生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法

生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法女性であることが鬱陶しくも感じる生理。そして生理の時期だけでなく悩まされる人が多いといわれているのが、生理前の不調です。中でも下腹部痛が長く続けば、日常生活の約半分を不快な思いを抱えながら生活することになるでしょう。

しかし、下腹部痛は誰もが感じるものではなく、ほとんど経験のない人やそれほど痛みを感じない人もいらっしゃるのです。なぜこのような違いがあるのでしょうか…

いつも辛い思いをしている人は、生理前の下腹部痛を緩和できれば快適に過ごせる期間が長くなりますから、できる限り改善したいですね。

そこで、下腹部痛の原因は何か、少しでも楽になるにはどうしたら良いか、考えられる5つの方法をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク


 

生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法

 

生理前の下腹部痛にアロマテラピー

生理前にはホルモンバランスの大きな変化がありますが、この変化が体へ影響を及ぼしている可能性があります。ホルモンの変動が子宮の収縮を起こし、下腹部への痛みに繋がる可能性があります。

ホルモンバランスを整えるために、アロマテラピーの使用が効果的です。アロマオイルには、女性ホルモンを整える作用や、リラックス効果が期待できるものがあるため、アロマポットでの使用だけでなく、アロマオイルを使ってのマッサージなどでも、心身共に整えることが可能です。

オススメなのは、真正ラベンダーやクラリセージ、グレープフルーツなど。植物性のキャリアオイル10mlに1~2滴加え、気になる下腹部から腰をマッサージしたり、アロマオイルを混ぜたお湯をタオルに含ませ絞ったものを下腹部に当てること、または湯船に数滴落とし入浴するのも良いでしょう。

 

骨盤の歪みが原因で下腹部痛が起こる

骨盤は体の下腹部を包み込む、体の中心にあたる大切な骨です。生理前の下腹部痛が起こる原因の1つに、骨盤の歪みが考えられます。骨盤が正常な位置に整うことで血行も良くなり、下腹部痛の緩和に繋がります。

足を組んだり、猫背の生活は骨盤の歪みを起こしやすく、さらに筋肉量が足りないことでも歪みを酷くする可能性があります。歪みを整えるだけでなく、歪みを予防することも可能なのが、骨盤を支える筋肉を鍛えるエクササイズといえるでしょう。

適度な運動で、最低限の筋肉量を維持することだけでなく、正しい姿勢を心がけることも重要です。骨盤周りの筋肉を鍛えるには、腰を回すように行う「骨盤回し」や足を延ばして座りお尻で歩く「お尻歩き運動」がオススメです。骨盤を支える大腰筋を鍛えることで、歪みを起こしにくくなるでしょう。

 

生理前の下腹部痛が起こるのは血行不良が原因

血行不足で下腹部痛が起こっている事もあります。冷えが血流を滞らせている可能性があるため、下腹部を温めることが有効でしょう。また、体全体を温めることも痛みを和らげると考えられます。

体をが温めることは、血行を促進し全身の筋肉をしなやかに保つとともに緊張を解き、結果下腹部痛の緩和につながります。患部を外側から温めるだけでなく、温かい飲み物や血行促進作用のある食品を摂取するのも良いでしょう。体に優しいハーブティーやショウガを使った飲み物はオススメです。逆に、冷たい飲み物や食べ物、カフェインの取り過ぎは身体を芯から冷やすため避けましょう。

また、体を締め付けるような下着や衣服を身に付けないように心がけ、できる限り血行促進を心がけると良いでしょう。

スポンサードリンク

ストレスの緩和を心がける

生理前は、下腹部痛に関わりのあるプロスタグランジンが分泌されると言われています。プロスタグランジンは子宮の収縮を促し、体外へと子宮内膜を出そうと働きかけますが、この作用が痛みを起こす原因にもなっていると考えられます。排卵後から生理に向け徐々に分泌が増え、分泌量が多い人ほど生理前の下腹部痛や生理痛に悩まされると言われています。

ストレスを抱える人は自律神経の乱れが起こると考えられ、そのために分泌量が増えている可能性があるでしょう。ストレスを避ける事や解消する手段を知っておくことは大切です。ストレスをすべて排除することは、通常の日常生活を送っていれば難しいため、自分にとってのストレスはどこにあるのかを知ることも大切です。

 

食生活の見直しが下腹部痛の緩和に役立つ

生理前の下腹部痛は、食生活の乱れが関係している可能性があります。偏った食生活がより悪化させる場合もあるため、栄養バランスを整えることは大切です。特にビタミンB6は排卵期に減ってしまうため、多めに取ることをオススメします。豚肉や大豆、玄米やイワシなどの青魚を積極的に摂りましょう。ビタミンB群をバランスよく摂ることは、ストレスへの抵抗力を付ける事にもつながりますので、より効果的と言えます。

食事を極端に減らすダイエットが原因で、栄養のバランスが取れていない場合には、食事の量ではなくカロリーを抑える方向で考えていきましょう。

また、生理前の下腹部痛などの症状を悪化させる可能性がる食品として考えられるのは、砂糖やカフェイン、アルコールや添加物の摂りすぎですので、気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

生理前の下腹部痛は、少しの心がけで緩和することが可能ですが、ホルモンバランスの変動は必ず起こることですから、完全に無くすことは難しいでしょう。そのため、できる限り痛みを和らげるように整えることが最善といえます。

下腹部痛はPMSといわれ、様々な症状が起こりますが、中でも下腹部痛は子宮筋腫が関わっている可能性があるため、痛みの強さや頻度など気になる人は一度診察を受けてみることをオススメします。

不快な症状ではありますが、女性としての体の変化を疎ましく思うことは体にも心にも悪影響です。出来るだけ改善することを心がけ毎日を快適に過ごす事で、より痛みの緩和になる可能性もあるでしょう。神経過敏になることで、下腹部痛を悪化させる可能性もあるのです。

 

まとめ

生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法

・生理前の下腹部痛にアロマテラピー
・骨盤の歪みが原因で下腹部痛が起こる
・生理前の下腹部痛が起こるのは血行不良が原因
・ストレスの緩和を心がける
・食生活の見直しが下腹部痛の緩和に役立つ

2017年…あなたに訪れる衝撃の運命とは!?

『マナ・タロット』で占う運勢はいかに…

恋愛、仕事、金運などのどんな悩みからでも幸せに導く奇跡の占い。

今注目の的中率が凄すぎる占いをあなたはもう体験しましたか?

期間限定で≪初回無料≫で鑑定できるので、幸せになりたい方は今がチャンスです。

btn01


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!