引きこもりたい…と思った5つのきっかけ

引きこもりたい…と思った5つのきっかけふと、引きこもりたいと思うことってありますよね。現代社会に疲れて日々の癒やしを求め、引きこもりたいと思う人もいれば、また違った理由から引きこもりたいと思う人も多いかもしれません。

引きこもるというのは、自分の時間を確保するということとも言えます。様々な理由で引きこもりたいと思う人がいる中で、具体的にどういった理由やきっかけからひきこもりたいと思うようになったのでしょうか。

今回は引きこもりたい…と思った5つのきっかけを紹介していきます。


スポンサーリンク


 

引きこもりたい…と思った5つのきっかけ

 

天気が悪いから

 雨や雪、または台風や寒い日や暑い日などの場合には引きこもりたいと思う人は多数いるようですね。やはり天気や気温の影響を受けずに自宅でのんびりするのは楽なことですし、そんな大変な日に外に出てしまえば大きなストレスを抱えてしまうことになると言えます。

天候によっては少し外に出るだけなのに、服装をしっかりとしなければならない場合もあったりと、外出をする為にも労力を使う為に面倒くさがり屋には心の底から引きこもりたいと思うもの。学生時代は天気が悪いから、気温が好ましくないからという理由でサボり、自宅で引きこもりをしたという人も多いのではないでしょうか。

 

疲れが溜まっている時

 体力的にも精神的にも疲れが溜まっている場合には、ずっと家に引きこもりたい、のんびりしたいと思うものですよね。特に会社の残業続きで疲れてしまった時や、学生ならば連日のテスト勉強などで気を張って閉まっていた時などにはしばらく引きこもりたいと思うものかもしれません。

引きこもることによって疲れは最低限に抑えられますし、それ以上に疲れは癒やされていきリフレッシュにもなります。出かけることによって色々な労力や体力、時には精神力も使うことになるために、自宅で引きこもりをして無難に疲れを癒やしたいと思うものですよね。

また、中には二日酔いの翌日は引きこもっていたい…など一瞬の楽しみから得る大きな疲労から引きこもりたいと思う人も多いようですね。

 

嫌なことがあったから

 人は嫌なことがあれば、何もしたくなくなります。それが普段自分が働いている職場ならば、わざわざ職場に行って嫌なことを思い返したくないものですし、学生ならば学校であって嫌なことから逃げるために引きこもりたいと思うものです。

嫌なことというのは度合いにもよるものですが、引きこもることによって自分を守ることにも使えます。また、感情的になっている場合もあるために、引きこもることによって気持ちを落ち着かせて冷静な判断や考えができるようになり、嫌なことがあってもそのことと向き合うことも出来る場合もあるでしょう。

嫌なことがあった時には引きこもりたい。それによって自分自身を守ることもできるだけではなく、時には嫌なことに対しての解決策を得ることができたりすることもできるため、最善の現実逃避方法だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

失恋をしたから

 失恋をした時というのは、この世の終わりのような絶望に打ちひしがれますよね。そんな時は何をしても集中できませんし、どこに行っても悲しさや切なさは増すばかり。誰にも干渉されずに一人でじっとしていたい、今は放っておいてほしいと思うダントツの理由でもあるために、失恋をしたら引きこもりたいと思う人はかなり多いようですね。

何よりも失恋をしてしまうと、場所によっては職場や学校には行きづらくなるものですし、たとえ行きづらくない場所であったとしても、集中できずに辛いことを思い出し涙する…なんてことも予想できるのならば自宅のほうが周りを気にせずに落ち込めるために引きこもりたいというのも納得。

失恋をしたら引きこもりたい、もしくは失恋をした時に引きこもったという人は結構周りに多いかもしれません。

 

趣味に没頭したいから

 趣味に没頭したいという理由で引きこもりたいと思う人は想像以上の多さを占めるようです。読書、映画鑑賞、ゲームや音楽…様々なものがありますが、何にも縛られずに好きなだけ趣味に没頭できる時間というのは最高に至福の時間であり、日々生きていく中では欠かせないものとなります。

特に日々趣味の時間をあまり確保できないという人は、引きこもることによってどっぷりと趣味の時間に浸かりたいという人も多い様子。ゲームなどをする場合にはストーリーを連続して楽しみたいという人もいますし、それは読書や映画鑑賞などにも言えることですよね。

趣味に没頭したいから引きこもりたい。現代社会のことを考えると、それを心の中で思っている人が多いのも当たり前のことかもしれません。

 

いかがでしたか?

引きこもりたいというとどこかマイナスな感じに聞こえてしまうものの、実はそれ以外にも引きこもりたいと思うきっかけはたくさんあるようですね。

どれにも共通して言えることは、自分だけの時間を確保できるということ。誰にも邪魔されずに自分の時間を確保できるというのは、気持ちを落ち着かせることや、癒しの時間、または自分を高めるために必要なものであるために、引きこもるというのはとても必要なことなのかもしれませんね。

 

まとめ

 引きこもりたい…と思った5つのきっかけ

・天気が悪いから
・疲れが溜まっている時
・嫌なことがあったから
・失恋をしたから
・趣味に没頭したいから


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!