乾燥肌の体質改善をするために私が実践した6つのステップ

乾燥肌の体質改善をするために私が実践した6つのステップ

お肌の悩みである乾燥肌の体質改善をはかるためには、いったいどういう方法があるでしょうか。

水分量が少なく、さらにお肌のバリア機能がきちんと機能していない状態では、お肌のトラブルは尽きません。その乾燥肌の体質を改善するために実践した、6つのステップをご紹介しましょう。


スポンサーリンク


 

乾燥肌の体質改善をするために
私が実践した6つのステップ

 

その1.お肌に刺激を与えない

乾燥肌の体質改善をするには、乾燥肌というのがどういう状態なのか知っておく必要があります。乾燥肌とは、お肌の水分量が30%以下になり、さらにお肌のバリア機能が正常に機能していない状態の事を指します。

そして乾燥肌になる原因ですが、遺伝的な物の他に、加齢や体の外からの刺激が強いといった事も原因として考えられます。その他に体の内面のバランスが崩れてしまったという事も影響していますが、まずは直接お肌に刺激を与える事を避ける事によって、乾燥肌が悪化するのを防ぎましょう。お肌に刺激を与えないという事が、乾燥肌の体質改善をする上での最初のステップといえます。

洗顔や入浴の際に洗浄力の強い、肌に刺激の強いボディーソープなどは使用しないように心がけましょう。また、洗浄力が強いものでなくても、ごしごしこすっていたら結局は刺激を与えているのと同じ事です。石鹸や洗顔料をしっかりと泡立てて、お肌に負担を与えないように丁寧に洗うようにしましょう。

毎日の積み重ねで乾燥肌の体質改善する事ができるので、まずはお肌に刺激を与えないように心がけましょう。

 

その2.お肌のバリア機能を高める

お肌のバリア機能を高めるという事が、乾燥肌の体質改善をする上で、大きな効果があります。それにはいったいどういう方法でしょうか。

お肌にセラミドや皮脂の油分が足りなくなると、お肌を守る役目を果たす成分が減ってしまいますから、どうしてもバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなってしまいます。そのバリア機能を上げていく一つのステップとして、セラミドや油分を補う基礎化粧品を使う事を心がけましょう。また、手や足に効果的なのは、ワセリンなど保湿力の高いものです。乾燥肌は色々影響を受けやすいので、できるだけ良質で合成物の少ない、お肌に優しい基礎化粧品を選びつつ、足りない成分をお肌に加えてあげるようにしましょう。

また、バリア機能が低下しているという事は、お肌の表面にも角質などがたまっていて、正常に機能していない状態という事があります。それを改善するために、お肌の表面の角質を丁寧な洗顔などで取り除くのです。バリア機能を高める基礎化粧品をお肌の中に入って行きやすい状態を整えてあげる必要があります。

洗いすぎには気をつけながらお肌の角質を取り去るようにして、基礎化粧品を上手に活用し、お肌のバリア機能を高めていく事が、乾燥肌の体質改善のためのステップといえるでしょう。

 

 その3.食事に気をつける

乾燥肌の原因となるのは、お肌に必要な油分が取れていないという事も原因となります。ダイエットなどをしていると、どうしても脂質の摂取量が減ってしまいます。そうなると、お肌の皮脂の分泌量が減るという事につながり、それが乾燥肌の原因となるのです。皮脂分泌を正常にして乾燥肌の改善を促すためには、油分をとるようにしましょう。例えばリノール酸やリノレン酸などを含むオイルなどを料理に使ってみましょう。こうしたオイルは乾燥肌を防いで、お肌を正常で健康的に保つ作用があるのです。

また、ビタミンCはお肌の健康に非常に効果的です。ビタミンCはお肌の張りや弾力を作るコラーゲンの合成を促進する働きがあり、お肌を健康的に維持するために必要なビタミンといえます。ビタミンCを多く含むフルーツなどを普段から積極的に食事に取り入れるようにしてみましょう。

また、逆にお肌に良くない食事をとるのは控えるべきです。インスタント食品やファストフードは勿論の事、ケーキなどの甘い物も沢山食べると、コラーゲンなど水分を保持している成分を破壊してしまい、お肌の新陳代謝を遅らせる事になるのです。それが乾燥肌を悪化させてしまいます。

