ぎっくり腰になりやすい人が気を付ける5つのポイント

ぎっくり腰になりやすい人が気を付ける5つのポイント

「自分だけは大丈夫」と思っていても、ちょっとしたキッカケでなってしまうのがぎっくり腰。重いものを持ったからというわけでもないのに、ちょっとした姿勢の変化で起きてしまうことが多々あります。

ぎっくり腰はなりやすい人とそうでない人がいるという話もありますが、なりやすい人には何か共通すべき特徴があるのでしょうか?また、なりやすい人はどうすればぎっくり腰を防ぎやすくできるでしょうか?


スポンサーリンク


 

 ぎっくり腰になりやすい人が気を付ける5つのポイント

 

その1 ぎっくり腰の正体

 ある日突然ぎっくり腰に…という話はよく聞きます。くしゃみをした瞬間にとか洗髪中にとか、普通では考えにくい状況で起きてしまう、それがぎっくり腰なのです。

何とも摩訶不思議なぎっくり腰ですが、その正体は驚くほどのこともなく、実は日常生活で溜まった筋肉疲労の蓄積なのです。ですから「なりやすい」「なりにくい」という特質はあるにせよ、誰にでも起こりうる症状なのです。

 

 その2 ぎっくり腰になりやすい体型

 ぎっくり腰は腰の捻挫という言い方があります。つまり腰にハードな負担がかかる人は、それだけ捻挫になりやすいとも言えます。

第一に考えられるのは肥満の方です。上半身の重みを常に腰で支えているわけですから、これはぎっくり腰になりやすいといえます。更に元々体が大きい人はいいですが、急激に太ってしまったりすると、腰がその体重増加についていけず…ということもあります。

ただし、あくまで可能性が高いというだけの話です。たとえ細身の方でも腰の力(腹筋・背筋)が弱ければ、負担がかかりやすいということでの条件は同じです。

 

 その3 ぎっくり腰になりやすい姿勢

 腰への負担ということでは姿勢も大きな影響があります。猫背、あぐらや足をよく組むなどは姿勢を崩していることで腰に負担がかかります。椅子に座る姿勢が一番腰に負担をかけにくいのですが、正しい姿勢で座らずに浅く座ってしまうと結局腰にダメージを与えてしまいます。

これは女性だけですが、ハイヒールも影響があります。ハイヒールを履くことで前傾姿勢になっている体を無理に起こしている状態ですので、これも腰への負担増です。

スポンサーリンク

その4 ぎっくり腰を予防しよう

 体型や姿勢を中心に、ぎっくり腰の可能性の高さを示しましたが、これ以外にも体の冷えやタバコなど血行が悪い人という条件も当てはまります。

腰に負担がかかっているという状態は、腰周りの血流も悪くなっていると言い換えられます。つまり、血の流れがよくなるようにしていけば、ぎっくり腰を未然に防ぎやすくなるのです。

血流をよくするためには全身運動が一番手っ取り早いですが、腰に爆弾を抱えているわけですから、激しい運動はぎっくり腰の発動と隣合わせの危険があります。そこで手軽にできる全身運動ということでウォーキングをオススメします。ただし、歩く姿勢には気をつけてください。背筋を伸ばして、お腹に力が入るように正しいフォームで歩きましょう。腹式呼吸をしながら歩くとなお効果的です。

また更に安全策を取るのであれば、水中ウォーキングもよいでしょう。水の中は腰や関節への負担が軽減される上に、水の抵抗力が働きますので運動効果が上がります。

全身運動に加えて腰回りの筋力アップができれば、ぎっくり腰の予防効果はさらに高まります。

 

その5 日常生活でも気をつけよう

 ちょっとしたキッカケがぎっくり腰を発症しかねないわけですから、普段の生活動作でも注意を払うに越したことはありません。いかに腰に負担のかからない、無理のない姿勢を心がけるかがポイントです。いくつかあげてみましょう。

①背伸びや前かがみが必要な時は、何か補助になるものを使用する。

②同じ姿勢を長時間取り続けず、定期的に全身をほぐす。

③正しい姿勢で椅子に座る。

④バランスの悪い姿勢(片足立ち)などはとらない。

⑤気づいたらストレッチをする。

これを守るだけでもかなり予防効果はあるでしょう。「面倒だからついつい…」という勢いに任せた動作を避け、慎重な行動をこころがけましょう。

 

いかがでしたか?

日頃から健康に気をつけ、しっかり体を鍛えている人でもなりうるぎっくり腰です。ですから、ぎっくり腰になりやすいと思われる項目に該当する方はなおのこと注意が必要です。しかし、ちょっとした普段の心がけでその危険を遠ざけることもできるということです。

生活習慣の見直しも含め、まずは姿勢に気を付けてみましょう。鏡で自分の普段の立ち姿を確認してみてはいかがでしょうか?案外腰に負担がかかるような体勢になっているかもしれません。なかなか、自分では気づけないので周りの人に確認してもらうのもよいでしょう。

 

まとめ

 ぎっくり腰になりやすい人が気を付ける5つのポイント

その1 ぎっくり腰の正体 
その2 ぎっくり腰になりやすい体型 
その3 ぎっくり腰になりやすい姿勢 
その4 ぎっくり腰を予防しよう 
その5 日常生活でも気をつけよう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!