目をそらすのはなぜ?考えられる5つの心理

目をそらすのはなぜ?考えられる5つの心理(目をそらす 心理)そらされた側にとってはあ相手と目が合った瞬間、ふと目をそらす、逆に目をそらされてしまう、そんな経験はありませんか?

あまり気分のいいものではありませんが、目をそらすという行動は必ずしも嫌悪感から起きているというわけではなく、無意識のうちに自然と目をそらしてしまう、何かしらの心理的要因が働いているからなのです。

この心理的要因には様々なパターンが考えられます。その中でも特に視線に現れやすいものを5つピックアップしてみましょう。


スポンサーリンク


 

 目をそらすのはなぜ?考えられる5つの心理

 

照れ隠しの心理

目をそらす心理として考えられるものに照れ隠しがあります。特に女性に多いパターンです。意中の人を見かけた時に、こっそりと眺めてしまう。しかし、視線があった瞬間にスッと目をそらしてしまうのです。恋心を抱いたことがある女性ならば、おそらく通ってきている道です。男性でも恥ずかしがり屋ならば目をそらすでしょうが、たいていは目線があったことが嬉しくて、そのまま見続けています。この辺りは男女間で心理の違いが出ていて、なかなか面白いポイントですね。

ただし、この心理の差が、勘違い男子を生み出すことにもつながります。「目が合った、ずっと目をそらさずにいてくれる、これは自分に気があるに違いない。」非常に残念な解釈です。女性は気がある男子に見つめられたら恥ずかしくて目をそらすのですから、「何でこっちを見ているの?」というぐらいにしか感じていないということです。男子の皆さん、思い当たるフシはありませんか?

 

逃げ出したい心理

初対面の人と会う時は、誰しも緊張するものです。それでも会わないわけにはいきません。この時に抱えている緊張感をどうにかしたい、逃げたいけど逃げられない。その心理が目をそらすという行動として現れます。

人は逃げ出したいという心理によって、その対象物を凝視できなくなってしまう傾向があります。ですから初対面の相手が目をそらした場合、自分そのものを嫌っているからというわけではなく、単に不安感を拭い去りたいだけかもしれないという意識を持てれば、不愉快な気分にならずに済むのです。

 

間合いをはかる心理

仲の良い気心しれた相手であればともかく、普段はそんなに接する機会のない人とは目を合わさないようにしているはずです。例えば満員電車などで見知らぬ人と顔が近づいても、目線を合わすことはまずありません。もし目線が合ったままならば、何か特別な事態が起きていると考えてよいでしょう。

これは、パーソナルスペースを保ちたいという人間の心理から起きることで、自分が安心感を保てる距離よりも近いところに他人が踏み入ってくると、気詰まりしたり不快感を覚えたりします。その最初の行動が目をそらすことなのです。

先ほど触れた満員電車が不快に感じるのは、単に体が窮屈で疲れるという以外に、このような心理作用が働いているからです。

スポンサーリンク

嘘をつく心理

人間とは正直なもので、嘘をつく時にはなかなか相手の目を見てモノが言えなくなるものです。どうしても目をそらすので嘘がバレやすくなるわけですが、視線のそらし方で最初から嘘をつくつもりなのか、誠意を持って正直に話そうとしているのか、その心理が見え隠れしています。

人間の持つ左脳と右脳の働きの違いがもたらすのですが、視線が右上にそれている時は、右脳で物事を考えていることが多いです。右脳は想像力が働いていますので、どういう嘘をつこうか悩んでいると考えてよいでしょう。逆に左上にそれている時は、論理的に考える左脳が働いていますので、記憶を呼び起こして正直に話そうとしていると考えてよいです。

同じように目をそらす行動であっても、視線の先で心理状態が全く異なるケースがあるということを覚えておいてください。

 

嫌悪の心理

必ずしも嫌悪感から目をそらすわけではないということを冒頭でもお話しましたが、あくまで「必ずしも」です。つまり嫌悪感から目をそらすケースも当然存在します。例えば、二人で真向かいに座ったとしましょう。この時に視線をそらされただけでは、緊張なのか照れなのか、それとも嫌悪なのかは簡単に判断できません。

ただ、視線だけではなく相手の体の向きに気を付けてみてください。体が自分に対して正対していない、横向きになっているようであればそれは嫌悪感があると考えられます。逆に体が正対しているようであれば、コミュニケーションが上手く取れないだけ。視線と合わせてチェックしておくようにしましょう。

 

いかがでしたか?

単純に目をそらすという行動にも、このような心理要因が隠されていることはお分かりいただけたでしょうか。無論この行動パターンに個人の性格が加味されますので、一概に相手の心理状態を決めつけることは危険ですが、ある程度の判断はできるはずです。

忘れてはいけないことを最後に一つだけお伝えしておきます。それは、相手も自分の視線から心理状態を探っているかもしれないということです。自分が目をそらすことが多いかどうか、ぜひ意識してみてください。

 

まとめ

 目をそらすのはなぜ?考えられる5つの心理

・照れ隠しの心理
・逃げ出したい心理
・間合いをはかる心理
・嘘をつく心理
・嫌悪の心理


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!