今からでも改善できる!遺伝以外でハゲる5つの原因

今からでも改善できる!遺伝以外でハゲる5つの原因最近では30代で既にハゲの予兆があるかどうかを気にしなければいけない、そんな風潮になってきました。「ちょっと怪しいかな…」そう思い始めた時、まず「父親やおじいさん。もしくは親族に薄毛の人やハゲの人がいたかな?」そんな遺伝的要因を原因として考えてしまうのも無理はありません。

確かに遺伝的要素はハゲの確率が高まる可能性があります。しかし、遺伝がすべてではありません。もしそうならば一人ハゲが出ればその子孫は全員ハゲてしまいますからね。そこで、遺伝的要素以外のハゲの原因、またハゲの対処法があるか見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

今からでも改善できる!
遺伝以外でハゲる5つの原因

 

その1 血行不良

遺伝的要素以外のハゲの原因として真っ先に浮かぶのが血行不良です。頭皮への血流が悪くなれば、頭皮は固くなり、必然的に毛髪への栄養分は行き渡りにくくなります。すると毛髪はだんだんとやせ細り、抜け毛も増えていきます。この血流が悪くなる原因が色々と考えられます。ストレス、睡眠不足、不規則な生活習慣、喫煙etc…こういった原因を一つ一つ自分の中で当てはめてみるとよいでしょう。案外思い当たる節があるのではないでしょうか。

特にストレスは仕事や家庭などの外的要因から来ることが多いので、とりわけ現代社会では男性だけでなく女性の場合でもハゲやすい原因としてあげられています。なかなかストレスを取り除くことは難しいですが、趣味やスポーツなどで発散することは可能です。生活習慣全体を見直す中でこういったストレス発散のものを取り入れていくのが望ましいでしょう。

 

その2 中心因子と周辺因子

 遺伝にはその核となる中心因子とそれをとりまく周辺因子が存在します。薄毛やハゲが中心因子とするならば、血行や血管の状態、頭の形、皮下脂肪の状態、男性ホルモンの分泌。こういったものが周辺因子となります。

薄毛やハゲは冒頭でも書き記したように遺伝の要素が高いことは否めませんが、この中心因子と周辺因子が揃うことではじめて薄毛やハゲの原因となります。ですから周辺因子に対してどのようなケアをしていくかで、状況は全く変わってきます。それでは周辺因子に対する対処法を見ていきましょう。

 

 その3 油形頭皮

 あまり聞き慣れない言葉ですが、ようするに毛穴から出てくる油のことです。この油の正体は皮脂です。では皮脂の分泌の正体とはなんでしょうか。そうです、その2でも触れたように男性ホルモンの分泌のことを指します。一般的に男性の方が薄毛やハゲが多いのは、この男性ホルモンの分泌が原因となっています。最近よく耳にするAGA(男性型脱毛症)はまさにこのことを示しています。

女性にも増えてきた薄毛やハゲというのも、この男性ホルモンと因果関係があります。社会進出する女性が増えた今、ストレスに伴い女性ホルモンの分泌が少なくなっている=男性ホルモンが上回るということにつながっているのです。女性ホルモンには、肌や髪の毛、爪などの成長や潤いにつながります。したがってこの分泌量が少ないということも薄毛やハゲの一因になることを忘れないで下さい。

ホルモンの重要性について触れましたが、大事なことを一つ補足しておきます。単純に「男性ホルモン=薄毛・ハゲ」ではないということです。

分泌された男性ホルモンが、毛根近くの皮脂腺から分泌される5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)という薄毛やハゲの要因となる物質に変化してしまうのです。

ですから5αリダクターゼの制御をすることで、薄毛やハゲを防ぐ、あるいは進行を遅らせることが可能です。5αリダクターゼの制御には亜鉛やノコギリヤシエキスが適しています。

スポンサーリンク

 

その4 頭皮の厚み

 薄毛やハゲが気になる方は頭皮を触ってみましょう。頭皮の皮下脂肪の厚みはありますか?弾力性はありますか?もしこの弾力性がなく、頭皮が薄いな、弾力性がないなと感じたらそれは頭皮の硬化ということです。頭皮が頭蓋骨にへばりついているような感じです。

これがどういうことを示しているかというと、血管の通るスペースがなくなっている、あるいは遮られているという状態を表しているわけです。

ですから頭皮マッサージが有効です…と言いたいところではありますが、これは一概に正しいとも言えないのです。そもそも本人が持って生まれた頭皮の固さや薄さというのがあります。その状態を無視して、毛細血管などを壊してしまうような過度の頭皮マッサージはかえって抜け毛を進行させかねません。

頭皮が元々弱い方は、マッサージ以前に自分の頭皮に適切なシャンプーを選び、シャンプー後は髪の毛を傷めないように気をつけながらしっかりすすぐということに意識を持っていきましょう。  

 

その5 たまご型 

 ちょっと意外な話かもしれませんが、頭の形というのが案外薄毛やハゲに関係するというのです。たまご型というのはたまごをひっくり返したような形でつるんときれいな頭の形です。きれいなのだから何の問題もないだろうと思われるのは不思議なことではありません。しかし、きれいな形だからゆえにこれが薄毛やハゲにつながりやすいのです。

たまご型の頭をもう少しわかりやすく説明すると、サイドや額が張っている形です。たまご型の頭は形がきれいな分、重力に逆らいにくく頭皮が引っ張られやすいということになります。また頭皮に栄養を行き渡らせたい部分が一番広がっているために、血液の循環が悪くなるという状況も発生します。

たまご型の頭。こればかりはどうしようもないです。骨を削るわけにもいきませんので…余談ですが、たまご型の頭の人はヘアスタイルを一番整えやすいという美容師の談話もあり、何とも皮肉な話だと思いました。

そういえばハリウッドスターなどのスキンヘッドの男性は、頭の形が丸くきれいなことが多いような気がしますが…気のせいでしょうか。

 

いかがでしたか?

以上5つの原因を探っていきました。遺伝以外にも要因は色々とあるものです。すぐに改善できることから、なかなかどうにもしようがないものまで様々です。

しかし、遺伝とすぐに決めつける必要はない、まだ対処方法はあるかもしれないという希望を持てるようになっていただけたなら幸いです。

 

 まとめ

 今からでも改善できる!遺伝以外でハゲる5つの原因

その1 血行不良
その2 中心因子と周辺因子
その3 油形頭皮
その4 頭皮の厚み
その5 たまご型


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!