嫌われる勇気を持ってでもしなければいけない5つのこと

嫌われる勇気を持ってでもしなければいけない5つのこと人に嫌われたいという人はあまりいませんし、嫌われるのは誰だって避けたいものです。しかし時には嫌われる勇気を持って立ち向かわなければならないこともあり、ただ流されるままの都合のいい人物にならないためにもその時は嫌われる覚悟で挑む必要があると言えます。

今回はそんな嫌われる勇気を持ってでもしなければならない5つのことについて注目していきます。


スポンサーリンク


 

嫌われる勇気を持ってでも
しなければいけない5つのこと

 

嘘をつかないこと

 基本的に人は嘘を自らつくということはしないでしょう。悪気があって嘘をつく人はあまりいませんし、誰だって嘘をつかずに過ごして行きたいものです。しかし時には自分の気持ちとは裏腹に出てしまう嘘もあれば、自分をより良く見せたいがために嘘をつく人は少なく無いと言えます。

見栄を張る嘘などをつけば、それだけ自分の評価は高くなり人気者になるでしょう。時には恋愛面においても有利に進められることもあるでしょうが、いつしかその嘘はバレてしまうものですし報いを受けるものだと言えます。

しかし逆を言えば、嘘をつかずにありのままの自分をさらけ出すことによって、人が寄ってこないこともあれば、離れて行く人もいるかもしれませんし、嫌われてしまうこともあります。嘘をついて築く人間関係に価値はないとは言えませんが、嘘をつくことはいつしかつらい目を見るものであるために、本当に周りとの信頼関係を築きたいのであれば、嫌われる勇気を持ってして嘘偽りのない自分を見せましょう。

 

断ること

 嫌われるのが怖いから断りづらいことって結構ありますよね。あまり気が進まないけれど、雰囲気を壊したくないとか、嫌われたくないから断らずに無理をして頑張る…。そんな経験は結構多くの人がしていることなのではないでしょうか。

しかしなんでもYESという人は単に都合が良い人としか思われませんし、自分の意思がないということでそういった人を嫌う人もいます。どちらにしても都合がいい人や流されてしまう人ということで信頼関係を築いていくのは難しいですし、誰も自分のことをしっかりと見てくれる人はいなくなってしまいます。

時にはしっかりと断る事も大切。断ることによって、YESやNOをしっかりと使い分けられる自分の意思を持っている人ということになりますし、自分自身無理をすることもなくなります。もしかしたらそれによって、付き合いが悪い人ということで嫌われてしまうかもしれませんが、しっかりと自分の意見を持つ人のことはきっと誰かが見ていてくれるものです。

嫌われる勇気をもって、無理なことはきっぱりと断る。そこで得られる信頼関係もあることを忘れてはいけません。

 

自分の意見を持つこと

 嫌われたくないがために周りに合わせていようという人はいますよね。変に面倒事を起こしたくないとか、自分の意見を言ってしまえば嫌われてしまうのではないかとか。確かにその場は1つの意見が出なかったことによって収束することもあるかもしれません。

しかし自分の意見を持っていないと、自分がどんな人物であるかということを周りに知ってもらうことはできません。流されるまま周りの意見に同調していると、いてもいなくても良い人のように思われてしまうことがあったり、意見を言わなかったことによって「どうでもいい人」というレッテルが張られる可能性もあります。

間違えてはいけないのが意見を言わなかったから好かれるわけではないということ。意見を言うことで、場やタイミングによっては嫌われることもあるでしょうし、周りと対立するリスクも増えると言えます。しかし意見を言い合える仲というのは信頼関係が築きやすく、なによりも周りは受け入れてくれます。

嫌われる勇気を持ってして自分の意見を持つことで、好かれる存在になるかもしれません。

スポンサーリンク

自分に自信を持つこと

 「ナルシスト」「ブリッコ」はあまり人には歓迎されないことが多いかもしれません。しかし自分に自信がなく、ネガティブであったり後ろ向きな人はそれ以上に好かれません。

たしかに度が過ぎているナルシストやブリッコは自分の世界に酔っているとは思うものの、自分自身に自信を持って堂々としている人はそういった魅力も出てきます。自分の自信があることによってポジティブになれますし、色々なことに挑戦していくことによって自分磨きにもつながっていくといえるでしょう。

自分に自信を持つことは少し恥ずかしいことかもしれませんし、歓迎されないこともあるために、嫌われる勇気は必要だと言えます。しかしそれを突き通していけばそれ以上に得られるものも多ければ、その魅力に引き寄せられる人も多いので、嫌われるのは最初だけ。そういった嫌われる勇気を持ちながら、自分に自信を持ち、魅力を引き伸ばしていくように心がけましょう。

 

否定をすること

 仲が良くなればなるほどに、その人自身のことについて否定をしづらくなってくるでしょう。否定をすることによって関係が悪くなってしまったり、溝ができて嫌われ、以前のように戻れないなんてことも十分に可能性としてはあります。

しかし時に友人や恋人などが道を踏み外そうになったりした時に意見を言ったり否定をすることは大切になってきます。それで嫌われることはあるかもしれませんが、それで大切な存在を守ることにもつながりますし、否定をすることはその時自分しか出来ないことかもしれません。

好きな人に嫌われる勇気。これはとても辛いことであり、できればしたくないこと。しかし大切だからこそ時には自分の気持ちをぶつけることで相手を否定することも大切になってきます。大切な人が道を踏み外しそうになったら。その時に否定をすれば喧嘩になったり、嫌われてしまうこともあるでしょう。

それでも大切な人を守るために、嫌われる勇気を持って立ち向かわなければならないことはあるのです。

 

いかがでしたか?

嫌われる勇気というのはとても難しく、できれば持ちたくないもの。しかし嫌われる勇気を持ち、挑むことによって思いがけないものを得ることができたりするもので、案外自分が思っている以上に悪い結果にはならないことのほうが多いと言えます。

しかし場合によっては嫌われる勇気を持ってしても、嫌われて落胆することも。そんな時には気持ちを落ち着けて、ふと周りを見てみましょう。今まで気付かなかった優しさや存在に気付き、その人も嫌われる勇気を持ってあなたに接していたかもしれません。嫌われる勇気を持つことで、周りと本当の信頼関係を築いていってくださいね。

 

まとめ

 嫌われる勇気を持ってでもしなければいけない5つのこと

・嘘をつかないこと
・断ること
・自分の意見を持つこと
・自分に自信を持つこと
・否定をすること


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!