良くなりたいから」という、特別な意味を持った場合が多いでしょう。しかしまれに、見られる人に原因がある場合もあります。

たとえば、ひと際目立つ蛍光色の洋服を着ているから。また、場違いなセクシーな服装をしているからなど、見られる原因を自ら作っていることもあるのです。

人とはちょっと違った行動をとる場合も、目立つ存在としてガン見され、そんな時に誤解すると、後で恥ずかしいことになるかもしれません。

「私のこと好きかもしれない」とドキドキしていたら、単に服装が乱れていたので見られていたということもあります。

心理的な意味が多いガン見。しかし、見ている人が相手にサインを送り、余計なお世話をしている可能性も。

子供からガン見されたり、まったく知らない人から通りすがりの人にガン見されたりしたら、見られる要因があるかもしれませんね。

 

いかがでしたか。

男性が女性をガン見するのは、動物的な本能で、我慢できない場合もあるでしょう。

こんな瞬間に恋がスタートする可能性もありますので、ガン見された時の反応の仕方も、注意しておくと安心です。

「すべてのガン見が、良い印象を与えるもの」というわけではありませんが、どんな時でも相手の考えていることを間違いなく受け止められるといいですね。

 

まとめ

ガン見する時の心理はこの5つ!

・好みの人だからつい見てしまう
・自分の存在に気がついてほしいから
・話しかけるチャンスを伺っているため
・自己満足の世界に入っている
・見られる人になにかしら要因がある

☆こちらの記事も関連しています。

>>>目をそらす時の心理で考えられる5つのもの

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!