会話がうまくなる方法ってあるの?この5つの方法を試して!

会話がうまくなる方法ってあるの?この5つの方法を試して!会話がうまくなる方法を知りたい人は、世の中に大勢いるのではないでしょうか。大切な場面で会話がうまくできず、後で後悔した経験も。人の魅力を知るためにも、会話の質は判断材料になりますよね。

初対面の人と話が合わない経験もあるもの。しかし会話がうまくなる方法を知っておけば、人から好感をもたれやすくなり、交友関係も広がっていきます。人と話すのが苦手な人にぜひ知っていただきたい、会話がうまくなる方法の5つのポイントをご紹介していきましょう。


 

スポンサーリンク


 

会話がうまくなる方法ってあるの?
この5つの方法を試して!

 

相手の聞き役になり緊張感を取り除く 

会話がうまくなる方法で、まずトライすべき点は話すよりも聞き役になること。話が続かなく沈黙が続いてしまうのは、とても気まずいですよね。こんな時に次の話題を探すのはプレッシャーになり、結果的に沈黙になってしまうのです。

会話がうまくなる方法のコツは、聞き役に徹すること。人間の心理として、会話をリードする人は相手に対して心をオープンにできるため、とても快適な時間に。安心できる空間は話す人に取ってストレス解消にもなりますので、話題作りが苦手な人はまず聞き上手になりましょう。

全く関係ないところから話題を見つけるよりも、相手の話題から広げて次の会話に進む方がとても楽でしょう。

 

質問されたら質問で返そう 

会話がうまくなる方法は、短文で話をせずに少しでも自分の話す時間を長くする点もひとつのコツ。例えば相手から、「今寒くないですか」といわれたら「はい、そうですね」だけで終わっては会話のキャッチボールができません。質問されたら相手にも質問を返すことを意識してみましょう。

一番無難なのは天気の話題。初対面の人と会話する時はまずあたりさわりのない天気の話題が便利ですよね。「今日はお天気がいいですね」といわれたら「そうですね。でも夕方から崩れそうですが傘は持ってきましたか?」と相手に話す機会をさらに与えましょう。

自分の意見を伝えるだけでは、なかなか話題は広がりません。質問をプラスすると、もっと会話の幅が広くなることも。

 

緊張する場面に慣れること 

会話が苦手な人に共通するのは、すぐに緊張してしまうこと。ドキドキしてしまうのは、自分の評価を気にしすぎるためかもしれません。緊張は心でなく体にサインが表れてきます。心臓がドキドキしたり、冷や汗をかいたりして緊張のサインを感じたらすぐにリラックスを心掛けましょう。

どんなに苦手なことでも、経験が多いほど慣れてきますよね。緊張感も同じこと。日頃から緊張するシチュエーションを経験すると、突然の場合でもすぐにリラックスできるようになります。

とくに初対面の人と会話をするときの緊張感は、自分から慣れていくことが必要です。買い物でレジの人に話かけるなど、ちょっとした瞬間に練習してみましょう。

 

スポンサーリンク

話題よりも続けることが大切 

会話がうまくなる方法は、話題豊富になることよりも一つの話題を長く続ける技を身に着けることがコツ。テレビ番組の話題、グルメの話題など、色々なジャンルがありますが、ひとつ返事をしただけで終わってしまうのは大変もったいないことです。

どんどん話題を考えるよりも、いかにひとつの話題を奥深くまで掘り下げられるか、興味がある点や疑問などを会話内にプラスしていきましょう。

会話がうまくなる方法は、決して物知りになることではありません。知っていることや得意な話題は誰でも興味を持ちますが、知らない話題なら相手から教えてもらえばいいのです。長く話を続けるには、どうやって話を返すか角度を変えながら考えるといいでしょう。

 

少し大げさなリアクションで興味をひこう 

会話をしているときは、相手の反応がとても気になりますよね。自分の意見や話題にどうやって相手が興味を持つか、そこが会話の質を上げるポイントになります。話下手の人は、相手を楽しませるような聞き方をしてみましょう。そこでポイントになるのが「リアクション」です。

少しぐらい大げさな態度でリアクションすると、会話の相手が興味を持ってくれたと思います。するとさらにモチベーションを上げて、もっと話題を増やしてくれるかもしれません。

ただじっと話を聞いている人、うんとうなずくだけの人に対しては会話が盛り上がらずにさっさと話を切り上げたくなる場合も。そんなタイプだと思われない為にも、少し大げさなリアクションを意識してください。

 

いかがでしたか。

どんな時でも話が楽しくて、いつも話題が豊富な人って憧れますよね。会話がうまくなる方法は、普段から得意なネタを持っておくことも大切。コミュニケーションは人間関係においてとても大切です。話がつまらない人よりも、いつも盛り上がる人なら、自分から話しかけたくなります。

そんな会話の達人になるためには、上手に自分の感情をプラスして相手の話をしっかり聞く態度が欠かせません。会話はキャッチボールに例えられることがありますが、受けたボールを上手に返せるよう、リズムをつかんでくださいね。

 

まとめ

 会話がうまくなる方法ってあるの?この5つの方法を試して!

・相手の聞き役になり緊張感を取り除く
・質問されたら質問で返そう
・緊張する場面に慣れる事
・話題よりも続けることが大切
・少し大げさなリアクションで興味をひこう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!