目を見ないタイプの人が考えている5つのこと

目を見ないタイプの人が考えている5つのこと目を見ないタイプの人って、何を考えているのだろう?と疑問に思った経験がある人も多いはず。目を見ない人って掴みどころがないというか、目を見ないからこそ見つめ合うことも出来ないので、何を考えているのか読み取るのが難しく感じてしまうのも事実ですよね。

そこで今回はそんな目を見ないタイプの人に注目。目を見ないタイプの人は何を考えているのか、その疑問について見ていきたいと思います。目を見ないタイプの人は何を考えているのだろう?仲良くなりたい…そう思っている人は是非チェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


 

目を見ないタイプの人が考えている5つのこと

 

恥ずかしい

目を見ないタイプの人の大半は、恥ずかしいという理由から目を見ないで会話をしてしまうものなのです。人と接することに慣れていない場合、人の目を見ないで会話をするのが精一杯な頑張りになってしまうのです。目を見て人と会話をするというのは慣れている人でも少し緊張してしまう…という人は多いと思います。そう考えると、人と接することにあまり慣れていない人が目を見ないでいるというのもわかる気がしますよね。

目を見ないで話す人は印象が悪い…というイメージもありますが、単に慣れていないからこそ目を見ないで接してしまうという理由からなので、少しずつ距離を縮めていくようにすると、きっと目を見て接してくれるようになると思いますよ。

 

どう接したらいいのかわからない

どう接していいかわからない…これも目を見ないタイプの人に共通する考え方ですね。人と接することに慣れていない人は、どう接したらいいのかわからないと困惑していて、それで頭がいっぱいになってしまっているので、人の目を見る余裕なんてものはないというわけなのです。目を見てしまうと一気に緊張が加速してしまい、さらに困惑してしまうことが容易に想像出来るのもあり、目を見ないで接して、なんとかその場を切り抜けようと考えてしまうのです。

特に男性の中で目を見ないタイプの人は、女性に対してだけ、という場合もあります。女性と接することに慣れていない、女性のいる環境で過ごしていない…そんな男性は女性と接する時だけ目を見ないタイプの人に変わってしまう場合もあるので、男性同士ならば目を合わせてくれるのに女性になると目を見ないという男性がいるならば、女性慣れしていないからこそだと考えられるのです。

 

あまり仲良くしたくない

目を見ないタイプの人の中で、特定の人にだけ目を見ないで接しているという場合、その人のことを苦手だと思っていたり、あまり仲良くしたくないという気持ちから目を見ないで接している可能性が高いと言えます。実際誰もが心当たりあると思いますが、苦手な人や嫌いな人、仲良くしたくないと思える人とは接する時の距離が遠くなりますし、目を見ないで話すことも多いと思います。性格的に白黒つけたい人やハッキリしている人だと、あまり仲良くしたくなく人に対しては目を見ないで接することが多いと言えます。

もし普段の振る舞いの中であからさまに自分に対しての態度だけがそっけないと感じている場合は、相手が距離を開けたいと思っている可能性もあるので、トラブルに発展させないためにも目を見ないで接することが多い場合には出来るだけ接する機会を減らしていくと◎。もし他にも理由がある場合には、後々その理由もわかってくることも多いので、まずはトラブルに発展させない、必要以上に嫌われないためにも目を見ないな…と感じた場合には一先ず距離を開けてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

一匹狼、クールな自分を気取りたい

目を見ないタイプの人には、一匹狼やクールな自分を気取りたいからこそ、あえて人の目を見ないで振る舞っている人もいます。何かに影響されやすい人やそういった系統を目指しているという人の場合、目を見ないで接する自分を演じることに楽しみを見出している人も少なくないので、性格的にそういった感じかも、雰囲気がそうかも…そう思えるような人が目を見ないで人と接している場合には、そういう演出なのだと察するようにしましょう。

ただあくまで演出やそういった自分を演じたいというだけなので、実際に接してみて仲良くなっていけば、目を見ないで接していても優しさや思いやりが感じられたり、親しみを感じられるようになると思います。また、中には最初は目を見ないでいたのに、後々仲良くなれば目を合わせてくれるようになるという場合もあるので、根気よく付き合っていきましょう!

 

仲良くなりたいけど照れくさい

目を見ないタイプの人には、仲良くなりたいという気持ちもあるのに照れくさいという気持ちが邪魔をしてしまい、目を見ないで接してしまうという人もいるのです。仲良くなりたいと思ってしまっている自分の気持ちに照れてしまい、そんな照れを隠すために、相手に伝わらないようにするために目を見ないで接してしまう…そんな可愛らしいタイプというわけですね。

例えば、好きな人と接すると、仲良くなりたいけれど照れくさくて目を見れない…そんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?この目を見ないタイプの人は誰もがなる可能性があるタイプとも言えますね。

もし特定の人にだけ目を見ないでいる場合、目を見ていないのにどこか嬉しそうで照れているような感じの場合…それはその人に恋をしている可能性が高いのです。恋愛経験が少ない人や硬派なタイプの人の場合は、このタイプになりやすいとも言えるので、最もわかりやすいタイプでもありますね。

 

いかがでしたか。

目を見ないタイプの人が考えている5つのことを紹介してきました。目を見ないタイプの人は何を考えているかわからないように思えますが、その人の普段の振る舞いや自分への接し方を改めて考えてみると、目を見ないタイプの人が何を考えているのか、きっとわかるはずです。

目を見ない、それはある意味大きなサインでもあります。何故目を見ないのか、この人は何を考え何を感じているのか…今回紹介した5つのことを参考にして考えてみればヒントは見えてくるので、もし周りに目を見ないタイプの人がいる場合には照らし合わせて考えてみてくださいね。

 

まとめ

目を見ないタイプの人が考えている5つのこと

・恥ずかしい
・どう接したらいいのかわからない
・あまり仲良くしたくない
・一匹狼、クールな自分を気取りたい
・仲良くなりたいけど照れくさい


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!