自尊感情を高めるために使いたい5つの方法

自尊感情を高めるために使いたい5つの方法自尊感情を高める為に、みなさんはどんな方法を試していますか?自尊感情を高めると言っても、なかなか出来ない、どうすれば自尊感情を高めることが出来るのか知りたい、と思っている人が大半だと思います。

自尊感情というのは、自分自身、価値のある者だと思う感覚なので、言い換えれば「自信がある人」ということですよね。自尊感情がある人は自信がある人とも言えますし、自信がある人は自尊感情がある人と言えるわけです。なかなか自信を持つのって難しいですし、自尊感情を高める為にどうすればいいのかわからない…という人が多いというのもわかる気がしますよね。

そこで今回は自尊感情を高めるために使いたい方法を5つ紹介していきたいと思います。自尊感情を高めるためにはどうすれば、何をすればいいのでしょうか?自信を持ちたい、自分を価値ある者だと思いたい…そんな人は自尊感情を高める方法に注目して、前向きに自分自身と向き合い、自信がある人物へと成長していきましょう!


スポンサーリンク


 

自尊感情を高めるために使いたい5つの方法

 

定期的に自分を褒めよう

自尊感情を高めるために、まずは定期的に自分を褒める癖を身に付けてみてください。自尊感情を高めるために必要なのは自分を認めること、自分を好意的に見るということです。人は褒められれば良い気持ちになりますし、なんとなく自信を持てますよね。

しかし自尊感情が低い人や自信がない人の多くは、自分を常に無意識に否定をしてしまっていて、よりマイナスな感情で自分を見ているのです。自尊感情を高めるためには、自分を否定することやマイナスな感情を取り払い、少しずつでも自分に自信を持つことが重要なポイントとなっていくので、定期的に自分を褒める癖を身に付けていきましょう。

例えば一日一回でも自分を褒める癖を身に付ければ、最初は慣れず変な気持ちになったとしても、だんだん自分の良いところ、頑張ったところを見つけるのが上手くなっていくのです。自分の良いところや頑張ったところを認めることは、自尊感情を高めることに繋がります。それはやがて自信となりますし、視野が広がることに繋がっていくのです。

 

頑張ったことを認めよう

自尊感情を高めるために、自分が頑張ったことを認めるように意識してみましょう。誰にだって頑張っていることってあると思います。大きい小さいは関係なく、どんな些細なことでも、大きなことでも、人は何かに頑張って生きています。そんな頑張ったことを認め、褒めてあげることによって、自尊感情を高めることに繋がっていくのです。

中には頑張ったことと言っても…と悩んでしまう人もいるでしょう。しかしそんなに難しい問題ではありません。エスカレーターを使わず、ダイエットや健康のために階段を昇りきった、というだけでも十分頑張ったことに繋がりますし、苦手な食べ物を食べた、苦手なことを少しだけでも頑張った、というだけでも十分頑張ったことなのです。認めていきましょう。

頑張りはさらなる頑張りに繋がりますし、頑張ったという結果が自分の自信、自尊感情へと繋がります。頑張ったと思うことにはどんな些細なことでも頑張ったと認めるようにして、自信や自尊感情に繋げていきましょう。

 

褒め言葉は素直に受け取ろう

自尊感情を高めるためには、人からの褒め言葉を素直に受け取るように心掛けてみましょう。日本人は謙遜してしまう国民性もあるので、なんとなく褒め言葉を受け取っても否定してしまったり、お世辞かも、と思えてしまう場合もあると思います。

第一、自分に自信がない人や自尊感情が低い人が褒め言葉を言われたところで、どうせ本音じゃないと思えてしまい、言葉を受け流してしまうものですよね。しかし、そうは思っても素直に言葉を受け取ってみてください。

もちろん人はお世辞を言いますし、相手の機嫌を取るために本音半分、大げさ半分で言葉を選ぶことはあると思います。しかしそれでも良いのです。褒め言葉だと思う言葉は素直に受け取り、「ありがとう」と相手に伝えてみましょう。

本音ではないと思う、けれど受け取る、これによって褒め言葉は心に浸透していき、それが積み重なれば自信や自尊感情を高めることに繋がっていくのです。人は微塵も思っていないことは簡単には言えません。少しはその要素があるからこそ褒められた、そう考えれば褒め言葉も受け取りやすくなると思うので、なかなか素直になれない人も、そう意識してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

人に優しくなろう

自尊感情を高めるために使いたい方法としてオススメなのは、人に優しくなるということです。何故自尊感情を高めることと人に優しくすることが関係あるの?と疑問に思う人も多いでしょう。

では、自信がない人や自尊感情が低い人の特徴を見てみましょう。こういった人は自分のことでいっぱいいっぱいになってしまい、他人に対しての余裕が生まれません。他人に対して余裕が生まれなくなれば、人に対して適当な扱いをしてしまい、それは必ず自分に返ってきます。すると返ってきたその適当な反応や扱いに、人は当然落ち込みますし、さらなる自信喪失や自尊感情の低下を生んでしまうのです。

人に優しくなる、というのは自尊感情が低い、と自負している人には難しいと思える問題かもしれません。しかし精一杯、自分の出来る範囲で人に優しくしてみましょう。すぐには結果は出ないかもしれませんが、その優しさや親切は必ず自分にプラスになって返ってきます。返ってきた時、自尊感情は高くなるはずですよ。

 

十人十色、と意識してみよう

自尊感情を高めるために常に意識しておきたいポイントとして、十人十色というものがあります。自尊感情を高めるためには、自分は自分である、他人は他人であるという考えを持っていなければなりません。人と自分を比べてしまえば、必ず優劣がつきます。人はマイナスなポイントを気にしてしまう生き物でもあるので、劣の部分を見てしまい、自信喪失や自尊感情が低下し、さらにマイナスな部分が気になり、自分の他人を比べるという悪循環に陥ってしまうのです。

しかし人は誰もが別々の個性や価値観、才能を持っていて、本来比べることは出来ないのです。十人十色、自分は自分だし、他人は他人だし…そんな考えを根本に持っていけば、人と比べることが全てではない、自分は自分で良いところがあるし、魅力的である、と自尊感情を高めることが出来るのです。

 

いかがでしたか。

自尊感情を高めるために使いたい方法を5つ紹介してきました。自尊感情を高めるためには、自分は自分として見つめること、誰かと比べないこと、些細なことでも自分に素直になり、受け止めること…これらを意識しておけば、誰だって自尊感情を高めることが出来ると思います。

今回紹介したことを参考にすれば、自尊感情を高めることに繋がっていくので、自信を持ちたい人や、自尊感情を高めるために何かをしたい人は是非意識してみてくださいね。

 

まとめ

自尊感情を高めるために使いたい5つの方法

・定期的に自分を褒めよう
・頑張ったことを認めよう
・褒め言葉は素直に受け取ろう
・人に優しくなろう
・十人十色、と意識してみよう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!