人に好かれる性格になるための5つの方法

人に好かれる性格になるための5つの方法人に好かれる性格とはどんなタイプを想像しますか。優しい人、控えめな人、思いやりがある人など、私たちの周囲には参考にしたくなる存在の人が必ずひとりはいますよね。

目指す人間像がわかっても、問題はどうやって理想に近づくかということ。人に好かれる性格になると、恋愛だけではなく仕事や家族ともさらに良好な関係が築けて、なによりも周囲の人が好感を抱いてくれることは、自信回復につながりますよね。

自分の性格に100%満足している人は、ほとんどいないでしょう。さらに素敵な人になるために、私たちは毎日の努力が欠かせません。

そこで、人に好かれる性格になるための5つの大切な方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


 

人に好かれる性格になるための5つの方法

 

他人を振り回さない

人に好かれる性格になるためには、逆に人に嫌われる態度をしないように心がけましょう。自己中心的な人は、いつも他人よりも自分のことが先。

自分の都合にあわせて周囲を振り回したり、感情をストレートにだすなど相手の気持ちを考えない傾向があります。

人に好かれる性格になるには、自分自身をうまくコントールして周囲に合わせられることが基本。嫌いな人に露骨に嫌な表情をするようでは、人間関係がうまく維持できませんよね。

人に好かれようと、わざと自分を作りだすのは無理なこと。いつも自然と魅力的になるためには、相手のことをまず考えて、他人を振り回してまでも自己主張をしないようにしましょう。

多少の我慢も、周囲から認められる条件になるのです。自分勝手な人は我慢できない性格で、誰かがいつもかばってくれると甘えている面もあるでしょう。

 

相手によって態度を変えない

付き合う人によって態度を変える人がいますが、周囲から見るとこのタイプの人は、とても付き合いにくいですよね。たとえば仕事で自分にメリットがある人にはご機嫌をとるけれど、部下や同僚にはさほど神経を配らない人。

また異性に対してだけは態度が優しいけれど、同性の友達には全く違う態度をとる人など。誰とでも平等に付き合うのは簡単に見えますが、実は大変なことですよね。

でも相手の立場や付き合い方を常に頭に入れておけば、お互いに気分良く人間関係が築けるのです。損得勘定をもって人付き合いをする人は、メリットがなくなったときがその関係の終わりに。

そうやって常に人との出会いを求めていると、真の友情や信頼関係を築ける人は現れません。人に好かれる性格になるには、自分が扱われたいように他人に対してもいつも同じ態度で接することが大事なのです。

 

笑顔でいつもポジティブ

人に好かれる性格の人は、いつもニコニコして周囲を元気にしてくれるほどプラスのエネルギーで満たされています。

逆に暗い顔をしている人とは、できるだけ距離を置きたくなり友達付き合いもしたくありませんよね。

笑顔は人に好感を与えて、話しかけやすい、打ち解けやすい、また会いたいというようなとても良い印象を与えてくれます。表情からわかるその人の性格、辛い時でも人前では笑顔で頑張る人になることが、とても理想と言えるでしょう。

しかしいつも自分のことしか考えない人は、周囲にどう思われようと、怒った表情や悲しい表情などとくにネガティブな態度をはっきりアピールしてきます。

これでは新たな出会いもなく、人に好かれようと思っても周囲から孤立する可能性があるでしょう。

スポンサーリンク

人の悪口を言わない

人の悪口を言うのは誰でも一度は経験があるでしょう。全く愚痴こぼししたことがない、文句を言ったことがないという人はいないはずです。

時にはこのようなマイナス的な感情を発散することは、ストレス軽減のために大切に。しかしそれだけになってしまうと、一緒にいる人までもマイナス的な思考になるでしょう。

人間関係は付き合う人によって、自分が受けるものが異なります。一緒にいると楽しい人、モチベーションがアップする人。

逆に悪口ばかりで文句ばかりの人は、話を聞く側がとても負担になります。いつも陰口をたたく人と、仮に仲が良いとしましょう。

誰かの文句をいつも言っているタイプの人は、自分がいなくなった時に悪口の対象にされる可能性があります。そんな不安を抱いて付き合を続けるのは、価値がないことですよね。

 

いつでもじっくり話を聞いてくれる

話の聞き役になる人は、困ったときの相談役やアドバイスをくれる人として大切にされます。コミュニケーションは、やり取りが大切。とくに話す人よりも聞く側の人にはいろいろなスキルが求められています。

人に好かれる性格の人は、いつでもじっくり人の話を聞けるタイプ。しかしなかには会話でいつも自分が主導権を握らないと、満足できない勝手な人も存在しますよね。

いつも自分のことばかり、話が終わったそれで終わり。ほかの人の話には一切興味がなく、会話の途中でいきなりスマホをいじりだすなど、とても失礼な態度をとることもあるでしょう。

人に好かれる性格は、コミュニケーションでも控えめなところがとても品がよく周囲の目に映ります。人の話をじっくり聞くことは、相手を思いやる心の表れなのでしょうね。

 

いかがでしたか。

人に好かれる性格になるためには、相手にどうアプローチするか考えることと、同時に自分が快適に感じる人の特徴を真似してみましょう。

いつも明るくて人に優しいという簡単な表現だけでは、うまく伝わらない場面もあります。でも人に好かれる性格とは、また会って話がしたいと思えるタイプでしょう。

そんな理想的な人になるためには、自分自身を磨き内面から魅力を発揮することが大切なのです。

 

まとめ

人に好かれる性格になるための5つの方法

・他人を振り回さない
・相手によって態度を変えない
・笑顔でいつもポジティブ
・人の悪口を言わない
・いつでもじっくり話を聞いてくれる

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>なぜか好かれる人が持っている5つのもの

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!