理想の身長差でなくともカップルが円満で居るための6つの秘訣

理想の身長差でなくともカップルが円満で居るための6つの秘訣

あなたの理想のタイプはどんな人ですか?女性としては、「背が高くて~」という条件を入れる人もいると思います。男性の方が20センチ高いと、カップルとして理想の身長差だという話もあります。

しかし、現実にはちょうどいい身長差の相手を見つけるのは難しいですね。男女同じぐらいのカップルもいれば、女性の方が背が高いというカップルもいます。男性の方が高くても、あまりに身長差がありすぎるというカップルも。

身長差があるカップルでも、円満でいるためにはどういった秘訣があるのでしょうか。


スポンサーリンク


 

理想の身長差でなくとも
カップルが円満で居るための6つの秘訣

 

秘訣その1 歩幅を合わせる

身長差があるということは、足の長さにも違いが出てきます。身長の高い人は普通に歩いているつもりでも、身長の低い人からすれば駆け足でないと追いつけないということもあるのです。まったりとお散歩デートのはずが、追いつくのに必死で息切れで汗だくなんてことのないように、身長の高い人は少しゆっくりめに歩いてあげましょう。

歩く際に手をつなぐと、自然と歩幅が合わせられますし、また、物理的なつながりだけではなく、精神的なつながりも感じることができます。

 

秘訣その2 高いところのものを取ってあげる

背が低い人が高いところにあるものを取ろうとするとき、踏み台やいすなどを持ってこなければ届きません。いちいち持ってくるのも手間がかかります。一緒にいるときは背の高い相手に頼むことになると思いますが、頼まれたら面倒くさがらずに取ってあげるべきです。背の低い人にとっては、それ以上に面倒くさいことなのですから。

また、電球を変えたり、手の届かないところの掃除をしたりという行動を起こすと、男性の場合はますます頼りがいがあると思われ、女性の場合はかゆいところに手が届く、気遣いの人だと思われるメリットもあります。

 

秘訣その3 相手の目線に合わせる

身長差のあるカップルが普通に並ぶと、身長の低い人は相手を見上げる格好に、身長の高い人は相手を見下ろす格好になります。身長の高い人にそんなつもりがなくても、身長の低い人からすれば、なんとなく威圧感を感じてしまいます。

特に男性の方が身長が低い場合、女性に見下ろされるのはあまりいい気がしない人もいるかもしれません。けんかのときはさらに感情のコントロールが効きませんから、見下されているという思いが強くなり、けんかがエスカレートしてしまう可能性もあります。背が高い人は、話すときに少しかがむなどして目線を合わせるようにすると、意思の疎通が図りやすいです。

スポンサーリンク

秘訣その4 ヒールで調節する

女性の方が身長が高い場合、なるべく低いヒールを履くか、ぺったんこの靴を選ぶと良いかもしれません。ぺったんこの靴でも、かわいらしい女性らしいデザインのものも多くあります。逆に低い場合は、ヒールを履いて身長差を埋めると良いです。

男性は「気にしない」と言うかもしれませんが、自分に合わせてくれる心遣いはうれしいものです。ただし、ヒールを履きなれていない人が、高いヒールを無理して履くと、靴擦れを起こしたり、足をひねってしまう可能性があるので、無理は禁物です。

 

秘訣その5 女性として扱う

これは女性の方が背が高い場合なのですが、体が大きいから力があるということで、女性に荷物を持ってほしいという男性もいるようです。このようなことを言われたら、女性は悲しいですよね。

身長の高い女性は男性から見ると、守ってあげたくなるタイプには思われず、身長の低い女性をうらやましく思うこともしばしば。背が高くて強そうに見えても、女性は男性に守ってほしいのです。男性のみなさんには、自分より背が高くても、きちんと女性として扱っていただきたいものです。

 

秘訣その6 周りの目を気にしない

身長差のあるカップルがいると、周りの人はつい目が行ってしまいます。しかし、本人たちが幸せなら、周りの目は気にしないことです。男性がものすごく背が高くても、男女同じくらいの身長でも、女性の方が男性より高くても、好きになったのなら関係ありません。周りの人は好き勝手言うかもしれませんが、気にする必要はないのです。

 

いかがでしたか?

理想の身長差でなくても、カップルが円満でいるには、相手への思いやりが必要です。これは何も身長差があるカップルに限ったことではありません。たとえ身長差が理想的でも、相手に思いやりを持てないカップルが円満であるはずがありません。

しかし、身長差のあるカップルは理想的な身長差のカップルに比べると、多少の不便はあるかもしれません。その不便なことを不満に思わず、男性は女性を、女性は男性を思いやり、一緒にその不便を解消していくことで、より一層絆が深まるのかもしれませんね。

 

まとめ

理想の身長差でなくとも
カップルが円満で居るための6つの秘訣

その1 歩幅を合わせる
その2 高いところのものを取ってあげる
その3 相手の目線に合わせる
その4 ヒールで調節する
その5 女性として扱う
その6 周りの目を気にしない


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!