生理中に情緒不安定になるのはなぜ?5つの原因

生理中に情緒不安定になるのはなぜ?5つの原因生理の情緒不安定を感じる女性はたくさんいます。特にイライラが続くことや、急に落ち込んでしまう事など、感情のコントロールをするのがとても難しくなるのが生理の時です。毎月このような症状があるのは分かっていても、どうしたらよいのか分かりませんよね。ではなぜ生理中に情緒不安定になってしまうのか、その原因が分かれば解決策も見つけやすくなります。

生理中は身体的にも辛い痛みがあり、精神的な情緒不安定も加わってしまうことで、男性には理解できない女性の行動があるのです。気になる5つの原因についてご紹介いたします。


スポンサーリンク


 

生理中に情緒不安定になるのはなぜ?5つの原因

 

ホルモンの働きによること

生理の情緒不安定は、女性ホルモンの働きと重要な関係があります。特に生理前になるとイライラが烈しくなる女性もたくさんいます。女性ホルモンは自立神経とも関係している為に、特に生理の前後にはホルモンの活動が安定しない為、精神的にも不安定になる事があるのです。しかしその症状は個人差がありますので、生理痛がまったくない人のように、情緒不安定をまったく感じない女性もいます。

人それぞれ違いはありますが、生理中はとても不快なものであることに間違いありません。女性ホルモンを安定させるためには、大豆のイソフラボンがとても効果がありますので、豆乳や、豆腐、納豆などの大豆食品を積極的に摂るとよいでしょう。

 

鉄分不足によるもの

鉄分不足も原因しています。生理中には平均すると約70gの血液が体内から失われます。血液に含まれる鉄分が不足する事で、貧血の原因にもなります。生理中に具合が悪く、ふらふらしてしまうのは鉄欠乏貧血によるものです。そして鉄分は脳ホルモンの、セロトニンやノルアドレナリンの生成にとても必要となる為に、不足する事で情緒不安定の原因になります。

これらの脳内ホルモンは、判断力やストレスを解消する効果がありますので、鉄分不足になることで精神面でも影響が出てしまいます。鉄分は食べ物から摂る必要がありますので、日頃から栄養面でも注意をすることが必要です。サプリも定期的に飲むと効果があります。

 

生理痛の痛み

生理が始まる前から終わった後まで、個人差はありますが多くの女性が感じている事でしょう。特に多い生理中のイライラは、身体的に感じる生理通の痛みなどによる場合があります。腹痛や頭痛、そし吐き気など症状は異なりますが、これらの不快な体に感じる症状は気分的にも悪影響となるのです。

体の具合が悪い時は、誰でも機嫌が悪くなったり落ち込んだりしますよね。それと同様に生理中の女性には、感情のコントロールが難しくなるほどの苦痛を感じている、ということなのです。痛みがひどい場合には市販の痛み止めや、漢方薬で治療をするなど生理中の苦痛は少しでも改善したいですね。

スポンサーリンク

血糖値の低下

生理時に情緒不安定になる原因には、血糖値が低下する事も理由の一つです。特に生理の前には血糖値が安定せず、急激に低下することがあるために、甘いものが食べたくなる症状があります。チョコレートやケーキが食べたくなるのは、体が欲しているということだったのです。血中ブドウ糖が減少すると、脳の働きにも影響があり、判断力に欠けることや、気分がすっきりしないなどの症状があります。

ブドウ糖が不足すると、感情も不安定になる為に、イライすることが多くなります。特に生理前には、このような症状を感じる女性はたくさんいるでしょう。どうしても甘いものが我慢できないときは、食べ過ぎないように注意をしながら糖分を摂ると良いですね。

 

アドレナリンの働き

アドレナリンの働きも生理時の情緒不安定に影響しています。アドレナリンは、血糖値が低下すると分泌されますが、生理の前は特に早いサイクルでこのアドレナリンが分泌されてしまいます。アドレナリンは、攻撃性ホルモンと呼ばれ、脳の働きを興奮状態にするために、感情のコントロールが難しくなり、短気になったりイライラする事が増えてしまうのです。

生理の前には血糖値を安定させるためにも、糖分の多いお菓子などを食べ過ぎず、炭水化物から糖質をとることがオススメです。おなかが空いたときや、イライラしたときは、パンやおにぎりなどを、おやつ代わりに食べるとよいでしょう。

 

いかがでしたか?

生理の情緒不安定は、毎月その症状も異なります。体が疲れている時や栄養のバランスが取れていない場合も、特にイライラを感じやすくなってしまいます。女性の体の働きはとても繊細で、ホルモンのバランスによって、精神面にもとても影響を受けやすいのです。

少しでも情緒を安定させるために、生理中は体に無理をしなことや、リラックスして生活をすることが大切です。体を冷やさないための工夫も、生理痛の予防になりますよ。

 

まとめ

 生理中に情緒不安定になるのはなぜ?5つの原因

・ホルモンの働きによること
・鉄分不足によるもの
・生理痛の痛み
・血糖値の低下
・アドレナリンの働き


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!