引きこもりたい…と思う5つの理由

引きこもりたい…と思う5つの理由

引きこもりたい、という願望を持つ人が現代では増えているようです。様々なストレスに絶えられず、一人で過ごすことの方が楽に感じてしまうのです。

引きこもりの生活を続けると、社会生活からも取り残され、人関関係を築く事も更に難しくなってしまいます。なぜ引きこもりたい、と思うのかその理由についてご紹介しましょう。

引きこもりは決して人事ではありません。日常の中の些細な出来事が引き金となって、引きこもりになる人も沢山いるのです。その理由について理解する事で、引きこもりの予防をすることと、困っている人にも手助けをしてあげましょう。


スポンサーリンク


 

 引きこもりたい…と思う5つの理由

 

家庭環境が原因の場合

 引きこもりたい、自分の部屋から一歩も外に出てこない、居心地の良いはずの家庭内でも、窮屈な存在になってしまう場合があります。複雑な家庭環境で育った人は、信頼関係を築く事にとても臆病になってしまい、人との付き合いを極力控えるようになってしまいます。自分の家族のような環境から脱出したい、と考えながらも新しい環境に出ることにとても抵抗を感じるのです。

そして過保護に育てられた人も同様に、引きこもりになりがちです。嫌なことにチャレンジすることが少なく、自分の気にいらないことはやらなくても良い、そんな家庭環境があると、自分にとって楽な生活にどんどん進んでしまうのです。

 

社会生活が原因の場合

 引きこもりたいと思うのは、男性の方が圧倒的に多く、発達障害の可能性がある人が実は沢山いるのです。仕事での失敗や人間関係で自信を無くしてしまった事や、学校生活での人間不信など、そのような事が原因となり引きこもりとなってしまいます。日本人の全体で約1%の人が引きこもりであるという統計もあるのです。

社会生活でのストレスは精神的にも不安な気持になるために、集団での生活や新しい環境への適応がとても困難になってしまいます。特に仕事上での大切な取引など、緊張感の続くような環境をなるべく避けたくなってしまうのです。周囲からの批判や評価などもストレスの原因となる為に、引きこもることで、社会生活から逃げる解決策と誤解してしまうのです。

 

自己嫌悪になりやすい人

 引きこもりたい人は、決して対人関係を作る能力がないわけではありません。しかし沢山の人と交わる事がとても苦手なために、一人でいることの方が安心してしまうのです。特に自己嫌悪に落ちやすい人は、周囲からの自分の評価がとても気になり、自分は他の人よりも劣っている、という自己嫌悪になり、人付き合いが上手に出来ないのだと思い込んでしまうのです。

相手が自分のことを信頼してくれて、評価をしてくれるという場合は、安心して心を開く事が出来るのですが、自分の弱点を見せる事が出来ない場合は、一人になることで、面倒な人間関係を回避出来るのです。このような場合には、自信を少しづつ回復していくことが大切ですね。

スポンサーリンク

病気が原因の場合

 引きこもりたい、単なるストレスのせいで、対人間関係が面倒に感じる事は誰でにも起こります。しかしそれが長期にわたると、精神面での病気が疑われる事があります。うつ病は人間不信、対人恐怖など、引きこもることもその症状の一つです。

マイナス思考になり自分に対する嫌悪感が高まる為に、人間関係に不安を感じてしまいます。自閉症や学習障害なども軽度のものであれば、通常の生活をすることができますが、対人関係にとても不安を感じる人が多いようです。このような場合もストレスが溜まるにつれ、精神的な負担も増えてしまいますので、カウンセリングなどを受けてみると良いでしょう。病気の場合は早期に発見する事が必要です。

 

過去にいじめられた経験がある人

 引きこもりたいと思う人には、小さい頃にいじめられた辛い経験があるケースが良くあります。学校の友達と馴染めなかった、友達が出来ない、など集団生活で疎外感を感じてしまうと、不登校など引きこもりの原因となります。このような体験は大人になってもトラウマとなり、職場にうまく溶け込めない場合もあります。

いじめで受けた精神的な痛みはなかなか癒される事がなく、自分でも気がつかないうちに引きずっている場合があります。辛い思いをしたくない為に、対人関係を避けてしまい、引きこもりになることで安心感を感じるようになるのです。大人になってからの社会生活には、色々な面で幼少期の体験は影響されてくるのです。

 

引きこもりになってしまうと、そこから抜け出すまでに更なる努力が必要になります。人間関係が面倒に感じる事は誰でもあることですが、現実から目をそらさず立ち向かう勇気が必要です。

引きこもりたいと思う人には、感受性が強い、プライドが高いなどの特徴もあります。今までは普通に生活していたのに、ある日突然引きこもりになる、という場合もあります。精神的な強さを持つことと、悩みがある時は、一人で悩まず誰かに相談できる環境を持つことが大切ですね。

 

まとめ

 引きこもりたい…と思う5つの理由

・家庭環境が原因の場合
・社会生活が原因の場合
・自己嫌悪になりやすい人
・人間関係を面倒だと感じる人
・過去にいじめられた経験がある人


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!