独り言を言うのはなぜ?考えられる5つの心理

独り言を言うのはなぜ?考えられる5つの心理

どこからともなく聞こえてくる「ブツブツブツブツ…」。話しかけられているのかと思ってよく聞いてみると単なる独り言だった。そんな経験はありませんか?

独り言を無意識に呟いてしまう人には、何かしらの心理要因が働いているのかもしれません。そんな独り言を言ってしまう原因を考えてみたいと思います。


スポンサーリンク


 

 独り言を言うのはなぜ?考えられる5つの心理

 

その1 精神的な安定を求めたい

 声に出すことで何とか自分の気持ちを沈めたい、落ち着かせたい。独り言にはこういう心理が働いているケースが多いようです。ストレスなどで不安定になっている感情の行き場が、たまたま声を出して発散するという方向に向かってしまった、そして安定を取り戻せた。この経験則が無意識に発する独り言の繰り返しになっているのです。

慢性的なストレスが溜まると、おそらく独り言は止まらなくなります。周囲に迷惑がかからない状況であればよいのですが、なかなかそうもいきません。まずはストレスの解消に努めることから始めていくことが独り言改善の第一歩になります。

 

その2 ストレスを解消したい

 精神的安定というよりも、もっとストレートに独り言を呟くことそのものがストレス解消になっている。そんなケースもあります。システムエンジニアのような、コンピューターと睨めっこの日々を送っている世界では、モニターに向かって無意識にブツブツ呟き続けている人が多いかもしれません。

実際、言葉を発せずに黙々とキーボードを叩き続けていたら、どこかで精神に負担がかかるでしょう。しかし納期も迫っていて、手を止めている時間はほとんどない。よって言葉を発することで、少しでもストレス解消してしまおうという心理が働くのです。

こうなってしまったら、早めにカウンセリングなどを受けた方がよいのですが、自覚症状がないとなかなか厳しいかもしれません。

 

 その3 自己主張したい

 「自分はここにいますよ!」という心理から独り言につながるケースがあります。声を発することで周りに自分のことを意識してもらいたい、自分は一人ぼっちではない。こうした気持ちから、ついつい独り言が始まってしまうのです。

テレビを見ながらテレビに突っ込んでみたり、ぬいぐるみとお話してみたり。これも一人ぼっちではないと自分に言い聞かせるために、心の隙間を埋めるために行われる自然な流れなのです。

スポンサーリンク

その4 ヘルプ

 単にストレスということでの独り言とは違い、直接助けを求めればいいにも関わらず、誰かが気づいてくれるだろう、誰かがそっと手を差し伸べてくれるだろう。そんな意識からヘルプ依頼をするわけでもなく独り言を呟くというパターンがあります。

このケースは、かまってちゃんと言い換えて良いかもしれません。もちろん全てがこのかまってちゃんというわけでもなく、どう助けを求めて良いのか分からずに、独り言へとつながっていることもあります。

こういう人を見かけたら、まずはそっと助けてあげましょう。ただしいつまでもこの状態を繰り返されると、対応しきれなくなりますので、どこまで手を差し伸べ続けるかの見極めは重要です。

 

その5 コミュニケーション不足

 元々一人暮らしが長い人や、普段から一人で行動していてあまり会話をしない人は、自然と独り言が増えてきます。普段から話し相手がいないのですから声を発する時は常に一人なのです。ですから独り言が増えてしまうのは当然と言えば当然の心理結果です。

問題はどこまでが単なる独り言で、どこからが病気なのか、その判別がつきにくいのがこのタイプです。第三者が立ち会わない限り判断は難しいと思われます。自分で独り言が多いなと気づかれている方はまず大丈夫でしょうが。

 

いかがでしたか?

いずれのケースであれ、独り言を発するのは心の安定を求める心理作用が働いていると言ってよいでしょう。ストレスからの開放や、孤独感の穴埋め、気持ちの弱さなど、こうした不完全な状態を出来る限り修正したい、その思いが独り言となって表れるのです。

独り言の最大の問題点は、周りに迷惑がかかってしまうことです。「まただよ」と思われているうちはまだよい方ですが、そのうち鬱陶しがられ、やがては業務や授業に支障をきたす迷惑行為として訴えられることも考えられます。

ただ、独り言の内容が意味を理解できる、状況と合っている時はまだよい方です。この辺の歯車が噛み合わなくなってきた時、その時はもはや危険信号です。例えば統合失調症の発症などが考えられます。意味不明のことを長々と呟く、そんな感じでしょうか。

ですから、独り言を単なる迷惑なものと思わずに、病気の一種かもしれないと考えてあげることも周りの判断としては大切なことになります。本人が気づきにくい以上、まずは周りがサポートするしかありません。そして専門医の受診へつなげるようにしてあげましょう。

 

 まとめ

独り言を言うのはなぜ?考えられる5つの心理

その1 精神的な安定を求めたい
その2 ストレスを解消したい 
その3 自己主張したい 
その4 ヘルプ 
その5 コミュニケーション不足


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!