フケの原因である頭皮の皮脂を抑える7つの方法

フケの原因である頭皮の皮脂を抑える7つの方法

フケの原因となる頭皮の皮脂の分泌を抑える事が、フケ対策において有効な対処法といえます。しかし、フケには脂性フケと乾性フケとの2種類があり、タイプによって対処法が違ってきます。

頭皮の皮脂が原因のフケは、脂性フケの方となりますが、その皮脂を抑える7つの方法について、お伝えしましょう。


スポンサーリンク


 

フケの原因である頭皮の皮脂を抑える7つの方法

 

その1.動物性脂肪やタンパク質をとりすぎない

脂性フケの原因となるのは、マラセチアという菌という頭皮にいる菌が大量に活動しているのが原因です。脂分を栄養としていて、汗や皮脂が増えるとその分菌が増え、脂性フケができる事につながります。つまり、皮脂の分泌過多が原因となっているのです。

皮脂量を抑える事が、脂性フケを改善するための1番の方法ですが、皮脂量を抑えるためには動物性脂肪やタンパク質の摂取を減らす事が効果的だといえます。また、動物性脂肪やタンパク質は、頭皮の悪臭の原因ともなります。

こういったものを控えて、体の内面から頭皮の皮脂を抑えるという事が、フケ対策として重要といえるでしょう。

 

その2.糖分を大量にとらない

頭皮の皮脂を抑えるために体の内面から改善する方法として、糖分を大量にとらないようにしましょう。糖分を大量に摂取する事は、ビタミンBや亜鉛を体内から減少させてしまいます。ビタミンBは頭皮の皮脂をコントロールしてくれるビタミンですし、亜鉛は皮脂の増殖を防いでくれます。頭皮にとって大事な働きをしてくれる効果のある成分を減らさないように、糖分の取りすぎを控えましょう。また糖分はとりすぎると、血中で脂肪となります。そして、頭皮の皮脂の過剰分泌につながるのです。

糖分というと甘い物を想像しますが、お酒にも多くの糖分が含まれていますので、食生活全体を見直す事が大切といえるでしょう。

 

その3.バランスの良い食事を心がける

体の内面から皮脂量を増やさないための方法としては、和食を中心として毎日の食事の時間も大体同じ時間に整える事が有効です。健康的な食生活は、皮脂の過剰な分泌を防ぎます。

その際に積極的に取り入れたいのはビタミン類ですが、その中でもビタミンB6は頭皮の皮脂の分泌を抑えコントロールする作用がありますので、摂取していきたいビタミンです。カツオやマグロといった魚類にビタミンB6は多く含まれています。他には亜鉛やビタミンB1・B12も頭皮の皮脂を抑える効果があるので、取り入れたい成分です。

食生活を気をつける事は、長期に渡ってフケの原因の皮脂の過剰分泌を避ける事につながるのです。

スポンサーリンク

その4.洗髪に気をつける

頭皮の皮脂の過剰分泌を体の外側から抑えるには、洗髪に気をつけるという事が大切です。洗髪が十分でない場合、頭皮の毛穴などに雑菌が残り、皮脂量が増える事になります。シャンプーを良く泡立ててしっかりと髪と頭皮を洗い、その後は十分すすぐようにしましょう。このすすぎが不十分ですと、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。またシャンプーの後にリンスなどを使う場合は、頭皮にかけずに髪の毛だけにつけるようにして頭皮に余計な成分がつかないように気をつけましょう。

また、洗いすぎも逆に皮脂の過剰分泌を促します。洗いすぎによって能が頭皮に皮脂が少ないと判断してしまうと、ますます皮脂を分泌しようとするので、気をつけましょう。

 

その5.皮脂を抑えるシャンプーを使用する

皮脂を抑えるための方法として、皮脂を抑える専門のシャンプーを使う事もおすすめです。今は薬局などで色々な皮脂を抑えるシャンプーが販売していますから、それらを上手に活用して、頭皮の状態を整えましょう。皮脂量をとりすぎてしまう洗浄力の高いシャンプーは、かえって良くありません。低刺激で洗浄力も適度にあり、頭皮改善に効果のあるアミノ酸系シャンプーを使用する事をおすすめします。

ただし、色々シャンプーを変えても効果が上がらないという場合やあまり症状が改善しない場合は、フケの原因が違っているかもしれません。その場合、皮膚科できちんと診断してもらうという事が大切です。

 

その6.頭皮の血行を良くする

頭皮の皮脂を抑えるのに、頭皮の血行を良くするという事も有効な方法です。例えば頭皮のマッサージをしてみるのも良いでしょう。また、洗髪をする時にシャンプーを泡立てた状態にして、そのまま3分間おいておくという事は、頭皮をパックするという事と同じ効果があるのです。このパックは頭皮や髪の汚れを落とすだけでなく、栄養補給や血行促進を促す効果があります。頭皮の脂汚れやフケのケア、かゆみなどにも効き目があります。

簡単にトライできる方法ですし、今までのシャンプーでできるので、入浴の際にぜひ取り入れていただきたい方法です。頭皮の血行をよくして頭皮の皮脂を抑え、フケの発生を防ぎましょう。

 

その7.生活習慣を整える

頭皮の皮脂を抑える方法として、生活習慣を見直すという事も大切です。食事や洗髪方法以外にも、例えば睡眠不足やストレスがたまっているという事も関係あります。体調を整え睡眠不足を解消し、ストレスをためないように心がける事で、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える事につながるといえるでしょう。

また、フケのタイプは、脂性のフケと乾燥によってできるフケと2種類ありますが、あまりに良くならない場合は、もしかしたらフケの原因となっているタイプが脂性ではなく乾性かもしれません。それだと対処する方法もまったく違ってきますので、心配な時には皮膚科で診断してもらいましょう。

 

いかがでしたか?

フケの原因となる頭皮の皮脂を抑える方法は、体の内側と外側の両方から改善する事ができます。

その両方から改善する事で、フケの原因を根本的に治す事ができるといえるでしょう。これらの方法を丁寧に行う事によって、頭皮の皮脂を押さえる事ができるといえるでしょう。

 

まとめ

フケの原因である頭皮の皮脂を抑える7つの方法

その1.動物性脂肪やタンパク質をとりすぎない
その2.糖分を大量にとらない
その3.バランスの良い食事を心がける
その4.洗髪に気をつける
その5.皮脂を抑えるシャンプーを使用する
その6.頭皮の血行をよくする
その7.生活習慣を整える


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!