子供に対してイライラするのはなぜ?原因を解明して緩和させる6つの方法

子供に対してイライラするのはなぜ?原因を解明して緩和させる6つの方法

毎日毎日、イライラがみがみ、子供のことを思って、しつけや勉強などなど。イライラするのはなぜでしょうか?

イライラは健康上も良くありません、おだやかに子供も親もイライラせず過ごせるように原因を解明して緩和させる方法をまとめてみました。


スポンサーリンク


 

子供に対してイライラするのはなぜ?
原因を解明して緩和させる6つの方法

 

方法その1.イライラするのはどんな時ですか?人間がイライラしやすい時とは?

あなたがイライラする時はどんな時ですか?人間がイライラしやすい時とは、やはり満たされていないときが多いのです。空腹であったり、時間に追われていたり、やはり余裕がないことでちょっとしたことでイライラしてしまうのです。

また性格的に、白黒はっきりつけたい方や、何々すべきという口癖がある方、なにかとネガティブな思考になりやすい方などは、イライラしやすい傾向にあります。ご自分がイライラしやすい時があることを認識し、イライラしないように仕向けていきましょう。

 

方法その2.よその子と比べたりしていませんか?

イライラの原因の一つに比較があります。熱心な親御さんほど、イライラしてしまう、お友達の誰それは、もうこんなことはできてるのになんであなたはできないの?とか。こんなこともできないのか?

なにかと子供を比べることは、子供の自己を否定していることになり、ますます自信のない子供になってしまいます。幼少期はとくに親からの自己肯定が大切だといわれています。自己肯定とは、自分は必要とされている人間で、自分は自分でいいという、ありのままの自分を認めてもらうことで生まれます。

イライラせずに、他と比べず、子供自身をしっかり見つめて自己肯定をしっかりしてあげてください。自己肯定がしっかりされることで、子供の自信につながり、イライラすることもなくなってくることでしょう。

 

方法その3.それはイライラすることでしょうか?怒りのコントロールについて

怒りをコントロールすることというのはとても大切です。女性はホルモンのバランスなどでイライラすることもあり、性格だけでは言い切れない部分もあります。

イライラすることもやはり日常であるかと思います。とくに小さい子供さんの場合は過ごし時間も長く、ほとんどの事を親が面倒を見るのでイライラポイントは倍増することでしょう。イライラするのは仕方ない、あきらめてイライラと向きあってみましょう。

イライラと向き合ったら、今度は相手の事を少し思いやってみませんか?どうしてこの子は言ったことができないのか?なにか嫌な事があるのか?癇癪をおこすのはどうしてかな?

イライラするだけでは見えてこないこともきっとあるはず。子供もいつもイライラ怒っているから話せなかったこともあるかもしれません。いつもイライラするポイントの根本の原因がわかれば次からはイライラせずに過ごせそうですね。

スポンサーリンク

 

 方法その4.イライラした時は、気分転換してみましょう

どうにもイライラしてしまう時は気分転換してみましょう。時間がゆるせばパートナーに預けて子供と少し離れてみるのも良いでしょう。子供を預けたりすることが難しければ、早起きをしたり、子供のお昼寝の時間など、自分ひとり時間を設けてゆったり過ごすこともよいでしょう。

イライラしているときにすこし深呼吸をしてみるのもいいでしょう。新鮮な空気を深く吸うことで、少し冷静になりましょう。日頃からストレスをためているとイライラしやすくなりますので、疲れとストレスを溜めず、息抜きもしながら毎日を過ごしましょう。

 

方法その5.子育てのイライラはパートナーと協力して解消しましょう

 子育てを一人で行うというのは孤独でとても大変なことです。パートナーと喜びも苦しみも分かち合うことが大切です。子育てをメインで行うパートナーを精神的に支えることも大切です。自分ばかりが大変な思いをしている、余裕がなく追いつめられている、

イライラするとう悪循環に陥らないように、パートナーが相手の事を大切にいたわってあげることが大切です。事情により、パートナーが不在の方の場合は、家族や、親しい友人に辛い気持ちを打ち明けるのもよいでしょう。

 

方法その6.生まれたその日を思い出してみませんか?

 子供が生まれたその日を覚えていますか?日記などがあれば読み返してみるのもよいでしょう。わが子がこの世に誕生した瞬間。きっとどなたも、幸せな気持ちに包まれて、この子をしっかり育てていこう、

わが子が赤ちゃんだったころ、小さな手であなたの指をきゅっとにぎる感覚などを思い出してみましょう。辛いこともイライラする気持ちも抑えられることでしょう。

 

いかがでしたか?

どうしても自分自身に余裕が無いと子供に対してイライラする気持ちがでてきてしまいます。たまには自分に対してねぎらう気持ちを持つようにして、リラックス出来る時間を持つことをお勧めします。

 

まとめ

子供に対してイライラするのはなぜ?
原因を解明して緩和させる6つの方法

その1.イライラするのはどんな時ですか?人間がイライラしやすい時とは?
その2.よその子と比べたりしていませんか?
その3.それはイライラすることでしょうか?怒りのコントロールについて
その4.イライラした時は、気分転換してみましょう。
その5.子育てのイライラはパートナーと協力して解消しましょう。
その6.生まれたその日を思い出してみませんか?


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!