まぶたがパンパンな女子必見!目のむくみの意外な7つの原因

まぶたがパンパンな女子必見!目のむくみの意外な7つの原因

朝起きて、目がむくんでいると、なんだかテンションはさがり、やる気がなくなったりしませんか?顔のどこかに変化が起こると気になってしまうのが女子の特徴です。

目の周りの皮膚はとても薄く、体の不調が現れる場所です。目がむくんでから、前日の生活を反省しても遅いのです。生活習慣からのむくみや、意外な原因が絡んだむくみまで、みてみましょう。あなたが悩まされる事も減るかもしれませんよ。


スポンサーリンク


 

まぶたがパンパンな女子必見!
目のむくみの意外な7つの原因

 

1.睡眠不足に注意しましょう

毎日の睡眠不足は体に疲れを蓄積させ、目のむくみのトラブルを生み出します。せっかくの二重が一重になってしまうと、がっかりしてしまいます。一重や奥二重の人は、目が小さくなってしまい、印象がかわってしまいます。快適で質のよい睡眠は美容のみならず、体や心にも必要不可欠なものです。

睡眠をしっかりとらないと、疲れはたまり、代謝が鈍り、水分のコントロールが狂い、目のむくみだけでなく顔そのものがむくみ、顔が大きく見えてしまうのです。むくみのないスッキリした顔を維持するためにも、毎日の睡眠時間を確保しましょう。

 

2.お肌に水分をしっかり与えましょう

お肌の水分量が不足すると、目のむくみが引き起こされる場合があります。目の周りは乾燥しやすく、冬場は通常のお手入れよりもされに念入りに保湿しなければいけません。保湿性の高い化粧品や、部屋を加湿する事で防ぐ事もできます。そして、美容液やクリームなどでお肌にビタミンを入れてあげる事が重要です。お肌に水分を蓄えるコラーゲンを生成し、ぷるぷるなお肌へと導いてくれます。

 

3.水分補給をしっかりしましょう

顔や目のむくみは水分不足で起こる事があります。流れて行く水分が足りずに、余分な水分がまぶたに溜まってしまっているのです。目もとは代謝が悪いと、皮膚が弱いので一番に影響がでます。むくみを恐れて水分を減らすのではなく、体の水分を充分に満たす事でむくみを減らす事ができるのです。一度にガブガブと飲むのではなく、少しずつ水分補給しましょう。

 

4.まぶたをこする癖やアレルギーに注意しましょう

目をこする癖がある人はすぐにやめましょう。アレルギーであれば、目薬や飲み薬での対処をかんがえましょう。目の周りの皮膚は薄く、目をこするとむくみやすくなる事はもちろん、目の表面に傷が入り、感染症にかかりやすくなってしまいます。さらに、視力低下、メラニン色素の沈着によりクマもできやすくなります。花粉症の人は特に、無意識でこすっていたりするので、花粉を目に入らなくするメガネなどをオススメします。泣いた時もこすってはいけません。女優のように泣いて、目のむくみを防止しましょう。

スポンサーリンク

5.塩分・お酒に注意しましょう

ラーメンやスナック菓子など、塩分の取りすぎは目のむくみを引き起こします。体は塩分濃度を調節するために、水分を体にため込み、水分の排出を抑えます。そのため体はむくんでしまうのです。塩分が多い食事をとった場合は、カリウムを取りましょう。カリウムには塩分を排出する作用があるのです。バナナ、キウイ、キノコ、ほうれん草、トマト、大豆などで調節しましょう。

お酒はアルコールの利尿作用により水分不足になり、目がむくんでしまいます。体の中に不足する水分を補う事で代謝をよくし、むくみを防ぎます。二日酔いや、悪酔いも防ぐことができます。お酒を楽しむためにも、この対策はとても役に立ちますよ。

 

6.自分にあう枕を使いましょう

日頃の生活や体調に関係なく、目のむくみがある人は枕に原因があるかもしれません。高い、低い、柔い、硬い、人により好みはそれぞれですが、枕選びは睡眠の質の低下、むくみの原因になります。首の血管を圧迫せず、適度な高さが理想です。首の血管を圧迫してしまうと顔に老廃物がたまります。そして、仰向けに寝て心地いいと感じる事が重要です。うつ伏せで寝る癖がある人は、顔の骨格や体をゆがませてしまう原因となります。体に負担を与えず、ゆったりと夢の中へ入れる理想な枕をみつけましょう。

 

7.運動不足に注意しましょう

むくみのみならず、体と心の健康において運動はしたほうがいいのです。女性は筋肉量がすくないため冷えやすく、ホルモンのバランスにより、むくみやすい体をしています。体の代謝をあげ、血行をよくするためにも意識的に運動を行いましょう。お風呂上りのストレッチや、筋トレも体の血行をよくするには有効です。目のむくみはいずれ「たるみ」になり、顔を老けた印象にしてしまいます。自分の顔の老化をふせぐためにも、気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

目のむくみは起きてからの数時間で解消する事が可能です。落ち込まずに、蒸しタオルと保冷剤を交互に当てる方法やリンパマッサージで改善しましょう。そして、むくみやすい原因を知ることで、対策は打てます。大切な人と会う、面接や写真撮影があるなど、重要な日はむくまないように気を付けましょうね。

 

まとめ

まぶたがパンパンな女子必見!
目のむくみの意外な7つの原因

1.睡眠不足に注意しましょう
2.お肌に水分をしっかり与えましょう
3.水分補給をしっかりしましょ
4.まぶたをこする癖やアレルギーに注意しましょう
5.塩分・お酒に注意しましょう
6.自分にあう枕を使いましょう
7.運動不足に注意しましょう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!