顔の乾燥しやすい部分をケアする7つのコツ

顔の乾燥しやすい部分をケアする7つのコツ

顔が乾燥してしまうと、大人ニキビ、シワ、シミ、たるみの原因となります。それらのお肌の異常が出てしまった後に治療するには、お金も時間も、労力もかかってしまいます。

様々なお肌の異常を回避するためにも、お肌を保湿する事はとても大切です。顔の乾燥しやすい部分にスポットをあてて、ケアの仕方を学んでみましょう。


スポンサーリンク


 

顔の乾燥しやすい部分をケアする7つのコツ

 

 1.おでこの保湿はシワ予防!

べたつきやすいTゾーンは乾燥とは無縁と思いがちですが、冬場のインナードライ肌になりやすい場所です。おでこや鼻がテカる原因は水分が不足している為に、肌に潤を与えようと皮脂の分泌を活発にします。あぶらとり紙を頻繁に使う人は、さらに乾燥しやすい肌へと導いているのです。肌がゴワゴワと硬いと感じた場合、水分が足りないと思ってください。

おでこの乾燥はシミ、シワ、たるみに繋がります。ベタつきが気になる場合は、さっぱり系の保湿お肌に浸透させ、うすくクリームや乳液で蓋をしてあげましょう。洗浄力が強いシャンプーでのすすぎ残しも乾燥の原因となります。おでこにトラブルが起きた場合は刺激が弱いシャンプーに変える事をオススメします。

 

2.目元の保湿はクマ、シワ、たるみ予防!

目元は皮膚が薄く、乾燥しやすい場所なので、保湿には気をつけないといけません。保湿を怠ると、乾燥小じわを引き起こし、クマやくすみなどになりやすい状態を作り出します。まだ若いからと言って保湿を怠ると、気づいた時には大シワになってしまいます。化粧水や乳液などと一緒にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどがふくまれた美容液でしっかりと保湿しましょう。優しくケアを行う事でむくみなどの解消にもつながり、スッキリとした目元が手に入ります。

 

3.頬の毛穴が乾燥のサイン!しっかり保湿しよう!

乾燥により化粧ノリが悪いと感じる一番の場所は頬です。頬には皮脂腺があまりなく、乾燥しやすいので、体調の良し悪し、紫外線やクレンジングのダメージを受けてしまいます。乾燥すると頬がたるみ、毛穴が変形し、毛穴が開いて見えます。

キュッと引き締まったきめ細やかな肌にするには、洗顔後の素早い行動がポイントです。洗顔は皮脂をなくす事で、肌のバリアを奪っています。3分以内の保湿で乾燥を防ぐ事ができます。お風呂上りは特に毛穴が開いているので、コットンパックなどで肌の奥まで化粧水をなじませましょう。どんなメイクが上手な女性でも素肌美人には勝てません。美しい素肌を手に入れましょう。

 

4.紫外線のダメージを受ける唇!しっかり保湿しよう!

唇はデリケートな部分です。皮脂を分泌する皮脂腺がないので、荒れやすく、紫外線のダメージもうけやすくなっています。唇が荒れた、ニキビができた時はまず乾燥を疑いましょう。リップクリームにも様々な種類があり、保湿ケア、UVケア、荒れを治す事を目的としたものまで販売されています。自分にあったケアを行い、より魅力的な唇を手に入れましょう。

スポンサーリンク

5.あごの大人ニキビは乾燥の目印!

頬やおでこに出来る思春期のニキビと違い、あごや口の周りに出来るニキビはストレスやホルモンのバランスから出来るものが多いと言われています。大人ニキビと呼ばれ、お肌の奥にある角質層が固くなり、毛穴を防ぎます。この詰まった毛穴がニキビの温床となり皮脂を栄養分としてどんどん繁殖します。保湿を行い引き締まった毛穴を作る事がとても重要です。

 

6.生活習慣を整えて体の内側からケアしよう!

体の機能はすべて密接につながっています。健康のために必要な事は、お肌にとっても必要なのです。まず、睡眠をしっかりととる事は大切です。お肌が生まれ変わる夜10時から深夜2時は寝ている事が理想とされています。お肌が気になる時は12時までには寝ましょう。

しっとりと汗をかくような適度な運動はお肌に水分を与え、乾燥した肌も潤い血行もよくなります。栄養をお肌の隅々に行きわたらせ、老廃物の排出を促すためにも、運動を行いましょう。

食べ物や生活習慣に意識を向ける事で、美肌が手に入ります。意識を上げて女子力も向上させましょう。

 

7.紫外線対策と保湿は下地を利用しよう!

冬場は暖房で、夏の紫外線やエアコンの風によりお肌は乾燥してしまいます。化粧下地はとても優秀で、保湿効果やUV効果、皮脂バランスを整え、化粧崩れを防ぐ効果があります。化粧下地の効果を吟味して、自分に合う物を選んでください。毛穴やニキビ、ニキビ跡をカバーしながら、保湿までしてくれるので、トラブルが起きた時は味方になってくれるはずです。

 

いかがでしたか?

年を重ねると、若いプルプルなお肌にはもどれません。しかし、保湿を行う事で、お肌の老化を少しずつ遅らせる事はできます。今できるスキンケアをしっかりと行い、乾燥を防ぐ事は、トラブルが起こりにくい美肌を手に入れる事につながるのです。やさしく、指先で肌を触ってみて下さい。保湿は足りていますか?気づいた時に保湿生活をスタートしてみませんか?

 

まとめ

顔の乾燥しやすい部分をケアする7つのコツ

1.おでこの保湿はシワ予防!
2.目元の保湿はクマ、シワ、たるみ予防!
3.頬の毛穴が乾燥のサイン!しっかり保湿しよう!
4.紫外線のダメージを受ける唇!しっかり保湿しよう!
5.あごの大人ニキビは乾燥の目印!
6.生活習慣を整えて体の内側からケアしよう!
7.紫外線対策と保湿は下地を利用しよう!


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!