老廃物まみれの身体が悲鳴を上げる前の効果的な7つの出し方

老廃物まみれの身体が悲鳴を上げる前に効果的に出す7つのステップ

普段意識することがない体にたまった老廃物。体が栄養素を作り出した時に同時にできる残りカスのようなものです。本来の老廃物の出し方は、汗や尿としての自然排出なわけですが、この際に排出経路となる主な役割を果たしているのがリンパ管です。

では、もしこのリンパ管が色々な原因で弱っていた場合はどうなるでしょう?当然老廃物の排出効果が薄れていき、体の中に老廃物がどんどんたまっていきます。ぜひ、そうなる前に何とかしておきたいものです。

ここでは色々な老廃物への対処法・出し方を順を追って探っていきたいと思います。


スポンサーリンク


 

 老廃物まみれの身体が悲鳴を上げる前の
効果的な7つの出し方

 

 その1 老廃物を体内に入れない

 基本といえばそれまでですが、老廃物になりやすい食品を出来る限り口にしなければ、それだけ老廃物が溜まってしまうこともありません。出し方というより出さない方法と言ったほうがよいかもしれません。

老廃物の溜まりやすい食品といえば食品添加物や化学物質ということになります。また過食だったり栄養が偏ったりということも影響してきます。

なかなか難しいことではありますが、できるだけ無添加の食品をバランスよく口にすることが望ましいといえるでしょう。

 

 その2 老廃物を溜めない

 いくら食事に気をつけても当然老廃物は出ます。問題はその老廃物をいかに溜めないようにするかです。

そのために必要なこと「姿勢」と「適度な運動」です。猫背や運動不足はどうしても血流の流れを悪くし、リンパの働きを妨げます。まずは少しずつで構いませんから、自分の普段の姿勢が曲がっていないか、骨盤が歪んでいないか。そういったことを気にかけるようにし、そこにちょっとした運動を加えていきましょう。

 

 その3 老廃物を排出する

 その1、その2をしっかり守った上で、さらに残った老廃物をいかにして体から自然に流し出すか。その出し方がポイントになります。

何度も記述している通り老廃物はリンパ管を通って排出されます。姿勢や運動だけで補えない場合には、このリンパ管をさらに元気にしてやることを考えればよいのです。そのために必要なのはリンパの流れを良くすることです。適切な水分補給、入浴、ストレッチ、マッサージなどを心がけるようにします。

要するに新陳代謝を促すことで、リンパも活発な動きをしてくれるということです。

スポンサーリンク

その4 老廃物を排出する・入浴編

 その3で触れた老廃物の出し方ですが、ここであげた項目について少し具体的に見ていきましょう。

ただ入浴するというのではなくリラックスした気持ちでリンパの流れを促すような入り方をするのがいいです。そして、入浴の前にリンパをマッサージしておきます。場所は鎖骨。鎖骨の上下をそれぞれさするようにしてあげてください。これは鎖骨の下側がリンパの出口になっていますので、出口を開放するという意味があります。

後は体のツボがたくさんある足裏をマッサージしてそれから半身浴です。半身浴中も先ほどの鎖骨部分、膝裏、足の付根(コマネチの部分)などのリンパをほぐしましょう。水分補給もお忘れなく。

 

その5 老廃物を排出する・ストレッチ編

 入浴で老廃物を流し出して、さらにストレッチをすれば効果はあがります。ストレッチにもいくつか方法がありますが簡単なものを一つあげておきましょう。脚を肩幅に開きつま先は外向き45度。そのまましゃがみます。蹲踞のようなポーズですね。膝が悪くしゃがみ込むのが難しい場合は椅子に座っても構いません。つま先は同じように外向きにしてください。

そのまま両手を組み、息を吸い込みながら組んだ拳を天井へ向けて伸ばします。この時足裏は踏ん張りましょう。そして「ハッ!」と7息を吐き出しながらお腹に力を入れてあげた拳を振り下ろします。蹲踞したまま竹刀を振り下ろすイメージです。これを10回ほど繰り返します。蹲踞の姿勢が足の付根のリンパに効果的ということです。

 

その6 老廃物を排出する・呼吸編

 その5のようにストレッチができない場合は、呼吸を使った老廃物の出し方もあります。

あぐらをかくように座って、両手を組んだまま頭上に伸ばしていきます。背骨を伸ばすようなイメージです。肩は上げ過ぎないようにして、心地良い姿勢をキープしてください。

ポーズが安定してきたら、目を閉じ鼻から息を吸い込みます。吸いきったら1~2秒息を止めた後、口からため息を付くような感じで長く息を吐き出します。これを数回繰り返します。

腹式呼吸で内臓に刺激を与え、臓器に溜まった老廃物を排出する。そんなイメージです。

 

 その7 老廃物の出し方

 その1で触れた老廃物の元を口に入れないというのは、正直なところ現代の食生活では難しいことでしょう。コンビニ、ファーストフードなど、時間に追われる生活をしているとそういうものを食してしまうのは仕方のないことです。

ですから摂取してしまっても、自然と排出できる。そういうコントロールができる体を普段からつくっておくこと、これが重要だというのがお分かりいただけたかと思います。

ストレッチやマッサージは単なる血液中の老廃物を流し出すだけでなく、排便・排尿などにも効果があります。老廃物の7割は排便という話もありますので、この点も気をつけるようにこころがけてください。

 

いかがでしたか?

以上7つのステップに渡って老廃物への対処法・出し方を見てきました。繰り返しになりますが、できれば老廃物のになりやすいものはなるべく摂取しない。仮に摂取したとしても排出しやすい体作り・リンパのケアを怠らない。これが体内に老廃物を溜め込まないためのポイントといえるでしょう。早速7つのステップを実践して「さらば老廃物」生活を送ってみてください。

 

 まとめ

老廃物まみれの身体が悲鳴を上げる前の
効果的な7つの出し方

その1 老廃物を体内に入れない
その2 老廃物を溜めない
その3 老廃物を排出する
その4 老廃物を排出する・入浴編
その5 老廃物を排出する・ストレッチ編
その6 老廃物を排出する・呼吸編
その7 老廃物の出し方


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!