生理前のむくみを抑えるために避けるべき5種類の食品

生理前のむくみを抑えるために避けるべき5種類の食品

生理前になると、体がむくむ・太りやすくなるとお悩みの方も多いと思います。これは女性ならではの現象で、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるためです。女性ホルモンは一カ月の間にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロンが一定のリズムで分泌されます。

エストロゲンは生理終わりごろから排卵期にかけて増え、女性らしさを作り、この頃の体調は比較的良いのですが、プロゲステロンは排卵後から次の生理にかけて分泌され、妊娠のための体作り(受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働き)のために、体内に水分や栄養を貯め込もうとしたり、食欲が増しやすくなります。

生理前のむくみは赤ちゃんを産むための自然な現象なので気にしすぎる必要はないのですが、食欲に任せて不要な物を食べ過ぎると、生理中は代謝が悪くなるということもあり、むくみが酷くなるのでお勧めできません。今回は生理前のむくみを抑えるために避けた方がよい食品をご紹介いたします。


スポンサーリンク


 

生理前のむくみを抑えるために避けるべき5種類の食品

 

1.塩味の濃い物

塩分の濃い食べ物を食べると水を飲みたくなりますよね。これは体中の塩分の濃度が濃くなるとそれを薄めようと体が水分を溜め込もうとするためです。生理前は舌の細胞もむくんでいるので味を感じにくく、しょっぱいものを欲しやすくなっているそうです。ダイエットのためにスープやお味噌汁でお腹を満たしたい人も多いと思いますが、他の料理も含め、塩分の取り過ぎには注意しましょう。

丼物やラーメンなどはもちろん、ヘルシーと思って食べるお漬物やイカの塩辛なども同様です。ナッツ類は塩分を体外に排出してくれるカリウムが多いのでいいのですが、こちらも塩味でないものにしましょう。ただ塩分を全く取らないのはミネラルのバランスが悪くなり、逆にむくみやすくなる場合があります。塩分が強い物を控えたり、だしを使って薄味にするなどを心がけたりするのが良いでしょう。

 

2.白砂糖を使った甘い食べ物

甘い物が好きな人は太りやすいと言いますが、これは脂肪が多いだけでなく、むくみやすいこととも関係があります。白砂糖は体を冷やしやすいため、代謝が悪くなりむくみが悪化しやすいです。また白砂糖は、作られる過程で必要なミネラルが取り除かれていて白くするために漂白されている人工的な食べ物です。

はちみつや黒糖などの糖分はミネラルが含まれている上、吸収もゆっくりされるのですが、白砂糖は急激に吸収されてインスリンも一気に上がるので体への負担が大きいです。その結果、汚れた血をきれいにしようと水分を溜め込むのでむくみに繋がってしまいます。

 

3.加工食品

スナック菓子、菓子パン、インスタント食品、缶詰、コンビニ食品などいろいろありますが、これらは塩分や砂糖が多いだけでなく、腐りにくくするため化学調味料や添加物がたっぷり入っています。これらはもちろん老廃物で体には不要な物ですので、体は細胞や血液をきれいにしようと、やはり水分を大量に取り込もうとしてむくみが起こってしまいます。今の時代、添加物や化学調味料を使っていない食べ物を見つける方が難しいくらいですが、少しでも摂取量を減らすため、できるだけ一から作った物を食べるように心がけましょう。

スポンサーリンク

4.アルコール

アルコールもむくみにとっては敵です。アルコールには利尿作用があり、お酒を飲みすぎると体の水分が失われます。ところがアルコールも体にとっては毒物なので、危険を感じた体は水分を取り込んでアルコールを解毒し排出しようと働くため、結局余分な水分がむくみとなって現れます。また人間は普通寝ている時、トイレに行かないように自然と抗利尿ホルモンが分泌されます。これにより前の晩に取った水分が吸収され、次の日の朝に顔や体がパンパンにむくむという状況が起きてしまいます。

 

5.清涼飲料水、お茶やコーヒーなどの飲み物

水を飲むことはむくみにとってとても大事です。体内に溜まった余計な老廃物を排出するためには水が必要だからです。でもそこで注意しなければいけないのは、水と水分は違うということです。例えば、スポーツドリンクで水分補給によいと言われていますが、食塩の成分であるナトリウムや大量の砂糖が入っているため、飲み過ぎるとむくみやすくなると言われています。

また甘くなくてカロリーゼロのお茶やコーヒーならいいと思う方も多いようですが、カフェインが入っていて利尿作用があるため、老廃物を排出しないまま、水分が体外に排出されてしまいます。またこの季節、キンキンに冷えた飲み物を飲みたくなるのは分かりますが、できるだけ常温か温かい飲み物の方が、冷えを抑えてむくみにくい体にするためにはお勧めです。

 

いかがでしたか?

生理前は急に食欲が増えてむくみがちになってしまうことは自然な事ですが、ほんの少しのポイントを抑えるだけでむくみを抑えることは可能なのです。

逆にカリウムを含む食品(バナナ・豆類・海藻・イモ類・野菜類)などは老廃物の排出を促してくれむくみを解消してくれるので積極的に摂りましょう。むくみを抑えることは冷え性を改善して体の代謝を良くし、体全体の健康にも繋がりますのでぜひ意識するようにしてみましょう。

 

まとめ

生理前のむくみを抑えるために避けるべき食品

1.塩味の濃い物
2.白砂糖を使った甘い食べ物
3.加工食品
4.アルコール
5.清涼飲料水、お茶やコーヒーなどの飲み物


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!