新生児の睡眠時間について知っておきたい5つのこと

新生児の睡眠時間について知っておきたい5つのこと新生児の睡眠時間はとても長いですよね。生まれたばかりの赤ちゃんが寝ている姿はとても微笑ましい光景です。一日中寝ているようにも思える新生児の睡眠時間、一人ひとり長さは異なります。はじめてママになった方は睡眠時間の長さが不安になることがありませんか?十分に寝ているか、もしくは寝過ぎではないのか、色々な不安があると思います。

そこで育児の基本でもある新生児の睡眠時間について、基本的な知識をまずは理解してみましょう。元気にすくすく育つには毎日の睡眠はとても大切です。早速ですが新生児の睡眠時間について5つのポイントをご紹介します。


 

スポンサードリンク


 

新生児の睡眠時間について知っておきたい5つのこと

 

起きやすい 

 新生児の睡眠時間は初めてのママにとってはとても神経質になるものです。ほかの子と比べるときちんと睡眠時間がとれているかどうか不安になりますよね。新生児の睡眠時間の特徴としては、月齢が0か月の場合は眠りが浅くてすぐに起きてしまう特徴があります。夜も何度も目を覚ましておむつ交換や授乳をしないと眠らない赤ちゃんはたくさんいますよね。

新生児の睡眠時間の半分以上は浅い眠りのレム睡眠とも言われています。そのため、寝てもすぐ起きてしまう赤ちゃんはごく普通の事なのです。あまり心配になると、ママのストレスも溜まってしまいますので、赤ちゃんの体調が良ければ無理に寝かしつける必要はありません。

 

平均睡眠時間 

 では新生児の睡眠時間は平均的にはどれぐらいあるのでしょうか。一日を通して睡眠は3時間程度のものを繰り返している状態です。月齢が1か月までは平均睡眠時間が18時間程度、そして半年ぐらいになると14時間と減ってくる傾向があります。1歳になると睡眠時間は13時間程度になりほぼ毎日安定しています。

新生児の睡眠時間は大人のように長時間続きしませんので、育児で忙しいママにとっては3,4時間の睡眠時間の間に色々な家事をこなさないといけませんね。おむつ替え、授乳など始めはとても忙しいと思いますが、成長とともに睡眠パターンも落ち着いてきますのでご心配なく。

 

それぞれ違うリズムがある 

 新生児の睡眠時間は一般的な目安の平均時間はありますが、必ずみんな同じではありません。他の赤ちゃんよりも寝ない場合やずっと寝ている赤ちゃん。夜も目を覚まさない赤ちゃんもいます。一人ひとり異なりますので、平均的な時間と多少違いがあっても問題はありません。

月齢が4か月頃になると、昼間に起きている時間が長くなりますので夜もぐっすり眠りやすくなります。成長とともに体の動きを活発にして、日中のお散歩や運動を行うとよいでしょう。また睡眠時間はそれぞれの体質に合わせてリズムを作ることが大切な為、赤ちゃんが健康であれば無理に昼寝をさせたりする必要もありません。

 

スポンサードリンク

寝ない時はどうする? 

 ぐずってずっと赤ちゃんが泣いていると、どうしていいかわからない時がありますよね。おむつも替えて、授乳もしたのになぜかぐずっていることがあります。そんな時は抱っこをして寝かせてあげましょう。また赤ちゃんによってはぐずって寝てしまう場合や、逆にすっと眠るけど寝起きがぐずるなんてパターンもあります。赤ちゃんのパターンを理解して対処してあげれば、ママの育児の負担も減りますよね。

新生児の睡眠時間は生活パターンを作るための最初のステップです。昼と夜の区別をつけるためにも、大人の生活習慣にも注意しないといけませんね。夜更かしをして部屋の中がいつまでも明るい状態だと新生児の睡眠時間にも影響してしまいます。

 

睡眠の注意点 

 新生児の睡眠時間で注意したいのは、時間の長さももちろん気になりますが他にもいくつか覚えておきたい点があります。まず寝る体勢です。赤ちゃんの中にはうつぶせ寝が好きな子もいるようですが、乳幼児突然死症候群の死亡例ではうつぶせ寝が多いといわれています。顔が下に向いて呼吸困難になってしまう恐れがありますので、なるべくうつぶせ寝は避けましょう。

また新生児はまだ体の発育が始まったばかりで、骨格も柔らかいことが特徴です。寝る方向を同じにすると頭の形が悪くなるといわれていますので、寝る向きを意識して変えましょう。赤ちゃんの頭の形が綺麗になるようにドーナッツ型の枕もありますが、無理に使用して睡眠を妨げないようにしてくださいね。 

 

いかがでしたか。

新生児の睡眠時間が安定するには数か月かかります。起きたり寝たりを繰り返すはじめのころはママの育児も大変です。赤ちゃんの面倒を見るだけでなく、家事もきちんとこなさないといけません。楽しく育児をするためにも、新生児の頃から睡眠のリズムを上手に掴むことが必要ですね。

「寝る子は育つ」と昔からいわれていますが、質のよい睡眠をとることは赤ちゃんにも重要なポイントです。成長とともに運動量を増やしてぐっすり寝る生活習慣を作ってあげましょう。

 

まとめ

 新生児の睡眠時間について知っておきたい5つのこと

・起きやすい
・平均睡眠時間
・それぞれ違うリズムがある
・寝ない時はどうする?
・睡眠の注意点

2017年…あなたに訪れる衝撃の運命とは!?

『マナ・タロット』で占う運勢はいかに…

恋愛、仕事、金運などのどんな悩みからでも幸せに導く奇跡の占い。

今注目の的中率が凄すぎる占いをあなたはもう体験しましたか?

期間限定で≪初回無料≫で鑑定できるので、幸せになりたい方は今がチャンスです。

btn01


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!