過敏性腸症候群の人が食事をする時に気を付ける5つのポイント

過敏性腸症候群の人が食事をする時に気を付ける5つのポイント

過敏性腸症候群は食事の後など、トイレのことで頭が一杯になるほど精神的にも辛い症状です。特に電車に乗っているときや、仕事中など、どうしてもトイレに行けないときには、さらに緊張感も高まり精神的に負担となるのです。

深刻な症状がある場合には病院から処方された薬を飲むことが必要になりますが、日頃の生活の中で、改善する為に気をつけることはあるのでしょうか。過敏性腸症候群には毎日の食事はとても影響しています。腸の活動を正常にするためにも毎日の食べ物は気をつけることが必要になります。

では食事の時に気をつける点はどのようなことか、5つのポイントをご紹介します。いつもトイレに駆け込んでいる負担が少しでも減るといいですね。


スポンサーリンク


 

過敏性腸症候群の人が
食事をする時に気を付ける5つのポイント

 

ポイントその1.過敏性腸症候群について

 この症状は、胃腸の活動が異常に働く為に、下痢や腹痛を起しやすい便通異常のことです。この場合は一日に何度もトイレに行くことがあり、特に食事をした後はすぐに便意のある場合もあります。それとは反対に便秘型の過敏性腸症候群もあります。

症状は個人差がありますので、単におなかなの調子が悪いと、軽く見られてしまうこともあります。しかし中には仕事を休無ほどの辛い症状に悩んでいる方も多いのです。過敏性腸症候群は食べ物によっても影響があるため、毎日の食生活で症状を緩和することが出来ます。過敏性腸症候群はストレスが原因で起こるといわれていますが、現代社会の象徴ともいえる病気です。

 

ポイントその2.よく噛んで食事をすること

 時間が無くてついつい早食いをしてしまうことも良くありますが、これは胃腸活動にとても負担になることですから、特に過敏性腸症候群の場合は、消化吸収を助けるためにも、食べ物は最低でも30回は噛んで食べることを心がけましょう。

これは満腹感を得るためにも効果がありますので余分な食事量を取ることの予防にもなります。早食いは腸の中で消化に時間がかかり、そのため胃腸環境にはとても負担となっています。ゆっくり食べることを基本に一日3回の食事は必ず取るようにしましょう。胃腸活動にも生活のリズムをつけてあげることが大切ですね。

 

ポイントその3.食物繊維を豊富にとる

 毎日の食生活で不足しがちなものが、食物繊維の多い食材です。現代の食生活は欧米化している為に、肉食やファースとフードなどがとても人気となっています。しかし食物繊維が足りないと胃腸の中で悪玉菌が増えてしまう為に、便秘の原因にもなりやすいのです。

健康的な胃腸活動をするためには、野菜や果物、海草などの食物繊維を多く含んだ食べ物を多く取るように心がけてください。野菜は生で食べることで酵素も取れますので、体内のめぐりにはとても効果があります。野菜は加熱する場合には栄養分が逃げないようにスープなどにすると効果的ですね。

スポンサーリンク

ポイントその4.気をつける食べ物

 過敏性腸症候群の場合には気をつけたほうが良い食べ物は、アルコール、炭酸ジュース、コーヒーなどのカフェインです。特に冷えた飲み物は体を冷やす原因もなりますので、胃腸にもとても負担となります。そして下痢をしやすい場合には、牛乳、脂肪分などは気をつけたほうが良いですね。消化の悪いものはなるべく避けることが必要です。

野菜などは細かく刻んだものを食べると良いでしょう。胃腸に負担をかけないことをいつも頭において、食事をするようにしてください。豆腐などは大豆食品で食物繊維も豊富です。しかも消化にもよいために、オススメの食べ物の一つです。

 

ポイントその5.水の取り方に注意

 私たちの体には水分が必要ですが、過敏性腸症候群の場合には水分量に注意をする必要があります。胃腸が消化不良を起しやすい為に、水の飲みすぎは禁物です。そして水分はジュースやソフトドリンクではなく水を飲むことが大切です。水は冷たいものではなく、常温のものが胃腸にも負担が無く安心です。

そして市販のミネラルウォーターは栄養分もバランスが良いのでオススメですが、経済的にするには、水道水を一旦沸かしたものを冷まして飲む白湯がとても体には安心です。便秘をしている場合には多少の水分が必要になりますが、下痢をするタイプの場合は少しぬるい程度の温度が好ましいですね。

 

いかがでしたか?

私たちが生きていくためには食べることは必要です。胃腸の活動は休み無く働いている為に、食事の時間を決めて胃腸を休ませることも必要です。過敏性腸症候群は、ストレスなどが原因で起こることがありますので、ハーブティなどでリラックスする事も効果的ですね。温かい飲み物は体にも良いですし、冷え性の改善にもなります。

食事で気をつけることにより症状の緩和をすることが出来ますが、根本的なストレスを減らすことも治療には必要ですね。運動をすることも心身ともにリフレッシュできますので、胃腸のためにも効果がありますし、善玉菌を増やして健康な胃腸環境に改善することが可能なのです。しかし症状が改善されないときには、病院で診察してもらうことをオススメします。

 

まとめ

過敏性腸症候群の人が
食事をする時に気を付ける5つのポイント

その1.過敏性腸症候群について
その2.よく噛んで食事をすること
その3.食物繊維を豊富にとる
その4.気をつける食べ物
その5.水の取り方に注意


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!