乾燥した顔にファンデーション塗る時に注意すべき5つの点

乾燥した顔にファンデーション塗る時に注意すべき5つの点

もともと乾燥肌の顔の人や、この季節ですと日焼けや紫外線を浴びたことで乾燥していつもより化粧ノリ良くないという方も多いと思います。

夏らしく透明感のあるみずみずしい肌に見せたいと思い、良かれと思ってあれこれしていても、意外と逆効果になっていることもあります。そこで今回は注意すべき5つの点についてお伝えいたします。


スポンサーリンク


 

乾燥した顔にファンデーション塗る時に
注意すべき5つの点

 

その1 メーク前の誤った保湿・下地

乾燥した肌に水分を保たせるために、ローションをしっかりと叩き込み中まで浸透させる・・・そこまでは良いのですが、その後に乳液やオイルをたっぷりと塗っていませんか?

乳液やオイルはあくまで水分を閉じ込めるために蓋をするというイメージで、塗り過ぎは逆に化粧崩れが起こりやすくなります。付け過ぎてしまったと感じたらティッシュなどで軽く拭き取ってください。

また化粧下地にも保湿効果があるものがありますが、あくまで「乾燥しにくい」だけで保湿をするためのものではありません。肌の色を綺麗に見せたいからといって、塗り過ぎると角質層に悪影響を与える可能性があります。お肌をこすらないように薄く均一に伸ばしましょう。そうすることで化粧崩れしにくいムラのない肌に仕上がります。

 

その2 リキッドタイプやクリームタイプの意外な落とし穴

一般的に「乾燥肌はリキッドorクリームファンデーションが良い」というイメージがありますが、実は一概にそうとは言えません。確かに、リキッドファンデーションはみずみずしくてしっとりした透明感がある仕上がりになりますし、クリームファンデーションはリキッドに比べカバー力が強くマットな仕上がりになりますので、乾燥肌にしっとり感を与えるという点では優れてはいます。

しかし実は液体状のものには界面活性剤が入っていて肌への刺激が強く、カバー力があるため強力なクレンジングが必要になり、逆に乾燥や肌荒れに拍車をかけてしまう傾向があります。リキッドorクリームを使う場合はヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分が入っているものを選ぶ、使用頻度を落とす、メーク落としは洗浄力の高いクレンジング剤で短時間のうちにするなどを心がけましょう。

 

その3 肌に優しいファンデーションを考えるなら

一番お肌に優しいファンデーションを・・・と考えるなら一番肌に優しいのはパウダータイプです。リキッドやクリームに比べて防腐剤や界面活性剤の含有も少なくて肌への負担は断然少ないです。パウダーでも保湿成分が配合されていたり、スキンケアや下地でしっかり保湿しておけば乾燥しにくくなります。また乾燥肌がひどくてパウダーファンデーションはどうしてもという方は、エマルジョンファンデーション(コンパクトに入ったクリーム状ファンデ)がお肌にはまだ負担が少ないです。

また最近流行りのミネラルファンデーションは添加剤が入っておらず肌への負担は少ないのですが、ミネラル(鉱物)が皮脂を吸収する性質があり乾燥肌の人にはパサパサになりやすいと言われています。乾燥肌の人は美容成分や保湿成分が多く含まれている乾燥しにくい物を選びましょう。

スポンサーリンク

その4 清潔なスポンジで肌のトラブルを軽減

ファンデーションパフ、スポンジ、ブラシなどは清潔にしましょう。ファンデーションのつきが悪くなるだけでなく、乾燥して硬くなったパフやスポンジは肌への負担も大きくなります。また衛生的にも良くないです。想像してみて下さい、せっかくきれいに洗顔してお手入れした肌の上に、皮脂や角質で増えた細菌が繁殖したパフ等でファンデーションを塗っているなんて…と考えると耐えられませんよね。

 

その5 化粧直しの化粧水スプレーは逆効果

化粧が崩れる始めるお昼過ぎやアフターファイブに、化粧水をシュッシュッと顔にかけている光景をよく見かけますが、乾燥肌の人は要注意です。水分を補っているように見えるこの行為、実は化粧水が蒸発するときに顔の水分も蒸発してしまうのです。ティッシュで軽く押さえて余分な水分を取るのでもいいのですが、一番のお勧めは乳液です。ティッシュかコットンに少量取り、化粧崩れや乾燥の気になる部分をふき取りながら潤いを与え、その後化粧を塗ります。

 

いかがでしたか?

以下が乾燥した顔にファンデーションを塗る時の注意点です。ほんの少しのポイントを守れば、乾燥肌でも、健康な肌への改善と、美しい肌に見せるメークを同時に行うことができます。

ファンデーションの種類もリキッド・クリームタイプとパウダーのどちらがいいという訳ではありませんが、液体のものは使う頻度を考えた方がよいでしょう。また「保湿成分配合」などの宣伝文句だけに流されず、含有成分全体をよく確認し、また自分の肌に合っているかなどを試してから購入したいですね。

 ほんの少しのポイントを守れば、乾燥肌でも、健康な肌への改善と、美しい肌に見せるメークを同時に行うことができます。ファンデーションの種類もリキッド・クリームタイプとパウダーのどちらがいいという訳ではありませんが、液体のものは使う頻度を考えた方がよいでしょう。

また「保湿成分配合」などの宣伝文句だけに流されず、含有成分全体をよく確認し、また自分の肌に合っているかなどを試してから購入するようにしましょう。

 

まとめ

乾燥した顔にファンデーション塗る時に注意すべき5つの点

その1 メーク前の誤った保湿・下地
その2 リキッドタイプやクリームタイプの意外な落とし穴
その3 肌に優しいファンデーションを考えるなら
その4 清潔なスポンジで肌のトラブルを軽減
その5 化粧直しの化粧水スプレーは逆効果


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!