バランスの良い食事をとり、必要な成分を体内に取り入れる事で、体の内面から乾燥肌の体質改善をする事になるといえるでしょう。

スポンサーリンク

その4.入浴の仕方を工夫する

入浴をすると、どうしても角質層がゆるむ事になり、お肌の保湿成分が流出させるという事が起きてしまいます。そのため、お風呂から上がってしばらくすると、お肌が乾燥しているという事があるでしょう。しかし、入浴の仕方を少し工夫するだけで、乾燥肌になるという事を防ぐ事ができるのです。

それはお風呂に入る時に、入浴剤を入れるという事です。その際、保湿成分が含まれたものを使いましょう。お肌の角質層がゆるむという事は、実は逆にお肌への浸透性が高まっているという事なのです。入浴剤を使い、お肌に足りない保湿成分を補うようにするのです。乾燥肌対策の入浴剤は、薬局などに販売されていますから、そういったものを上手に活用しましょう。

また、熱いお湯は体の皮脂を奪ってしまいますから、38度くらいの少しぬるめのお湯に10分程度つかるようにしましょう。しかしぬるめのお湯といえど、あまり長い時間の入浴はやはり乾燥肌の原因となってしまいますから気をつけましょう。

入浴は毎日の事ですから、入浴の仕方を工夫してみる事は、乾燥肌の体質改善をするステップとして有効な手段なのです。

 

 その5.室内環境を整える

乾燥肌の原因の一つには、室内環境が原因という事もあります。冷房や暖房を使うとどうしても室内が乾燥しがちとなり、お肌の乾燥も進んでしまいます。乾燥肌の体質改善に欠かせないステップとして、室内環境を整えるという事があります。加湿器を使い、湿度を50~70%程度に整える事によって、お肌の乾燥を防ぐ事になりますし、それ以外にも風邪予防などにも効果があります。

しかし、気をつけなければいけないのは、あまり湿度を高くしすぎてしまいますと、カビが生える事などもあり、かえって体によくありません。また、加湿器を使用する際についやってしまうのは、加湿器の蒸気をお肌にあてでしまう事です。加湿器の蒸気を直接肌にあててしまうと、逆に乾燥を進めてしまいます。美顔スチーマーとは違いますので、蒸気をあてる事は避けましょう。

その他にも体内の水分の不足も乾燥を進めてしまいますので、加湿器で湿度を保ちながら、水を飲んだりして体の中からの水分の補給を忘れないようにしましょう。

 

 その6.睡眠の質を高める

乾燥肌になる原因というのは、日ごろの生活習慣も影響しています。その中でも睡眠というのはお肌に与える影響は大きく、例えば睡眠不足を解消するという事で、乾燥肌の体質改善をはかる事ができます。

睡眠不足はお肌にとっては厳禁です。毎日質の良い睡眠をとるという事が、お肌のすべての問題に対応するといえるでしょう。

では、質の良い睡眠をとるためにはどのようにしたらよいのでしょうか。例えば、眠る前の1時間から2時間前は飲食をしない、という事が大切です。飲食をしてしまうと、血糖値が上がって深い眠りに入るのが難しくなります。そうすると結果的に良質の睡眠をとる事が出来なくなってしまい、せっかく睡眠時間を長くとっても、あまり効果がないといった事になってしまいますから気をつけましょう。

そして、寝る前に目がさえてしまうような事は控えましょう。眠りにつくギリギリまでパソコンやスマホをいじっているようでは、質の良い睡眠をとれるわけがありません。入浴などをして体を温め、リラックスして布団に入るようにしましょう。

こういった地道な体質改善に効果のある方法を取り入れる事で、乾燥肌の体質を改善する事につながります。睡眠は本当に重要であり、しっかりと毎日眠る事で乾燥肌の体質改善において、大切なステップといえるでしょう。

 

いかがでしたか?

乾燥肌の体質改善は一朝一夕に治るものではありませんが、あきらめずに丁寧に体質改善につながるステップを進めていく事で、確実に改善する事ができます。

一つ一つの方法にトライしながら、乾燥肌の体質改善を目指していく事で、いつか丈夫で乾燥肌に悩まされない、そういうお肌になる事ができるでしょう。

 

 まとめ

乾燥肌の体質改善をするために
私が実践した6つのステップ

その1.お肌に刺激を与えない
その2.お肌のバリア機能を高める
その3.食事に気をつける
その4.入浴の仕方を工夫する
その5.室内環境を整える
その6.睡眠の質を高める 


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!