自律神経失調症を改善するために今からあなたが出来る6つのこと

 

自律神経失調症を改善するために今からあなたが出来る6つのこと

自律神経失調症とは、長く続く疲労感、朝なかなか起きられなかったり、夜寝つきが悪いなど、自律神経の不調により体にさまざまな症状がでます。

人によっても症状は様々です。改善のために今から出来ることを調べてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

自律神経失調症を改善するために
今からあなたが出来る6つのこと

 

自律神経とはなにか?

自律神経とは、人間の生命活動には、交感神経と副交感神経というものが交互に入れ替わり、生命活動を維持しています。 たとえると室内の電気のスイッチのようなもので、ONにすると電気がつき明るくなり、OFFにすると電気が消えて真っ暗になります。

ONの時が交感神経が優位に働き、OFFの時は副交感神経が優位になります。日中起きて活動している間は、交感神経が働いており、夜寝ている間は副交感神経に切り替わるイメージです。

自律神経の不調は、この交感神経と副交感神経の入れ替わりが上手くいかないことが原因となります。リラックスして眠りたいのに、交感神経が優位になっていたらどうでしょうか?日中活発に活動すべき時に、副交感神経が優位になってしまったら?

自律神経を整えることで不調を改善していきましょう。

 

生活リズムを整える

 まずは生活のリズムを整えることが大切です。 人により症状は違いますが、早めにベットに入り、早起きをする。朝起きてから日の光を浴びるのも良いでしょう。

体にしっかりとリズムを刻み込み、自律神経の働きを整えましょう。朝起きてから、水を飲んで体内に朝の合図をすることもよいでしょう。腸を整えることは体のリズムを整えることにつながります。

 

お風呂にゆっくりつかりリラックスする

1日の終わりにお風呂にゆっくりとつかることでリラックスするので、自律神経を整えることができます。特に、寝つきが悪い方や、疲れがたまりやすい、疲労感がある方にもおすすめです。

お風呂の温度は、若干ぬるめのお湯に長くつかることがよいでしょう。バスタイムには、好みの香りのシャンプーやボディソープを使用したり、入浴剤なども効果的です。

シャワーだけでは、体の汚れを流せても、疲れも流すことができませんが、どうしても忙しくてシャワーだけという場合は、しっかりと体を温めることが大切です。

 

自分のストレスの解消法をみつける

ストレスをためることは自律神経の不調の最大の敵です。自分のストレスの解消を見つけることが大切です。アルコールや甘いもの、たばこなど嗜好品に逃げてしまうのは、依存状態や中毒なる場合があり、あまりお勧めできませんが、ほどほどに楽しみましょう。

おすすめなのは、軽い運動などです。たとえばウォーキングや、ヨガ、ストレッチなど。読書なども現実から離れてのめりこめるのでよいでしょう。

手先を動かすことが好きな方は、ちょっとしたDIYや手芸、ガーデニングなどが手軽にできておすすめです。このような汗をかいたり短時間のめりこめることや、周りの雑音に惑わされることなく集中できるようなものがストレス解消におすすめです。

 また、職場でのストレスが多い方は、職場のメンバーばかりで飲みに行ったりしてはなかなかストレス解消は難しいので、職場以外での友人関係を築くことが、ストレス解消などにおすすめです。ほんの一例ではありますが、ぜひ自分に合ったストレス解消を見つけましょう。

スポンサーリンク

更年期障害と自律神経の関係

 大人の女性の悩みの更年期障害と自律神経失調症は密接な関係があります。更年期障害も人により様々な症状を伴います。女性ホルモンの低下などが原因となりおこります。

女性ホルモンを司る源の部分で自律神経も調整されているため、連動して不調をきたすことがあるのです。更年期障害も、ストレスや心理状態などで症状が重く現れることがあり、前述した、ストレス解消の方法や、リラックスすることも有効となります。

 

自律神経を整える食べ物たち

 自律神経を整えるのにおすすめの食べ物は、ビタミンやミネラルを含んだ食べ物がおすすめです。野菜類、豆類、海藻などがおすすめです。また、発酵食品の納豆やヨーグルトなども良いといわれています。

 また疲労感が強く、エネルギ―不足の方には栄養価の高い食べ物も効果的です。ウナギや、山芋、牡蠣なども取り入れるとよいでしょう。

 野菜類は、なるべく旬のものを摂ることも大切です。旬の野菜には、その季節を乗りきるパワーや、その時期に摂った方が良い栄養素が含まれているのです。

偏らず、生活リズムのためにも、規則正しく3度の食事を摂ることも大切です。

 

いかがでしたか?

自律神経失調症は普段の生活の中で改善出来る可能性が高いです。でもそれでも難しい時には、医師に相談をするようにして、診断を仰ぐようにしましょう。

 

まとめ

自律神経失調症を改善するために今からあなたが出来る6つのこと

・自律神経とはなにか?
・生活リズムを整える
・お風呂にゆっくりつかりリラックスする
・自分のストレスの解消法をみつける
・更年期障害と自律神経の関係
・自律神経を整える食べ物たち

スポンサーリンク

Better Tomorrow“をTwitterでフォロー!


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!