黄ニキビを治療する時に注意すべき5つのポイント

黄ニキビを治療する時に注意すべき5つのポイント

できてしまうと一気にテンションが下がってしまうもの・・・黄色く腫れ上がった黄ニキビ!!!自分で見るのも他人に見せるのも嫌だし、痛いし痒いし、何とか予防したい・治したいと思っている人は多いと思います。

一般的にニキビと呼ばれているものの中で『黄ニキビ』は一番重症のニキビと言われています。今回はできてしまった黄ニキビをどう治すのが良いのか、注意するポイントとともにお伝えいたします。


スポンサーリンク


 

黄ニキビを治療する時に注意すべき5つのポイント

 

その1.潰すのは肌にとっては危険なこと!

黄ニキビの中に溜まっている黄色い「膿」、これは炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、アクネ菌や黄色ブドウ球菌たちが繁殖してしまうのですが、それらと戦った血球の死骸や、まだ生きている菌や死んだ菌、戦った後に周辺組織が破壊されたもの等です。

また皮膚の組織が傷ついたことで肌が非常に弱くなっており、ニキビ跡ができやすくなっています。そんな黄ニキビを潰すとさらに赤く炎症を起こし、皮膚組織もさらに破壊され酷い場合はクレーター肌になり、元の肌には治らない状況になってしまいます。

膿を出すこと自体は老廃物などを排出することなので悪い事ではないのですが、押したり突いたり力を加えたりする時点で、肌を全く傷つけずに出せるなんてことは素人ではほぼ不可能です。お医者さんに専用の器具で処置してもらうか、膿が自然に出る(または枯れる)のを待つしかありません。

 

その2.強力な洗顔はNG

黄ニキビができている時は肌が敏感になっている時ですので洗顔の仕方にも注意してください。まずは悪い菌が繁殖しているからと言ってゴシゴシ洗ったり強力な洗顔料で洗い過ぎたりするのはNGです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることでニキビが発生しますが、もともと皮脂は肌を守るために分泌されるものです。皮脂が完全になくなってしまうと、肌は乾燥して細菌が侵入しやすくなるなど外部の刺激に弱くなってしまいます。

洗顔を行う際には、泡の吸着力のみで肌の汚れを取りましょう。泡立てネットなどできめ細やかな泡を作って肌表面の汚れを優しく落とします。洗い流す時も冷たすぎない・熱すぎない35~37度(肌の温度と同じくらい)のぬるま湯がベストです。

 

その3.保湿をしっかりと行う

肌に水分を与えることはニキビ治療にとってとても大切なことです。ニキビができやすいオイリー肌だからと言って保湿を怠っていると肌は乾燥します。その乾燥を防ぐために、さらに皮脂が過剰分泌してしまうのです。

また水分を与えるだけでなく、内側から水分が蒸発しないように蓋をすることも必要です。ニキビ治療にはビタミンC誘導体が配合されている美容液やジェルがお勧めです。ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑え抗炎症作用があり、美白効果もあるためニキビ跡の色素沈着防止にもいいのですが、肌に浸透しにくいのが欠点です。

その点ビタミンC誘導体は角質層への浸透がよく持続性も高いのでニキビ治療に効果的と言われています。乾燥・敏感肌の方には油溶性ビタミンC誘導体が、皮脂分泌が盛んな方には水溶性ビタミンC誘導体がよいでしょう。(ただし水溶性ビタミンC配合の美容液は、刺激が強いため化膿が悪化するようなら使用を中止してください)

スポンサーリンク

その4.リキッド・クリームファンデーションは良くない

ニキビの治療中に患部を隠したいからといって、カバー力の強いリキッドやクリームファンデーションを使うのはあまりお勧めできません。

油分が多く、また粒子が細かくて毛穴に入り込んでしまうのでニキビの治りを妨げてしまいます。どうしても赤身をカバーしたいのであればパウダーファンデまたはルースパウダーを肌に置くようにしてつけましょう。

 

その5.正しい生活習慣を身につける

いくら効き目のある薬を使い、お肌のお手入れに気を遣っていても、体内にニキビのできやすい要因があれば、悪化・再発の可能性は避けられないでしょう。肌が柔らかくなって黄ニキビができにくくするためには、「ホルモンバランスを整える」「免疫力を上げる」「ストレスをなくす」「新陳代謝を良くする」ことが大切です。以下を意識しながら日常生活を送るようにしてみてください。

・食事 … 脂っぽい物は控えバランスの取れた食事を摂る。肌に良いビタミン群や、新陳代謝を良くする亜鉛、腸内環境を良くする食物繊維を積極的に摂取するようにする。

・運動 … 激しい運動ではなくウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動。血の巡りが良くなり栄養が肌にも届きやすくなり、心地よい汗をかくことで老廃物も排出される。

・睡眠 … 肌は睡眠中に再生される。睡眠リズムが乱れると肌のターンオーバーが遅くなり、角質化した肌の毛穴が詰まり易くなる。睡眠不足によって自律神経やホルモンが乱れて皮脂分泌が増加する。

 

 いかがでしたか?

黄ニキビは膿さえ出せばすぐ治ると誤解している人も多いのですが、ニキビの中でも最もひどい状態で、実は最も繊細で、丁寧に扱わなければ肌にとって良くないことだらけなのです。

自分で治療する場合は、肌環境を整えて自然に治るのを待つというのが大切なのですが、改善されない場合は皮膚科に行って診てもらってください。

 

まとめ

黄ニキビを治療する時に注意すべき5つのポイント

その1.潰すのは肌にとっては危険なこと
その2.強力な洗顔はNG
その3.保湿をしっかりと行う
その4.リキッド・クリームファンデーションは良くない
その5.正しい生活習慣(食事・運動・睡眠)を身につける


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!