耳栓をして睡眠をする時の5つのポイント

耳栓をして睡眠をする時の5つのポイント

うるさいところでは耳栓をしないと眠ることができない、という人がいます。耳栓いいよと勧められて調べてみるといろいろなメリットがあるということがわかってきました。

今回は睡眠時に耳栓を使うメリットや知っておくと便利なことについてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

耳栓をして睡眠をする時の5つのポイント

 

耳栓の種類を理解する

 耳栓を使ったことがある人はご存知だと思いますが、一口に耳栓といってもいくつか種類があります。1つはスポンジで出来た比較的ノーマルなタイプ。他にはヒダがついて取れにくくなっているものや、自由に整形できるシリコンでできたタイプ等があります。

インターネットではどのタイプがいいという情報も見つけることができますが、注意事項としては実際の付け心地については個人差が大きいので案外人のいうことはアテになりません。

要は実際につけてみたほうがいいということです。製品の性質上、購入前に試すことは難しいかもしれませんができるだけ自分に合うものを見つける努力をすることは大事です。

 

耳栓の特性を理解する

 いくつかの耳栓を試してみるとわかりますが、耳栓の性能にも違いがあります。耳栓の機能としては単純に考えれば耳から入ってくる音を遮断することにあるといえますが、実際には遮断するレベルに違いがあります。

違いの中には音をどれだけ遮るかということもありますし、どのあたりの周波数の音を遮るかというところにも違いがあります。例えばイビキの音は125ヘルツ程度ですし、一般的な人の話し声は500ヘルツくらいと言われています。

自分の使う環境や状況によってはある種類の耳栓は全く効果がないということもありえますので、選ぶ際には注意する必要があります。製品によってはどの周波数をどのくらい遮断するかを減衰値として表記しているものがありますので、購入の際には参考にするといいでしょう。

 

耳栓の汚れに注意する

 耳栓を複数の人で利用するということはまずないと思いますが、それでも耳栓の清潔さについては注意する必要があります。言うまでもないですが使用することで耳栓に雑菌がつくことがあります。

スポンジタイプのように洗浄すれば何回も使えるタイプもありますが、シリコンは何回も使ううちに遮音性も落ちてきますし見た目の汚れもかなり気になってきます。

どのあたりで交換するかという判断は難しいですが、いずれのタイプにしても何回か使ったら新しいものと交換するくらいの気持ちでいたほうが無難だと思います。

粘って使い続けて耳に雑菌が入って炎症を起こしたり、中耳炎などの疾患になっても大変ですしね。繰り返し使用する際には使い続けることによるリスクを十分考慮に入れた上で使用上の注意点などをチェックして安全に使うということが大切です。

スポンサーリンク

アイマスクとの併用で睡眠の質を上げる

 前述のように私はもともと寝つきのいい方で睡眠時に耳栓を使うこともあまりなかったのですが、実際に使ってみるとやはり耳栓があったほうが眠りの入りがよくなることがわかりました。前にも増して眠りに落ちるまでの時間が短くなったような気がします。加えてアイマスクを使うとさらに効果が倍増します。

自分の中ではっきりと自覚できているわけではないですが、アイマスクと耳栓を使うことでよく眠れるし、次の日の朝がすごく楽になる気がします。ただ注意しないといけないのは、朝起きるのが苦手な人は目覚まし時計の音が聞きにくくなるというところでしょうか。

ですので最初は次の日が休みで仮に寝過ごしても大丈夫な日を試験日にすることがオススメですが、慣れると耳栓とアイマスクは睡眠の質の向上のために手放せないアイテムになってきます。

 

耳栓をして眠ることで休まるのは体だけではない

 耳栓をして睡眠をすることで寝入るまでの時間が短くなりまた睡眠も深くなるわけですが、効果はそれだけではありません。見方を変えればいわば深く眠ることによって得られる二次的効果とも言えるわけですが、耳栓をすることで耳からの外界の刺激をシャットアウトすることになります。

外界からの刺激がなくなると私たちの脳は刺激に対する反応を起こさなくてもよくなり、その結果、脳も休むことができることになります。耳栓をして(更にはアイマスクをして)寝た次の日に清々しい気分で起きられるのもこの辺りに理由があります。日常的なストレス以前に五感を通じて様々な情報を日中受けているということ自体が私たちの体にとってストレスになっているということですね。

 

いかがでしたか?

毎日のことでなんとなく今まで通りで済ませてしまう睡眠ですが、耳栓というアイテムを使うことでこれまでより良質な眠りをもたらしてくれるようになるかもしれません。

なんか寝ても疲れが取れないんだよなあ、という人には是非一度試してみることをお勧めします。その際にはくれぐれも熟睡しすぎて寝過ごさないように起きる方の対策もお忘れなく!

 

まとめ

 耳栓をして睡眠をする時の5つのポイント

・耳栓の種類を理解する
・耳栓の特性を理解する
・耳栓の汚れに注意する
・アイマスクとの併用で睡眠の質を上げる
・耳栓をして眠ることで休まるのは体だけではない


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!