怖い心理テストをしてみたいと思う5つの心理

怖い心理テストをしてみたいと思う5つの心理怖い心理テストをやったことがありますか?怖いもの見たさ、という言葉があるように、私達の心理には、どうしても怖いものに興味を持ってしまう要素があります。心理テストは、その時の自分の精神状態や、心理環境を知るために、とても参考になるテストです。楽しい反面、あまりにも当たりすぎているとちょっと怖くなる事もありますよね。

色々な心理テストがありますので、今までに体験した事がある方は沢山いるでしょう。今回ご紹介するのは、その中でもとても気になる怖い心理テストについてです。なぜ怖い心理テストをやってみたいと思うのか、その不思議な心理について探ってみました。


スポンサーリンク


 

怖い心理テストをしてみたいと思う5つの心理

 

知らないことへの恐怖

 怖い心理テストには、怖いものに対して自分がどれほど恐怖を抱いているのかがわかります。そして怖いという対象になるものがどんなものであるにせよ、知らないでいることに対して恐怖を感じてしまうという心理があります。怖い心理テストをすることにより、自分が持っている恐怖心がどれほどあるのかが知ることが出来ます。

怖いけれど見てみたい、知ってみたいという心理は誰にでもありますよね。興味本位的なことではなく、知らないことの方がさらに恐怖を感じてしまうのです。怖い映画やホラー系の小説など、どうしても放っておく事ができません。そんな心の奥にある心理には、私達が気がつかない恐怖が存在している事も事実です。怖い心理テストはそれを克服するというメリットもあります。

 

刺激的なことへの興味

 怖い心理テストは、恐怖心を抱く事に関して、刺激として捕らえる真理があります。興奮状態になることや、怖いという気持になることでわくわくする要素がとても大きいのです。怖い心理テストをすることで、自分のそのときの心境もよく表れます。知らないうちに求めている刺激、それがとてもワクワクするような楽しい場合もあります。

しかし怖い心理テストをすることは、緊張感がともないスリルとして味わう事ができる為に、極度の刺激を求めている心理状態であることも特徴です。怖いけれど気になる心理テストの結果、それを知る時の興奮はなんともいえない快感としても感じる事が出来ます。単に怖いという気持の中には、複雑な心境も混ざっているのですね。

 

恐怖の克服

 怖い心理テストをやることで、少なからずも恐怖心を抱く事は自分が一番分かっています。その怖さを克服するためにも心理テストをやってみたい、という願望が生まれます。たとえば高所恐怖症の人がジェットコースターに乗る場合、高い所にいけば必ず恐怖を感じる事は自分でも認識しています。それでも怖いもの見たさ的な心理が働くのは、その恐怖を克服したいという願望が強くあるのです。

怖い心理テストも同様に、怖がりな自分を治す為にも恐怖に直面してみよう、という心理が働きます。食わず嫌いのように、自分の勝手な判断で決めてしまう事がたくさんありますが、体験してみるとそれほど心配する事ではない安心感が生まれる事も特徴ですね。

スポンサーリンク

自分の霊感について

 怖い心理テストをすることで、誰でも気になる霊感について診断できるものがあります。今までに体験した怖い経験や不思議な思い出など、もしかしたら自分には霊感があるのかもしれない、そんな事を思ったことがありませんか?色々な体験を経験する事で、霊感があるのかどうか自分でも認識する事が出来ますが、怖い心理テストでは、自分の精神状態も判断できる為に、霊に対してどれほど自分が敏感になっているのかが分かります。

霊感は特別な能力として、誰にでもあるものではありません。怖い心理テストをすることで、今まで知らなかった自分のスキルを見つけることもできるのです。このような特別な能力は、なかなか気がつく機会がないために、心理テストはとても効果的に診断する事ができます。

 

防衛本能が働くこと

 怖いと感じる時は、その原因から自分の身を守ろうとする防衛本能が働きます。怖い心理テストをやってみたい、という心理状況の中ではその防衛本能を働かせたい、という願望があることもあります。自分の強さを知る為に、そして更に防衛能力を向上させる為に、怖い心理テストで自分を試す事ができるのです。

恐怖心を抱く事は、怖いと思うものに直面して慣れていくことが一番の解決策です。そのためには自分の防衛本能をさらに磨き、怖いものにも対決できる精神の強さを養う事が重要なのです。心理テストは、その人の性格や心理状況を知る為に、とても効果的に使われます。楽しい反面、自分では気がつかなかった一面を発見する事もありますので、結果をどうとらえるかはその人次第ですね。

 

いかがでしたか?

怖い心理テストをすることは、自分の知らない一面を知るためにもよいチャンスです。怖いと思うものは誰にでもあるため、決して心配をすることではありません。しかし恐怖を克服するのは自分の努力です。怖い心理テストをしてみると、意外な結果が出るかもしれません。その診断をもとに、自分の恐怖を克服する材料として、参考にしてみましょう。

楽しい心理テストも、その内容によってとても深刻なテーマとなる場合もあります。気になる事があるときは、心理テストをぜひ活用してみましょう。

 

まとめ

 怖い心理テストをしてみたいと思う5つの心理

・知らないことへの恐怖
・刺激的なことへの興味
・恐怖の克服
・自分の霊感について
・防衛本能が働く事


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!