PMSの有効的な6つの対策を教えます

PMSの有効的な6つの対策を教えます

PMSとは「月経前症候群」と呼ばれる排卵から生理が始まる前までの2週間に体に起こるなんらかの不調の事です。それぞれ人により症状が様々で、生理が始まったとたん感じられなくなる事から、つけられた名称です。

ホルモンのバランスが崩れると起こりやすくなり、眠気・不眠・便秘・頭痛・ニキビ・イライラ・不安・無気力など体から心に至るまで、女性を悩ませます。


スポンサーリンク


 

 PMSの有効的な6つの対策を教えます

 

その1.基礎体温をつける事から始めましょう

朝目覚めた時、すぐに体温を測ります。この安静した状態の体温を基礎体温といいます。一定の体のリズムを自分で認識できます。低温期→排卵期→高温期へと流れていく事を知ると、自分でPMSの時期になった事や、妊娠しやすい時期などの対策を練る事ができます。

もちろん、その日の体調や睡眠など、微妙な変化もありますが、自分の体調を把握しておく事がPMSの大きな要因となる不安を解消する事につながるのです。月経後も高温期が続く場合や逆に高温期が短い場合は子宮内の病気の場合もあります。基礎体温を測ったデータがあると、それをもとに医師にかかることも可能です。

 

その2.運動はストレス解消やPMS対策にぴったり!

自分でPMSの症状が自覚できている場合は運動を行いましょう。1週間に3回ほどの有酸素運動がPMSを軽くすると言われています。ウォーキングやジョギング、水泳などがオススメです。時間が取れない場合は、すこしでも歩く時間を増やしましょう。ハードな運動より、心地よいと感じる程度の運動がよく、体がリラックスします。

生理前は体に水分をため込みやすいので、運動はむくみを防ぐ事にも効果的です。忙しい時は、ゆっくりお風呂に入る事も体と心をリラックスするだけでも違います。体が辛いと感じた時は体を休めるために、ゆっくり温泉もいいですね。頑張っている自分へご褒美をあげて下さい。

 

その3.食事でPMS対策!どこででも手に入る食材でチャレンジ!

まず、PMSの場合はカフェインの入った飲み物、アルコール、タバコなどの嗜好品は症状を重くすると言われています。甘いものや塩分がつよいものなども避けましょう。

甘いものがほしくなった場合はナッツ類やバナナがオススメです。アーモンドは鉄分を補給し貧血を防ぐ効果があり、食物繊維は便秘解消に効果的です。ミネラルも多く、1日に20粒ほどがとても効果があると言われています。バナナは美容効果が高く、低カロリーですが、体の中ですぐにエネルギーに代わるので朝ご飯にピッタリです。便通改善、肌荒れに潤いを与え、バナナに豊富に含まれるカリウムには体のよけいな水分・塩分を排出してくれます。

食べ物の効果を勉強する事は、医食同源という言葉があるように、体を元気にしてくれます。ぜひ、調べてみて下さい。

スポンサーリンク

その4.漢方薬からPMSの対策を行う!

漢方薬の歴史はとても古く、日本に導入され広まったのは5~6世紀ごろになります。古い漢方薬の本でもPMSの症状がのっているので、昔の人も悩まされていたと知る事が出来ます。天然の成分から作られ、安心感もあるので、利用する人も多く自分の症状に合った漢方薬を調合してくれる店から、いくつかの症状を改善する総合薬など多くの物が販売してあります。

いつもの事だからと言って、毎月我慢して症状を重くするまえに、病院や漢方薬で改善を試みてはいかがでしょうか。行動を起こした事による安心感が違うかもしれません。

 

その5.水分補給はしっかりと行う事が必要

PMSの症状で多くみられるのがむくみです。これはホルモンによる影響で、水分を貯め込みやすいという事が原因となります。この事を知っている人は水分を取らないようにしなければと思ってしまいます。実はこれがまちがいで、なるべく多くの水分をとる必要があるのです。

水分をとる事で体の中の水分を排出しやすくします。下腹部痛・腰痛・頭痛のある人は、水分がその痛みがある場所に溜まっています。塩分が強いものをさけ、カリウムを含む食べ物で、水分を出しやすくしましょう。運動や入浴で汗をかく事もオススメです。

 

その6.イライラ対策は血糖値を上げる事が大切

「生理前はチョコレートが食べたくなる」「イライラすると甘いものを食べてしまう」そんな人はいませんか?PMSの精神的な症状の原因となるのは「血糖値の低下」にあるといわれています。脳内の神経物質である「セロトニン」がホルモンの影響により低下し、血糖値を一定に保つことが難しくなります。

PMSの症状が出ている時は食事を数回に分けて食べる事が血糖値を一定に保つ方法です。ジュースやお菓子は血糖値を急激に上昇・低下させるので、イライラの原因となります。イモ類やフルーツで血糖値を調節する事をやってみて下さい。

 

いかがでしたか?

PMSは本人にしかその辛さがわからず、周りに迷惑をかけたりしてしまいがちです。家族にはPMSである事を打ち明けるだけでも効果があります。家だけは心からリラックスできる場所にしておくだけでもとても楽になります。

女性の8割が悩んでいる症状です。共感してくれるひとも出てくるでしょう。少しでも、あなたのつらいPMSの症状がこの対策で効果が出ますように・・・

 

 まとめ

PMSの有効的な6つの対策を教えます

その1.基礎体温をつける事から始めましょう
その2.運動はストレス解消やPMS対策にぴったり!
その3.食事でPMS対策!どこででも手に入る食材でチャレンジ!
その4.漢方薬からPMSの対策を行う!
その5.水分補給はしっかりと行う事が必要
その6.イライラ対策は血糖値を上げる事が大切


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!