寝る前に食べることがあまり良くないと言われる5つの理由

寝る前に食べることがあまり良くないと言われる5つの理由

寝る前に食べることがあまりよくないと言われていますが、なんとなくいけないということは、多くの方は分かっていてもどうしていけないか、どんな影響があるか詳しく調べてまとめてみました。


スポンサーリンク


 

寝る前に食べることが
あまり良くないと言われる5つの理由

 

その1.睡眠を妨げることがあるため

 人は体温が上昇しているとなかなか寝付くことができません。熱いお風呂に入った後や、夜運動をしてしまったりすると、なかなか寝られないのと同じで、夜寝る前に食べることで体温が上昇し、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

夜寝るときには、体温が下がることが重要なのです。人間の体内では、深部体温が下がることで眠気が訪れ、入眠していきます。しかし、夜、寝る前になにかを食べることで、食べ物が体内に入ると消化のために内臓の温度が上昇し、深部体温が上昇するため、眠気が訪れにくくなってしまうのです。

眠気を妨げることはさまざまな悪影響を及ぼします。睡眠不足により日中の活動能力の低下や、自律神経のバランスも崩れやすくなってしまうのです。寝る前に食べることが避けることができる場合は、すみやかに改善することが健康でイキイキとした毎日を送るために必要です。

 

 その2.太りやすくなるという理由のため

 寝る前に食べることは太りやすくなるとよく言われておりますが、なぜなのでしょうか?寝る前に食べてしまうことで、消費されるカロリーとうのは朝食時や昼食時に比べて、寝ているだけなので格段に下がっていること、また夜の間は脂肪をため込みやすいことなどが関係しています。

夕食は、1日の最後で仕事などの都合で寝る前にカロリーの高いものを食べる傾向にある場合は、肥満以外にも生活習慣病にも要注意なのです。特に外食やアルコールとともに寝る間にカロリーの高いものを食べている方は、すぐに改善をおすすめします。

夜食も同じ理由でおすすめしません。お酒を飲んだ後のラーメンなどはとっても美味しいですが、じつは、昼に食べるラーメンと、夜寝る前に食べるラーメンでは、同じカロリーのはずでも、体に蓄積される脂肪の量がまったく違ってくるのです。

 

その3.消化不良をおこすため

 寝る前に食べた後、眠った場合どんなことがおこるのでしょうか?まず、眠りにくくなりますが、眠ってしまった場合は、血圧や血流は下がり、胃腸などの消化にまわる血液もすくなくなってしまうのです。

このため、食べ物がしっかり消化されず、消化不良となってしまいます。消化不良は便秘や下痢の原因なるほかに、逆流性食道炎の原因にもなってしまうといわれているのです。

寝る前に満腹になるまで食べると眠くなるという方もいますが、じつは満腹になって眠ることは消化不良を起こす原因となり、さまざまな胃腸のトラブルをおこしてしまうのです。

スポンサーリンク

その4.寝る前に食べることで、肌荒れにも関係が?!

 寝る前に食べることでなんと肌にも悪影響があると言われているのです。前述した、睡眠の妨げ、消化不良にも関係してくるのですが、美肌によいとされる成長ホルモンはPM10時ごろからAM2時ごろのシンデレラタイムと呼ばれる時間帯に深い睡眠状態にあることで、分泌されるといわれています。この成長ホルモンは若返りホルモンと呼ばれるほど、美肌にはとっても大切だといわれいるのです。

睡眠を妨げてしまうことで、美肌によい成長ホルモンのでる時間帯に深く眠れておらず、肌に悪影響があると考えられます。また、消化不良を起こし、便秘や下痢など腸内のバランスが崩れることも肌に悪影響があるのです。

 

その5.寝る前にどうしても食事を摂る場合に注意をすること

 仕事など、どうしても寝る前に食事を摂らなくてはいけない方も中にはいらっしゃることでしょう。そういった場合は、たくさんの量を食べないように気を付けたり、お腹に優しいものや睡眠の妨げにならないもの、カロリーの低いものなどに気を付けるようにしましょう。

また、睡眠におすすめの成分トリプトファンは、じつは朝食に摂っておくと良いといわれており、朝食のメニューもあわせて改善することもおすすめです。

 

いかがでしたか?

朝食に睡眠に良いとされる、トリプトファンが豊富な、大豆の納豆や味噌・牛乳、チーズ、ヨーグルト・ナッツ類・たまご・魚・肉・バナナなどを摂るとよいでしょう。

また夕食は、お腹にやさしくカロリー低めなメニュー、おかゆや、うどんなど、芋、豆類。冷たいものよりも温かい食べ物が良いでしょう。

脂っこいものはさけて、薄味の和食系のメニューがおすすめです。肉や魚を食べる場合は、脂身などが少ないものを量を少な目にして食べることがおすすめです。

 

 まとめ

寝る前に食べることがあまり良くないと言われる5つの理由

その1.睡眠を妨げることがあるため
その2.太りやすくなるという理由のため
その3.消化不良をおこすため
その4.寝る前に食べることで、肌荒れにも関係が?!
その5.寝る前にどうしても食事を摂る場合に注意をすること


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!