きつい女性と言われた時の今後の対処法5つ

きつい女性と言われた時の今後の対処法5つきつい女性だと言われるとショックですよね。自分ではそんなつもりはないのに、きつい女性だと思われたり、実際に言われたりするのはなかなか精神的にくるものがあります。

しかし自らきつい女性である、と自覚している人も中にはいるでしょう。きつい女性というのは褒め言葉とは言えませんし、それだけ近寄りがたい、付き合いづらい、もしくは嫌いである苦手であると思われている可能性が高いと言えます。そうなると人間関係に大きく支障をきたしてしまうため、直したい、どうにかして対処をしていきたいと思うものですよね。

そこで今回はきつい女性と言われた時の対処法を5つ紹介していこうと思います。きつい女性と言われてしまった、そんな時は今後どうすれば良いのでしょうか。また自分自身できつい女性だと自覚がある人も、その性格やイメージを直すための対処法を知りたいですよね。今回はそんなきつい女性と言われた人、または自ら自覚がある人に向けて、きつい女性から卒業するための対処法を紹介していきますね。


 

スポンサーリンク


  

きつい女性と言われた時の今後の対処法5つ

  

笑顔を心掛ける

 きつい女性と言われてしまう理由の一つには、表情が乏しい、きつい表情をしている、というものがあります。良く言えばクールな女性として見られることもありますが、言動もクールだと、人によってはきつい女性だと思われてしまう場合もあるのです。

そこで言動が自分でも優しくないと感じる、どこか業務的、義務的な物言いになってしまうという人は、とりあえず笑顔を心掛けてみましょう。これは普段怒りっぽい人もきつい女性だと思われることも多いので、まずは笑顔をとにかく最優先にしてみると、自身をとりまく雰囲気が柔らかいものになっていき、きつい女性と思われることも減ってくるはずです。

  

話すスピードの速度を少し落としてみる

 話すスピードが速い人って、きついというイメージを持たれやすい傾向にあります。自分ではそのつもりはなかったとしても、話すスピードが速いと相手をまくし立てているような雰囲気が出てしまうので、きつい女性と見られてしまうというわけですね。

そこで話すスピードに気を付けてみてください。話すスピードを少しゆっくりにするだけでも、かなり雰囲気は変わります。実際、口調が穏やかな人というのは話すスピードもゆっくりで、落ち着いていますよね。優しい人、落ち着いた人、そう思われることも多いでしょう。そういった人たちの特徴でもあるので、きつい女性だと言われ、思われている人は、自分の話すスピードについて考えてみてください。 

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」を柔らかく言う

 きつい女性は周りから感情がなさそう、血の色が緑なのでは?と思われていることもあります。そんなつもりがないのにそう思われる、というのは心外ですし、結構精神的にきつい状態になりますよね。

では、一つ思い出してみてください。ありがとう、ごめんなさいをどのように言っているでしょうか?ありがとうやごめんなさいは、感情がこもっていないとどうしても無機質で、冷たい、上辺だけの言葉だと思われてしまいます。冷たく言い放つような、なんとなく言われるありがとうやごめんなさいは、受け手としての立場としては何も嬉しくありませんし、虚しい、または腹が立つという場合もあるでしょう。

まずはありがとうやごめんなさいを柔らかく言うことを意識してみてください。きつい女性が優しい女性になりますし、今まできつい女性だと思われていた分、ギャップを感じられて、一気にイメージアップに繋がると思いますよ。

  

スポンサーリンク

まずは相手を肯定、それからアドバイスをしてみる

 きつい女性の特徴には、相手の意見をとにかく否定しまくる、というものがあります。これはきつい女性が自分の意見に自信を持っていたりプライドが高いということの他に、正論を言ってしまうという傾向にあるからですね。

しかし人は否定をされればされるほど、自信喪失をしてしまう生き物です。自分ではもうダメかもしれないと思うこともあるでしょうし、この人と話すのは少し怖い…と思われてしまうと、きつい女性としてのイメージがさらにアップしてしまいますよね。日頃の自身の言動を振り返ってみて、相手を無意識のうちに否定をしていないか思い出してみましょう。

そこで、まずは相手の意見を肯定することから始めてみましょう。相手の意見や考えというものは、相手が一生懸命に考えたものや価値観の塊でもあります。それを否定するのはその人自身を否定してしまうことになるので、まずは相手の意見を肯定、または「なるほど、そういう考えもあるよね」と意見を認めてあげてください。そこから出来るだけ優しく、自分の考えや意見、必要なことを伝えてあげると、スムーズにコミュニケーションを取ることが出来るはずです。

 

正論を言うタイミング、言わないタイミングを見極める

 正論を言う、きつい女性のイメージの一つです。男性からもきつい女性だと思われている場合には、正論を言い過ぎているということが原因かもしれないので、正論を言うタイミングについて考えてみましょう。

正論を言う、これは悪いことではありません。正論を言ったほうが効率的であり、正しくスケジュールを進めることも出来ますよね。しかし人はそんなに強いものではなく、自分の考えの間違いを認めるのはプライドや性格が許さないというものがあったり、自信喪失に繋がってしまう恐れもあるのです。そのため正論を言う、というのは正解ではあるものの、時には効率を落としてしまう、人間関係を悪化させてしまう可能性もあるというわけですね。

そこで正論を言うタイミング、またはあえて正論を言わないタイミングを見極めていきましょう。今は正論を言うタイミングじゃない、もしかしたら正論は言わないほうがいいかもしれない…落ち着いて空気を読んだり、相手の性格や表情、意見の内容を考えてみると、タイミングの見極めもそこまで難しくなく、徐々にコツを掴んでいけると思いますよ。

  

いかがでしたか?

きつい女性と言われた時の今後の対処法を紹介してきました。きつい女性と言われたとしたら、少なからずショックですし、人が自分から離れていくような感じがして虚しい気持ちにもなりますよね。間違ってはいけないのが、きつい女性である自分を否定してはいけないということ。きつい女性、好きで自分でそうなっているわけではありませんよね。周りからの評価が必ずしも自分が思い描いている自分と一緒とは限りません。

イメージは変えることが出来るものです。もしきつい女性と言われたことに対して悩んでいたり、どうにかしたい、そう思った時には今回紹介した5つの対処法を是非試してみてください。きっと少しずつでも、きつい女性というイメージが変わってくるはずですよ。

 

 まとめ

 きつい女性と言われた時の今後の対処法5つ

・笑顔を心掛ける
・話すスピードの速度を少し落としてみる
・ありがとう、ごめんなさい、を柔らかく言う
・まずは相手を肯定、それからアドバイスをしてみる
・正論を言うタイミング、言わないタイミングを見極める


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!