寝相による心理の5つのポイント

寝相による心理の5つのポイント毎日の生活の中で活動するために欠かせない睡眠は寝相も心理的なものに関係する事をご存知でしょうか。「え、気にしたことないけどそうなの?」と思った人もいるでしょう。または自分の寝相なんて気にしたことがないという人もいるかもしれません。人は心と身体がつながっているので、特に寝る時は一番無防備になる場所。

そんな場所であなたがとるポーズは心理状態がダダ漏れになっているという事です。普段は気にしなかった人も今夜お布団に入るときは是非意識して自分がどんなポーズを取っていたか確認してみてください。寝相で心理が分かる5つの心理についてご紹介します。


スポンサーリンク


 

 寝相による心理の5つのポイント

 

横向きで丸まって眠る時

 寝相が横向きで丸まって眠っている時は「甘えたいよー」「誰か構って」というような甘えん坊将軍の心理が働く人が多いでしょう。このタイプは末っ子タイプとも言われ、自分が傷つきたくないから警戒心を強くしているものの、本当は心通う人に依存して甘えたいと思っているのです。

 本当に心通う人が出来た時心から安心してその人のために生きることを決断したり、人が変わったようになるでしょう。自分でなんでも決めて実行に移していて「甘えたりとかしなくても大丈夫だわ!」と思っている人がこのポーズをとっている時は無意識のうちに小さい頃のあなたが「甘えたいよー」というサインを出している可能性があります。自分をぎゅっと優しく抱きしめてあげるといいでしょう。

 

 横向きで膝を軽く曲げて寝る時

 寝相で横向きで膝を軽く曲げて寝ている人はとても常識的で協調性があるお姉さん、お兄さんタイプの人と言えるでしょう。とても安定感があって周りの人との調和を大切にできる人です。人から頼りにされる人が多いでしょう。どこにいっても大丈夫な人でストレスを溜めにくい人とも言えます。

 常識もあって協調性もある人なので普段は自分でもわからないかもしれませんが、ふと一人になった時「本当はさみしいよ」という気持ちが溢れてくると1番最初に紹介した心理状態の寝相になる時もありますので日頃から自分のケアもしっかりするようにしましょう。

 

うつぶせで眠る時

 寝相でうつぶせで眠る時の心理状態は「心配だな」という不安の表れでもあります。常に何かをするにも自信がなく「大丈夫かな」と思ってしまうタイプの人がこの寝相をする場合があるでしょう。とても几帳面で正確性を求める人なので家族もそういったタイプの人が多いのかもしれません。ともすると「失敗してはいけない」という固定概念に縛られて失敗を恐れるあまり、心配事が増えストレスも増えるという現象になりやすいと言えるでしょう。

 こういったタイプの人は身の回りに「楽天家」の人を一人自分の身の回りの視界にいれましょう。一緒にいる時間が長ければ長いほど楽天家のいいところに感化されて自分との中で調和を図ることが出来ます。自分を否定せずに相手の良い所を自分にプラスしていくという感覚を身につければ古い価値観から新しい価値観へと着せ替えすることが出来ますよ。

スポンサーリンク

仰向けで眠る時

 寝相で仰向けで寝る人の心理状態は「無邪気」「自分大好き」「注目されるの大好き」「開放的」「自由」などの心理状態があげられるでしょう。とても開放的な人なので裏表がなく人から安心されたり好かれたりする人が多い人と言えるでしょう。子供っぽさが前面に出すぎると嫌われてしまいますが、天性の明るい性格がそれをカバーしているとも言えます。

 悩みも少なく、あっても忘れてしまう人といってもいいかもしれません。きちんと睡眠を取れば次の日には嫌なことがあったとしても「なんだっけ?」と忘れてしまえる人とも言えるでしょう。上司に可愛がられるタイプです。ただし打たれ弱い人が多いのでこのまま仰向けの体制で眠れるように日頃からの自身のケアをしていきましょう。

 

布団に潜り込んで眠る時

 寝相で布団に潜り込んで眠る人は洞察力・分析力に優れた研究者・文学者など賢い人に多い寝相と言えます。物事を慎重に考えているという心理が働いているでしょう。こういったタイプの人は一点集中型の人が多く、失敗を許せない人が多いでしょう。緻密な計算や正確性が求められる仕事などが向いていますが、ストレスに弱いタイプの人と言えますのである程度まで出来たら一度休憩するなどの余裕を持つようにしましょう。

 頭の中で考えることが沢山ありますから身体を動かしていなくても精神的疲労が多く疲れています。睡眠を多く取ることで日々の快活な生活を守るようにしましょう。

 

いかがでしたか?

寝相の心理状態に思わず「ドキッ」とした人もいるのではないでしょうか。人形を抱いて寝てしまう人もさみしがり屋で甘えん坊な人が多いのが特徴です。是非これを機会に自身を振り返って見てください。

 

まとめ

寝相による心理の5つのポイント

・横向きで丸まって眠る時
・横向きで膝を軽く曲げて寝る時
・うつぶせで眠る時
・仰向けで眠る時
・布団に潜り込んで眠る時


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!