猫が便秘をしないように気を付ける5つのポイント

猫が便秘をしないように気を付ける5つのポイント

猫も便秘をしてしまう事ご存知でしたか?可愛い猫ちゃんも実は毎日きちんと注意をしないと、体調を崩している事があります。室内でほとんどの時間を過ごす猫には、その飼い方にもいくつかポイントがあります。いつまでも可愛く元気でいるためには、飼い主のしっかりしたケアが必要になります。

大切な家族の一員として、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。特に辛い便秘の症状には、予防と改善が重要です。私人間も便秘は病気の原因となります。もちろん猫も同様です。そのために気をつけるポイントを5つご紹介しますので、参考にしてください。


スポンサーリンク


 

 猫が便秘をしないように気を付ける5つのポイント

 

食物繊維を摂取させる

猫の便秘の原因や症状は私人間ととても似ています。猫は一日に2回ほどお痛じがあるのですが、食べる量により1日置きになる猫もいます。まずは猫のトイレのスケジュールをよく把握しましょう。便秘の原因になるのは、食物繊維が足りない事が考えられます。その場合は、シニア猫用の餌をあげると良いでしょう。シニア用には消化の良い材料や、野菜、食物繊維が豊富に含まれています。

自分で手作りの餌をあげる場合には、野菜を細かくしたものや、ミキサーで砕いたものなどを与えると良いですね。猫が便秘をすると、お腹が張れたようになる場合もあります。痛みや不快感が続くので、機嫌も悪くなってしまいます。

 

トイレの場所を変える

 猫の便秘原因には、トイレの環境が変わることも理由の一つです。新しいトイレに変えたときや、室内の環境が変わったり、周辺の音など、とても敏感で繊細な猫には、トイレの環境が変わることはリスクとなってしまいます。そのためには、トイレを元の位置に戻す事や、なるべくトイレ周辺の環境を変えない事が好ましいですね。

中にはいつも使っているトイレが汚れていると、使いたくなくなる潔癖症の猫もいます。綺麗に掃除をしてあげる事や、環境に変化がある場合には安心してトイレを使えるように工夫してあげましょう。ぺっトホテルに預けると便秘をしてしまう猫も沢山いますよ。

 

運動不足にならないようにする

猫の便秘には人間と同様に運動不足が大きな原因となります。家の中でほとんどの時間を過ごす猫にとっては、十分な運動量がありません。ほとんど寝てすごしてしまう猫は更に運動量も少なくなってしまいます。胃腸の働きを活発にする為には、運動量を増やす事が必要です。大好きなおもちゃで遊んであげる事は、可愛い猫とのスキンシップとしても大切ですよね。

猫のおもちゃやタワーなど、室内でも十分に活動ができるように工夫をしましょう。ケージがある場合には、屋外において日向ぼっこさせてあげることも良い方法ですね。退屈な家の中だけでなく、外の風景も見せてあげると興奮して便秘も改善されますよ。

スポンサーリンク

ブラッシングをする

猫の便秘を改善するためには、ブラッシングをすることが重要になります。特に毛の長い猫の場合には、毛玉を飲みやすくなる為に、これが原因となって便秘をするケースがよくあります。短毛の猫でも毛玉を飲むことはよくありますので、ブラッシングが便秘の予防にはとても大切になります。

ブラッシングをすることで、お腹のマッサージにもなりますし胃腸活動を活発に刺激する事も出来ます。便秘をしているときには、特に注意をしてブラッシングをしましょう。そして室内に落ちている毛も綺麗に清掃しておくと、毛玉を飲み込むリスクも減ります。毛の抜ける時期は特に大変ですがしっかりケアをしてあげましょう。

 

下剤を飲ませる

猫の便秘がなかなか治らないときには、市販の猫専用の下剤を飲ませてみましょう。人間の下剤と同様に、繰り返し使うことは体に負担となりますので、効果がないときには獣医さんに見せる事が必要になります。

猫の便の状態は、健康を知るためにも大切です。いつもと違う便をするときには注意が必要です。便秘をすることや下痢をすることは、体調不調が疑われます。解決できないときには、専門家に見てもらう必要もありますね。市販の下剤やサプリメントなどは一時的な解決方法です。根本的な原因を解決する事も大切になりますので、毎日の健康状態はしっかり把握してあげましょう。

 

いかがでしたか?

猫の便秘は慢性化する場合もあります。毎日の食事の内容やストレスなどはとても影響しています。便の色や匂いなども注意して調べましょう。便秘が続くとお腹の痛みとなり、辛い思いをしてしまいます。それはまったく人間と同じなのです。

猫はとても神経質な為に、些細な事が便秘の原因となる場合もあります。便秘が続いてしまうときには、胃腸の病気も疑われますので早めに獣医さんに見せる事が必要です。

大切なペットは家族の一員ですから、健康管理も飼い主の責任です。細かい変化を見逃さないように、毎日大切にケアをしてあげましょうね。

 

まとめ

猫が便秘をしないように気を付ける5つのポイント

・食物繊維を摂取させる
・トイレの場所を変える
・運動不足にならないようにする 
・ブラッシングをする
・下剤を飲ませる 


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!